平成2738日目

平成8年7月7日(日)

1996/07/07

【横山ゆかりちゃん失踪事件】

7月7日のできごと(何の日)

群馬県太田市のパチンコ店でさる7日昼、両親がパチンコをしている間に、一緒に来ていた女児が行方不明になり、県警捜査一課と太田署は9日、女児の写真などを公表し公開捜査に踏み切った。パチンコ店のモニタービデオに、女児が男性客の後を付いて行くようにして店の外に出ていく姿が写っており、同署では女児が事件に巻き込まれた可能性もあると見て、周辺での聞き込みに全力を挙げている。

行方不明になっているのは、同県大泉町、電気工事士、横山保雄さん(29)の長女、ゆかりちゃん(4つ)(同町立西保育園児)。

横山さん一家4人は7日午前10時30分ごろ、車で自宅から約1キロ離れた同市高林東町のパチンコ店「パチトピア」に行き、母親の光子さん(30)が二女(7か月)を背負い、夫婦でパチンコをしている間、ゆかりちゃんは一人で長いすに座って遊んでいた。ところが午後1時50分ごろ、光子さんがゆかりちゃんの姿が見えないことに気づき、店内などを捜したが見つからず、同2時10分ごろ、同署に届け出た。

ゆかりちゃんが座っていたいすの上にはおにぎりとジュースが残っていた。光子さんがゆかりちゃんの姿を最後に見たのは午後1時40分ごろで、わずか10分間の間にいなくなったという。

同署で店内のビデオを再生したところ、ゆかりちゃんは長いすに座っていた。近くには男性客がおり、この後、この男と似た男性の後を付いて行くように外に出ていったことが分かった。

ゆかりちゃんは身長約1メートル、体重約20キロでぽっちゃり形。失踪時は、ピンクのワンピースに白の半そでカーディガン姿だった。《読売新聞》



【大相撲名古屋場所】初日

大相撲名古屋場所初日(7日・愛知県体育館)大関若乃花が小結旭豊に寄り倒されて黒星スタートとなった。大関昇進を目指す両関脇はそろって白星発進。武双山は右はずから豪快に琴の若を押し倒し、魁皇は落ち着いた取り口で蒼樹山を寄り切った。

横綱はともに安泰。貴乃花は小結大翔鳳の攻めに手こずりながらも最後は万全の体勢で寄り切り、曙は強烈な突き、押しで水戸泉を退けた。大関貴ノ浪は寺尾を決め出し、大関武蔵丸は玉春日をはたき込んだ。《共同通信》

【東京・狛江市長選】共産・矢野裕氏が初当選

多額の債務を抱え失踪した石井三雄・前市長(65)の辞職に伴う東京都狛江市長選挙は7日投票、即日開票の結果、無所属新人で前市議の矢野裕氏(49)=共産、新社会推薦=が無所属新人の前市議白井明氏(51)=自民、公明推薦=を約1300票差で破り初当選した。投票率は49.16%で前回を6.79ポイント上回った。

矢野氏は共産党員で現職では全国唯一の党員市長となり、過去を含めると4人目。共産党員の町村長は南光町(兵庫)など3人が現職。《共同通信》

【ウィンブルドンテニス男子単】リカルト・クライチェク選手、初優勝

Embed from Getty Images

テニスの第110回ウィンブルドン選手権第13日は7日、オールイングランド・クラブで男子シングルス決勝を行い、リカルト・クライチェク(オランダ)がマラビーヤ・ワシントン(米国)を6−3、6−4、6−3のストレートで下し初優勝し、賞金39万2500ポンド(約6900万円)を獲得。四大大会を通じオランダ選手が男子シングルスで勝ったのは初めて。《共同通信》

【マリナーズ・マック鈴木投手】メジャー初登板

米大リーグ、マリナーズのマック鈴木投手(21)が前半戦終了の7日(日本時間8日)、念願の大リーグデビューを果たした。

テキサス州アーリントンでのレンジャーズ戦で0−5とリードされた六回から登板。この回は0点に抑えたが、七回は一死満塁のピンチを招いて降板、救援投手も打ち込まれ3失点だった。打者8人に対して2安打、2四球で1三振を奪った。

日本人選手が大リーグの試合に出場するのは村上(ジャイアンツ)野茂(ドジャース)に次いで3人目。《共同通信》

【新進党・羽田孜元首相】鳩山新党に協力

新進党の羽田孜元首相は7日、長野県塩尻市で記者会見し、鳩山由紀夫さきがけ代表幹事らが結成を目指している新党について「改革は新進党の専売特許ではない。(政策などで)一致できれば新進党として協力しないことはない」と述べ、鳩山新党誕生後の協力について前向きな姿勢を示した。

新進党の運営については、「(党の)活力を見いだすために自由かっ達な議論をやり、機関中心でやる。(小沢)党首には蛮勇を奮って人材を活用してほしいと望んでいる」として、党内融和のため党人事の改革を求めた。

一方、羽田元首相は会見に先立つ講演で、衆院の解散時期について「(安保改定問題など)実行しなければならない課題は多いが、邪魔する勢力が政権の中に生まれ、橋本人気は落ちる。それが10月か11月だ」として、11月10日か24日が衆院選の投票日となる可能性が高いとの見方を示した。《共同通信》



7月7日のできごと