平成2814日目

平成8年9月21日(土)

1996/09/21

【江陵浸透事件】銃撃戦で韓国兵が死亡

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の武装スパイ潜入事件で、韓国国防省は21日、スパイが上陸した江原道江陵市近くの山中で同日午前9時半ごろ、韓国軍兵士がスパイとみられる2人と銃撃戦を展開、兵士1人が重傷を負ったと発表した。国防省は銃撃戦後にスパイがどうなったかについては明らかにしていない。

現場は19日午前に3人、午後に4人のスパイが射殺された場所の近くで、韓国軍はヘリコプターを投入、空と地上から大規模な包囲作戦を展開している。《共同通信》

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の武装スパイ潜入事件で21日、江原道江陵市近くの山中でスパイ2人との銃撃戦中に負傷した韓国軍の李ビョンヒ軍曹(26)が収容先の同市内の病院で死亡した。病院側が明らかにしたもので、同事件での韓国側の死者は初めて。

韓国国内で北朝鮮非難の世論が一層高まるのは確実で、政府は北朝鮮への強硬策を進める一方、国連や日米にも北朝鮮への強い外交措置を求めるとみられる。

李軍曹は同日午前9時半ごろ、江陵市近くの七星山の山頂近くでヘリコプターから降りようとした際に、地上にいた武装スパイ2人から後頭部に銃撃を受けた。韓国軍は現場一帯で大規模な包囲網を敷き、逃げた2人の捜索を展開した。

また既に逮捕したスパイの李グァンス容疑者(31)が仲間に投降を呼び掛ける録音テープを作り、ヘリや車で逃走者が潜伏中とみられる山中に放送。射殺されたスパイの写真などを載せたビラ4種類もまいた。

李容疑者は「二重、三重に包囲され、逃げられない。任務を完遂できず、北に戻っても待っているのは処罰だけだ」と、投降を呼び掛けた。

また国防省は、李容疑者の供述から、逃走しているのは偵察要員2人のほか、潜水艦の艦長(中佐)や案内要員を兼ねた副艦長ら計7人で、既に射殺された中には指導要員の大佐(50)らが含まれていた、と明らかにした。李養鎬国防相は記者団に「追撃作戦は、今日、明日がヤマ場になるとみられる」と語った。《共同通信》



【大相撲秋場所】14日目

大相撲秋場所14日目(21日・両国国技館)すでに15度目の優勝を決めている横綱貴乃花は万全の相撲で大関武蔵丸を寄り切り14戦全勝。千秋楽に4度目の全勝優勝をかける。武蔵丸は10勝4敗。

横綱曙は大関貴ノ浪を押し倒し、10勝目を挙げた。貴ノ浪は9勝5敗。大関若乃花は激しい相撲の末、小結武双山を寄り切り11勝3敗。武双山は6勝8敗で先場所に続く負け越し、連続8場所守った三役から転落となった。関脇魁皇は旭豊を送り出して勝ち越しを決めた。関脇貴闘力、小結琴錦がともに10勝目をマークした。

十両は栃東が12勝2敗で初優勝を決めた。栃東は史上3人目となる序ノ口から十両までの各段制覇を達成。史上1位タイのスピード記録となる所要12場所での新入幕(幕下付け出しを除く)も有望となった。《共同通信》

【Jリーグ】第20節

Jリーグ第20節(21日・国立競技場ほか=8試合)鹿島アントラーズがルーキー柳沢の4試合連続得点などで清水エスパルスを2−0で下し、5連勝で首位を守った。浦和レッズは柏レイソルに7−0で大勝し、柏の連勝は12でストップ。浦和が3位に上がり、柏は4位に落ちた。

鹿島を勝ち点2の差で追う名古屋グランパスは、岡山がハットトリックを記録し、延長の末3−2でベルマーレ平塚を破って、6連勝で2位に浮上した。ヴェルディ川崎は京都サンガに0−2で敗れ、連勝が6でストップ。京都はリーグ2勝目を挙げた。《共同通信》

【新進党・小沢一郎党首】野村沙知代氏に出馬要請

新進党の小沢一郎党首は21日午前、プロ野球ヤクルトの野村克也監督夫人の沙知代さん(64)を東京都世田谷区の自宅に訪ね、次期衆院選東京5区から出馬するよう要請した。沙知代さんは即答を避けたが、出馬には前向きで、新進党は来週にも公認を決定したい考え。

小沢氏は「旧来の政治の分野の人より広く国民の意思を体現するため、国政に参加してほしい」と要請。沙知代さんは「夫の立場もある」と態度を保留。今後、ヤクルト球団関係者らと相談の上、結論を出したい」と伝えた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】首脳会談の意義を強調

橋本龍太郎首相は21日午後、和歌山市で開かれた自民党政経文化パーティーで講演し、24日のニューヨークでの国連総会演説と日米首脳会談について「たとえ短時間であっても飛んで行かなければならないほど日本は各国から相談を受ける立場になった」と意義を強調した。

沖縄の米軍基地問題に関しては「先日、県民の方々と時間をかけて話をすることができた。(これで)解決したとうぬぼれてはいない。これから本当に信頼してもらえるものを積み上げていかねばならない」と述べ、引き続き基地縮小と経済振興に全力で取り組む考えを示した。《共同通信》



9月21日のできごと