平成3570日目

1998/10/17

【高村正彦外相】ロシア首脳と会談

モスクワを訪問している高村正彦外相は17日午前、プリマコフ首相、イワノフ外相と相次いで会談した。その後、「2000年までの平和条約締結に全力を尽くす」としたクラスノヤルスク、川奈での日ロ首脳間合意の再確認を明記した文書を共同発表した。

共同発表文書では橋本龍太郎首相(当時)が4月の川奈会談で示した北方領土の「国境線画定提案」について、小渕首相の11月公式訪ロの際に「エリツィン大統領との間で回答について話し合う」としている。日本側はこの表現を「回答を確約した」と受け止めている。《共同通信》




【JR西日本】新幹線運転中にわいせつ行為

JR西日本の新幹線運転士(54)が今年6月、走行中の運転室に車内販売の女性(18)を招き入れ、体を触るわいせつ行為をしていたことが17日までに分かった。同社の内規では、許可なく部外者が運転室に入ることは厳禁。同社は「規則違反だけではなく、わいせつ行為は常識を踏み外している」として、この運転士を同月、懲戒解雇した。

JR西日本によると、運転士は大阪新幹線運転所の所属で、6月13日、博多発新大阪行き新幹線「こだま」を一人で運転。新倉敷駅で停車した際、運転席を離れ、客室で車内販売をしていた女性に「運転席から景色を見ないか」と誘った。

その後、女性が運転室を訪れ、運転士は女性をひざの上に乗せながら約10分間運転。女性の体を触るわいせつ行為をしたという。

女性の所属する車内販売会社からJR側に連絡があり、事情を聴いたところ、運転士は事実を認め、同社は6月19日に運転士を懲戒解雇した。女性も会社を退職しているという。《福井新聞》

10月17日/のできごと