平成2395日目

平成7年7月30日(日)

1995/07/30

【八王子スーパー強盗殺人事件】



https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

30日午後9時50分ごろ、東京都八王子市大和田町、スーパー「ナンペイ大和田店」2階事務所で、女性3人が死んでいるのを同スーパーのパート従業員の友人が発見、近くの交番に届けた。

3人はいずれも頭部を短銃で撃たれ死亡、事務所の金庫にこじあけようとした跡があり、警視庁捜査一課と八王子署は強盗殺人事件として捜査を始めた。

調べでは、死亡していたのはパート従業員のA子さん(45)、アルバイト従業員で桜美林高校2年生B子さん(17)とB子さんの友人で都立館高校2年生C子さん(16)の3人。

B子さんとC子さんは粘着テープで2人の手をつなぐようにして縛られ、事務所中央に並んでうつぶせで倒れ、A子さんは壁際に座るようにして倒れて死亡していた。いずれも頭部に短銃で撃たれた跡があった。

金庫の扉をこじあけようとした跡があったが扉は開いておらず、犯人は何も取らずに逃げたらしい。

第一発見者はA子さんの知人の男女2人。同日午後9時15分ごろ、A子さんから「迎えに来てほしい」と電話連絡を受けた男性の友人がスーパー近くの駐車場で待っていたが現れず、近くの友人の女性と事務所に様子を見に行って発見した。当時事務所のかぎは掛かっていなかったという。《共同通信》

高校生ら3人が射殺された東京都八王子市のスーパー強盗殺人事件で、犯人はいずれも被害者の頭部に短銃を発射し、次々に殺害していた。被害者の1人は弾が頭を貫通しており、至近距離から発射したとみられる。極めて凶悪な手口で、異常な犯行に捜査幹部も「従来の日本の犯罪では考えられない」とショックを隠せない。

現場事務所内の金庫は、破壊しようとした明らかな形跡はないが、かぎが差し込まれたままの状態。捜査本部は、金庫の金が狙われた可能性があるとみて強盗殺人容疑で捜査している。しかし強盗目的としても、ほんど無抵抗だったとみられる女性3人を殺害する理由はあえにくく、犯行目的や犯人像を絞り切れないでいる。

これまでの現場状況の調ベから、アルバイトの女子高校生2人は手を粘着テープで縛られて床にうつぶせに倒れ、身動きできない状態で殺害されたとみられており、凶悪さが際立っている。

女性だけが残り、売上金が集まる閉店直後が狙われていることから、犯行は綿密で計画的とみられる半面、住宅街のスーパーで短銃を発射する手口には大胆さがうかがえる。《共同通信》

平成7年7月30日午後9時15分過ぎころ、東京都八王子市大和田町4-26-1、スーパー「ナンペイ大和田店」2階事務所内において、無抵抗な女子従業員3名がけん銃で殺害され、被疑者は現在も逃亡中です。現金の被害はありません。その日は、とても暑い日で現場近くの「北の原公園」では盆踊りが開催されていました。使用されたけん銃は1種類で回転式けん銃38口径。《警視庁》



【WBCバンタム級タイトル戦】薬師寺保栄選手、5度目の防衛ならず

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦は30日、愛知県体育館で行われ、チャンピオンの薬師寺保栄(松田)は挑戦者で同級1位のウェイン・マッカラー(アイルランド)に1-2の判定で敗れた。薬師寺は5度目の防衛に失敗し、1993年12月に獲得した王座を明け渡した。薬師寺の戦績は28戦24勝(16KO)3敗1分け。

92年のバルセロナ五輪バンタム級銀メダリストのマッカラーは、プロデビュー以来負けなしの17戦全勝(13KO)。

薬師寺は接近戦が得意の挑戦者に対し、打ち合いに応じたが、まっすぐ下がる悪い癖が出てロープ際で連打を浴びた。得意の右ストレートも単発でポイントにつながらず、1人のジャッジは8ポイントの大差でマッカラーを支持した。

薬師寺が敗れたことで、日本のジムに所属する世界王者はWBCジュニアバンタム級の川島郭志(ヨネクラ)、同フライ級の勇利アルバチャコフ(協栄)、世界ボクシング協会(WBA)ライト級のオルズベック・ナザロフ(協栄)の3人になった。《共同通信》

