1996 平成8年4月6日(土)

平成2646日目

平成8年4月6日(土)

1996/04/06

【北朝鮮】共同警備区域に侵入

韓国政府は6日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)軍の兵士が朝鮮戦争休戦協定に違反し武装して板門店の共同警備区域に入ったことを受け、金泳三大統領主宰による緊急国家安全保障会議を開き、今後の対策を協議した。金大統領は徹底した警戒態勢をとるよう指示した。

韓国国防省は6日夜、北朝鮮軍の武装兵士の一団が同日午後7時ごろから約3時間20分にわたり、共同警備区域に入り訓練を行ったと明らかにした。北朝鮮軍が連日、共同警備区域に侵入したことが韓国政府や軍を刺激するのは必至。

同会議開催は、北朝鮮の金日成主席死去後の1994年7月9日以来で金大統領就任後3回目。韓国政府は休戦協定を事実上、無力化する北朝鮮の一連の動きに警戒感を強めており、会議開催は国民の動揺を抑え断固とした政府の姿勢を示す狙いがある。

韓国政府は、対北朝鮮政策を総選挙後に柔軟な方向に転換するとしていた当初方針を取り消し、北朝鮮に対する強硬対応を維持することを決めた。また、北朝鮮との関係改善の動きを見せる日米両国に慎重対応を求める方針で、16日に訪韓するクリントン大統領との米韓首脳会談でも同問題を集中的に論議することにした。《共同通信》



【福原愛ちゃん】仙台で一日署長

春の交通安全運動初日の6日、天才卓球少女として、人気者の福原愛ちゃん(7つ)=仙台市立吉成小学校2年=が仙台北署の一日警察署長を務めた。

同署の三塚久治署長から委嘱状を受けた愛ちゃん。署員らを前に「皆さんの力で交通事故が少しでもなくなるよう頑張ってください。私も交通事故に遭わないよう気を付けます」と力強く激励した。その一方で、時折付き添いのお母さんの姿が見えなくなると、心配顔になったり、帽子を斜めにかぶったり落ち着かない様子。普段の卓球の試合とは勝手が違うようだった。《共同通信》

【新進党・船田元氏】地元で釈明

新進党の船田元・総務会長代理は6日、地元の宇都宮市で開かれた県連役員会で、新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事と新党結成の方向で一致したとの報道について「新党を結成し、合流するとの事実は全くなく、誤解を生んでしまって大変申し訳ない」と、あらためて釈明した。

さらに「今の政治の閉塞を打破するため、従来、幅広い政治勢力と交渉を重ねてきており、鳩山氏との会合もその過程のひとコマ」と、経過を説明した。

役員会では参加者から「支持者への説明に限界がある」「(船田氏の)真意は理解できるが、支持者は疑心暗鬼になっている」「新進党の中でしっかり活動してほしい」などと厳しい意見や注文が出た。これに対し船田氏は「重く受け止め、新進党の一員として汗を流していきたい」と述べた。《共同通信》

【新党さきがけ・鳩山由紀夫代表幹事】花見の宴

新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事が他党議員にも参加を呼び掛けていた「花見の宴」が6日夕、東京・音羽の鳩山邸で開かれ、さきがけのほか社民党と市民リーグから20人余りの国会議員が出席した。同氏の弟の鳩山邦夫新進党広報企画委員長も顔を見せたが、記者団に「鳩山家の一員としてあいさつするのが礼儀だ。誤解しないようお願いしたい」などと釈明。

由紀夫氏と船田元・新進党総務会長代理の新党構想が強い反発を受けただけに、邦夫氏はこれ以上党内に波風を立てたくないとの思いがありあり。社民党の赤松広隆衆院議員や市民リーグの海江田万里代表らとの記念撮影にも加わらなかった。

鳩山、船田両氏の新党構想の余波で新進党議員の招待は急きょ見送られた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】「新しい時代の安保体制を」

橋本龍太郎首相は6日午後、高松市内で開かれた自民党香川県連の時局講演会で講演し、17日のクリントン米大統領との首脳会談について「日米関係がどれだけ大切か確認しあい、その基礎となっている日米安保体制を新しい時代にふさわしく再確認していく」と述べ、日米安保再定義の重要性を指摘した。《共同通信》



4月6日のできごと