平成2401日目

平成7年8月5日(土)

1995/08/05

【アメリカ、ベトナム】国交樹立

東南アジア歴訪中のクリストファー米国務長官は5日、ベトナムとの国交樹立の調印と米大使館開設のため、プノンペンからハノイ入りした。米国務長官のハノイ訪問は初めて。3日間滞在し、ベトナム指導部と会談を重ねる。

専用機でノイバイ空港に降りた長官は、到着声明の中で、関係正常化が両国の歴史にとって「新しい章」であると述べ「われわれは和解の精神に基づいて、両国に協力の橋を懸けることができる」と意義を強調した。

1975年のサイゴン(現ホーチミン)陥落でベトナム戦争に敗れた米国にとり、歴史的な和解のための訪問。両国関係は名実ともに冷戦時代の過去を清算して、新時代を迎える。両国の国交樹立は、今後のアジア情勢にも大きな影響を与えよう。

長官は到着後、ベトナム戦争当時の行方不明米兵(MIA)の遺骨返還式典に出席。政府迎賓館での歓迎式典に臨んだ後、午後にはグエン・マイン・カム外相との間で関係正常化の文書に調印し、正式に国交を樹立する。《共同通信》

米国務長官として初めてハノイを訪れたクリストファー国務長官は5日、政府迎賓館で、ベトナムのグエン・マイン・カム外相との間で国交樹立の外交文書に調印した。ベトナム戦争終結から20年ぶりの歴史的な和解で、両国関係は協力を主軸にした新時代を迎えた。

国交樹立は、双方が合意した7月12日(米時間同11日)にさかのぼる。調印式典で長官は「10年間の戦争とその後20年間続いた疎遠だった関係を一新しよう」と述べ、過去を乗り越えた広範な協力関係に意欲を表明した。《共同通信》



【飛び込み日本選手権】寺内健選手(14)が初優勝

飛び込みの日本選手権第2日は5日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子3メートル板飛び込みは兵庫・光ガ丘中3年の寺内健選手(JSS宝塚)が633.06点の高得点で初優勝した。寺内は広島アジア大会の代表となった昨年は高飛び込みを制している。

寺内は安定した演技を見せ、自由選択6種目でいずれも60点以上の得点をマーク。三連覇を目指したベテランの金戸恵太(ミキハウス)を退けた。《共同通信》

【米・クリントン大統領】同性愛者も機密扱えます

「スパイに取り込まれやすい」という理由から、米政府は同性愛者の政府職員が、国家安全保障に関する機密情報を扱うことを禁止してきたが、クリントン米大統領は4日出した行政命令で、この差別を撤廃した。

外国の情報機関は、金銭での買収か、性的なスキャンダルをネタに脅し、スパイに取り込むのが常道といわれることから、同性愛者を公言する者、または同性愛者とみられる者は、機密情報から遠ざけられてきた。

行政命令は「同性愛者という理由だけで差別されてはならない」とし、この慣例を見直した。《共同通信》

【クロアチア軍】クライナ完全制圧へ

ザグレブ放送によると、クロアチア軍は5日、セルビア人勢力の支配下にあった同国クライナ地方の政治拠点クニンを制圧した。クニンの国連クロアチア信頼回復活動(UNCRO)当局者もクニン陥落を確認した。政治拠点を失ったセルビア人勢力の打撃は極めて大きく、クロアチア軍によるクライナ地方の完全制圧が一挙に加速されそうだ。また大量の避難民が出る恐れが現実化してきた。

明石・旧ユーゴスラビア国連特別代表によると、5日のクロアチア軍の進攻は、クライナ地方の8カ所の前線で戦車や迫撃砲によ砲撃が行われた。攻勢は国連平和維持軍の監視所にも及び、明石代表は12カ所の監視所がクロアチア軍の砲撃か包囲を受けていることを明らかにした。

これに先立ち、4日夕に記者会見したクロアチア軍のトーイエ将軍は、進攻作戦初日の段階で同努力の拠グニンに数の地点まで迫り、包囲したと表明していた。将軍は、クロアチア軍が首都ザグレブの南方約40キロに位置し、ロケット砲による首都攻撃の拠点となっていたペトリニャなど2つの戦略拠点を4日夕の時点で、既に制圧したと述べ、作戦がこのまま順調に進めば、約1週間でクライナ地方を完全制圧できるとの見通しを示した。《共同通信》

【韓国】旧総統府保存へ広告

韓国の大学教授や弁護士、団体役員などでつくる「国立中央博物館の保存のための市民の集い」は5日、韓国の有力紙、朝鮮日報の1面下に全5段の意見広告を出し、8月15日から撤去が始まる旧総督府の建物(現国立中央博物館)の撤去中止と保存を訴えた。

韓国では旧総督府の撤去をめぐって長い間、論争が続いてきたが、撤去を目前にした時期だけに、意見広告の反応が注目されている。

意見広告は「撤去は民族の正しい精神の回復ではなく、現代史の破壊だ」と主張。「日本帝国主義の残滓の清算は決して建物の破壊で達せられるのではなく、逆にその証拠を保存してこそ、その残虐さを知らせることができる」と指摘した。また、撤去などに1兆ウォン(1170億円)を超える国民の血税を浪費していいのか、と訴えている。《共同通信》

【オウム真理教】小銃密造で16人起訴

オウム真理教による自動小銃密造事件で東京地検は5日、武器等製造法違反の罪で教団「科学技術省」幹部広瀬健一被告(31)、同横山真人被告(31)=いずれも地下鉄サリン事件の殺人、殺人未遂罪で起訴=ら教団信者16人を起訴した。

同事件で警視庁は計27人を逮捕したが、地検は残る11人について事件への関与の度合いが小さいとして処分保留のまま釈放した。

松本サリン事件の殺人容疑などで逮捕されている教祖の麻原彰晃被告(40)=地下鉄サリン事件の殺人、殺人未遂罪などで起訴=は小銃の製造を直接指示したとされ、捜査当局は松本事件などの捜査が終了後、小銃密造事件でも麻原被告を追及する。

起訴状によると、広瀬、横山被告ら16人は麻原被告らと共謀し、昨年6月下旬から教団への強制捜査前日の今年3月21日まで、山梨県上九一色村の教団施設「第11サティアン」や同県富沢町の同「清流精舎」などで、ロシア製自動小銃「AK−74」をモデルにして大量の部品を製作、自動小銃1000丁を製造しようとした。《共同通信》

【ドジャース・野茂英雄投手】9勝目

米大リーグ、ドジャースの野茂は5日、サンフランシスコのキャンドルスティックパークでのジャイアンツ戦に先発、わずか1安打に抑えて、大リーグ単独トップの3度目の完封を記録、9勝目を挙げた。

力投の野茂は終盤に入るまで無安打を続けた。七回二死から六番クレイトンにこの日唯一の安打(遊撃内野安打)を許しノーヒットノーランはならなかったが、11奪三振、3四球で三塁を踏ませず、6月29日のロッキーズ戦以来の完封をマークした。

また九回に中前打して3点目をたたき出して大リーグ初打点を挙げ、バットでも勝利に貢献した。

この試合は日本人初の大リーガー、村上雅則氏(元ジャイアンツ)にちなんで「マサノリ・ムラカミ・ナイト」と銘打たれ、同球場には今年最多を1万1000人以上も上回る約4万3000人のファンが集まり、野茂の投球に沸いた。《共同通信》

8月5日のできごと