【ドジャース・野茂英雄投手】8勝目

米大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手(26)が30日のレッズ戦で先発し、八回まで1点に抑える好投で8勝目をマークした。

野茂人気に盛り上がる日曜日のデーゲーム。日曜日としては今季最多の5万3058人がドジャースタジアムのスタンドに詰め掛け、野茂が1球を投げる度に歓声が沸き起こった。

25日の登板で割ったつめの影響はなかった。17試合目で初めて四死球がゼロと制球が安定し、この日の11三振でナ・リーグトップの奪三振は150となった。

防御率2.04はリーグ2位、勝率8割はリーグ5位。また勝ち数のリーグトップは11勝で、8勝以上の投手は野茂を含めて18人いる。野茂の次の登板は8月5日のジャイアンツ戦(サンフランシスコ)。《共同通信》

【新党さきがけ・武村正義代表】衆院選へ第三局結集

新党さきがけの武村正義代表(蔵相)は30日午前、テレビ朝日の報道番組に出演し、「国民の20−30%の支持を得られる新しい政党でないと、衆院選は立ち向かえない。そのためには相当大胆な割り切り、妥協も必要だ」と述べ、自民、新進両党に対抗する第三極の新政治勢力を次期衆院選までに結集する必要があるとの考えを示した。

武村氏は、社会党の久保亘書記長と第三極づくりに向けて近く意見交換することを明らかにし、同番組に出演した久保氏も、記者団に対してこれを認めた。久保氏も番組の中で次期衆院選を新党で戦う考えを強調、「(参院選比例代表の得票に換算して)1000万を超える勢力をつくらねばならない」と述べた。

武村氏は具体的な第三極の姿について「いきなり社会党とさきがけだけでない」と両党の直接の合併を否定しながらも、「憲法(に対する姿勢)や軍事大国を目指さないという政策の近さを含めると、社会党とどういう連携ができるか、あらためて真剣に見つめたい」と述べ、両党の連携が軸になるとの認識を示した。《共同通信》

【政界談話室】

社会党の久保亘書記長は30日、テレビ朝日の報道番組で、次期衆院選について「今、解散・総選挙を考えて政権を担当する立場ではない」と述べ、村山富市首相が早期解散に打って出る可能性は少ないとの見通しを明らかにした。村山政権の先行きについては「具体的に相談があったわけではないが、自ら果たすべき政権の責任に一つの区切りがつけば、(退陣を)考えることもある」と指摘した。

参院選大敗に伴う書記長としての責任問題について久保氏は、8月3日に中央執行委員会の選挙総括をまとめるとした上で「それらを終えた段階で、私自身の責任も含めきちんとしなければならない。今日の政治情勢の中で、自らどう出処進退を決めるべきか、分かりやすい結論にしようと考えている」と述べた。《共同通信》

【ASEAN外相会議】閉幕

ブルネイで開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議は30日午後、ベトナムの正式加盟など機構拡大の動きを「東南アジア共同体建設への歴史的な一歩」とうたった共同コミュニケを採択して、2日間の日程を終えた。ASEANはインドシナ3国、ミャンマーまで広がりを持つ「10カ国体制」に向け大きく前進、アジア太平洋経済協力会議(APEC)など国際的な舞台で発言力を強化することになった。

コミュニケはまた、アジア太平洋地域での核実験に関し、フランスや中国の名指しは避けながらも遺憾の意を表明。東南アジア非核兵器地帯条約づくりを進めると述べた。さらに南沙(スプラトリー)諸島など南シナ海の領有権をめぐる最近の緊張の高まりに懸念を示し、平和的解決と、地域の不安定化につながる行動の自制を求めた。

この日に開かれた加盟国と中国との個別協議でも、「ミスチーフ礁をめぐる中国とフィリピンの対立などが表面化している南沙諸島問題が焦点となった。しかし、中国は海洋法に基づく2国間の協議を主張、多国間の対話を求めるASEANとの間で議論はすれ違いに終わった。

コミュニケは、このほか、APECについては、ASEANが「中心的な役割」を引き続き担うと宣言、ASEAN自由貿易地域(AFTA)の関税引き下げ期間を2003年までと5年短縮する決定を支持した。

また、米国が反対している、ASEANと日本、中国、韓国などによる東アジア経済会議(EAEC)の早期実現をあらためて確認した。《共同通信》

7月30日のできごと