平成2493日目

平成7年11月5日(日)

1995/11/05

【競馬・第56回菊花賞】マヤノトップガンV

競馬の4歳クラシックレース最終戦、第56回菊花賞は5日、京都競馬場の3000メートル芝コースに18頭が出走して争われ、三番人気のマヤノトップガン(田原成貴騎乗)が3分04秒4のレコードタイムで勝ち、賞金1億1200万円を獲得した。田原成貴騎手、坂口正大調教師はこのレース初勝利。

サンデーウェルなど3頭が先頭集団を形成。この後ろに付けたマヤノトップガンは直線に入って抜け出すと、持ち味の鋭い末脚を生かして勝った。1馬身1/4の2着は伏兵のトウカイパレス。唯一の牝馬で一番人気のダンスパートナーは5着、ダービー馬タヤスツヨシは6着にとどまった。《共同通信》



【プロ野球・オリックス】神戸で優勝パレード

プロ野球パ・リーグ優勝を果たしたオリックス・ブルーウェーブの選手らが5日、オープンカーなどに乗って神戸市内をパレードした。沿道に詰め掛けたファンは約15万人(生田署調べ)。「おめでとう」「イチロー」の大声援に選手らは手を振ったり、帽子を投げたりしてこたえた。パレードは神戸商工会議所などで組織する「WE LOVE KOBE 元気復興委員会」が企画した。《共同通信》

【第27回全日本大学駅伝】早大が4連覇

第27回全日本大学駅伝対校選手権は5日、名古屋市の熱田神宮から伊勢市の伊勢神宮までの8区間、106.8キロのコースに24チームが参加して行われ、早大が5時間20分46秒で優勝。大東大が第4回−第7回で記録した大会記録の4連覇に並んだ。

早大は1区の小林でトップに立ったが、3区の山崎で2位、5区の梅木で3位に後退。3位のまま先頭争いの神奈川大、中大と1分31秒差で最終区を迎えたが、アンカー渡辺が区間新の力走で劇的な逆転勝利を遂げた。

2位は中盤トップを走った中大で5時間20分59秒、3位は1区で6位と出遅れた山梨学院大で5時間21分38秒。4位は神奈川大だった。《共同通信》

【イスラエル】ラビン首相悼み30万人

Embed from Getty Images

極右青年に暗殺され、5日エルサレムの国会前広場に安置されたラビン・イスラエル首相の遺体に別れを告げる人々の列は同日深夜になっても絶えず、警察当局などによると30万人以上の国民が、同じユダヤ人によるテロに倒れたラビン首相の死を悼み、弔問した

ラビン首相の国葬は6日午後2時(日本時間同9時)からエルサレム西部のヘルツェル山国立墓地で行われ、米国のクリントン大統領、ブッシュ前、カーター元大統領、ガリ国連事務総長、欧州各国首脳、フセイン・ヨルダン国王、ムバラク・エジプト大統領、河野洋平外相ら外国要人多数が参列する。《共同通信》

【政府】ラビン首相の葬儀に河野外相を派遣

政府は5日、暗殺されたラビン・イスラエル首相の6日の葬儀に河野洋平外相を政府特使として派遣することを決めた。村山首相は暗殺について「中東和平にとって大きな損失」と今後の和平交渉の進展への影響を懸念しており、政府は河野外相の葬儀参列を期に、日本が今後も和平プロセスに積極的に関与していく決意を、内外に強く示したいとしている。

外相は政府専用機で6日早朝に出発することになった。できればイスラエル滞在中にペレス首相代行と会談したい考えだ。葬儀にはクリントン米大統領をはじめ各国首脳が参列。いわゆる喪服外交を行うとみられるが、村山首相は6日に衆院宗教法人特別委の集中審議の日程が入っているため、参加を断念した。《共同通信》



11月5日のできごと