平成3593日目

1998/11/09

【大体大・上原浩治投手】巨人を逆指名

日米の球団が獲得を争っていた阪神大学野球リーグ、大体大の上原浩治投手(23)が9日、大阪府熊取町の浪商倶楽部で会見し、巨人を逆指名した。巨人は20日のドラフト会議で同投手を1位指名する方針。

米大リーグ、エンゼルスとも交渉した上原投手は、巨人を選んだ理由を「日本の中のメジャーな球団。やるなら強いところでやりたい」とやや硬い表情で説明。将来のメジャー挑戦については「あきらめるつもりはありません。まだ自信がないということ」と答えた。《共同通信》



【政界談話室】

自民党の森喜朗幹事長は9日の記者会見で、12日からの中国訪問について中国側の招待であることを説明。さらに「細川内閣時代、自民党が野に下り失意のどん底だった時にも招待され、江沢民国家主席から『壁にぶつかってもそれをバネにして飛躍してほしい』と言われた。苦しい時の朗報だった」と江主席に励まされたエピソードを紹介した。先の臨時国会では苦しい国会運営を強いられ、今は野党との「連立」に前向きの森氏だが、江主席から今度はどんな激励を受けるのか?《共同通信》

【公明党】新役員があいさつ回り

公明党の神崎武法代表、浜四津敏子代表代行ら新執行部メンバーは9日、役員就任のあいさつを兼ねて、出張中の菅直人民主党代表を除く与野党党首を訪問、今後の国会対応などについて意見交換した。

特に「自公」連携が取りざたされている自民党の小渕恵三首相(総裁)や森喜朗幹事長に対しては、所得税減税などの景気対策を1998年度第3次補正予算案に盛り込むよう要請。党の運動方針で決めた「政策連携で合意形成型政治をリードする」姿をアピールした。

ただ公明党側が「自公連携」に神経質になっているためか、政府、自民党との会談はいずれも短時間で終わった。《共同通信》

【民主党】政権調査団が英、独へ

民主党と政治思潮を同じくする政党が政権交代を実現したイギリスとドイツの経験に学ぼうと、民主党の政権運営委員会の2つの調査団が9日、出発した。両班は14日に帰国予定。

イギリス班は鹿野道彦衆院議員を団長に、安住淳、中川正春、中桐伸五、末松義規各衆院議員のメンバー。主にロンドンで労働党幹部、閣僚などと会談するほか、議会、各政党本部などを訪問する。

ドイツ班は玄葉光一郎団長、前原誠司、島聡衆院議員。ボン、デュッセルドルフで、独社会民主党、緑の党幹部らと会談する。《民主党ニュース》

【大相撲九州場所】2日目

大相撲九州場所2日目(9日・福岡国際センター)三連覇を狙う横綱貴乃花が早くも初黒星を喫した。貴乃花は魁皇との熱戦の末、左四つから寄り切られた。魁皇は先場所に続いて貴乃花を破り、5個目の金星。横綱若乃花は栃東を落ち着いてはたき込み2連勝。両大関は、武蔵丸が小結琴乃若を寄り切って白星を重ね、貴ノ浪は肥後ノ海を寄り切り1勝1敗とした。大関昇進への足場固めとなる関脇千代大海は、小結出島を突き落とし連勝スタート。新十両の雅山は星誕期に敗れ、幕下付け出しデビューからの連勝は15でストップした。《共同通信》



11月9日のできごと