1998 平成10年1月19日(月)

平成3299日目

1998/01/19

【松竹】社長と専務を解任

映画・演劇の名門、松竹は19日の取締役会で、奥山融社長(73)と社長の二男で映画プロデューサーの奥山和由専務(43)を解任した。奥山社長らが独断で人事や業務を進め、経営不振を招いた、としている。

新社長には松竹創業者の孫にあたる大谷信義専務(52)が同日付で就任した。奥山氏ら親子は非常勤の取締役に退いた。

大谷新社長は緊急会見して「奥山親子が担当してきた映像部門は両氏の独占支配状態になり、頻繁な人事異動を繰り返しては無駄な投資を続けており、放置できなかった」と理由を説明、突然の解任劇は大半の役員が結束した事実上の「クーデター」であったことを明らかにした。《福井新聞》

広告




【トヨタ・ランドクルーザー100】発売

1月19日は何の日【トヨタ・ランドクルーザー100】発売
http://www.carsensor.net/

【橋本龍太郎首相】追加景気対策に含み

橋本龍太郎首相は19日の衆院予算委員会で、経済運営をめぐり「それぞれの事態に機敏に政府が対応して行動することと(財政構造改革の)目標との間に乖離はない」と述べ、税制構造改革路線を堅持しながらも、今後の状況によっては追加景気対策も検討することを示唆した。

同時に「1997年度補正予算案、関連法案を一日も早く成立させ、市場が既に織り込んだものを実現させる。それがいま一番急ぐべきものだ」と指摘、補正予算案と関連法案の月内成立が当面の景気対策になるとの考えを強調した。《福井新聞》

1月19日/のできごと