平成2111日目

平成6年10月19日(水)

1994/10/19

【秋の園遊会】約1800人が出席

天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が19日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、村山首相ら政府関係者や、日本人初の女性宇宙飛行士向井千秋さんら各界の功労者約1800人が出席した。

薄曇りでさわやかな空の下、両陛下は皇太子ご夫妻ら皇族方とともに御苑内を回り、招待客らと歓談。両陛下は向井さんに宇宙飛行や日本に戻ってからの仕事の様子を尋ね、俳優の西村晃さんとはドラマの水戸黄門を話題に芝居談義をされた。

9月27日にがんの手術を受けたばかりの三笠宮寛仁さまも元気な姿を見せた。寛仁さまの「ご主人と宇宙のどちらがいいですか」との質問に向井さんは「どちらもですが、もう一度チャンスがあれば宇宙のほうがいいです」と答え、周囲の笑いを誘う場面もあった。《共同通信》



【俳優・須賀健太さん】誕生日

【フジ系連続ドラマ・若者のすべて】放送開始

東京近郊の町を舞台に、若者たちが傷つきながらもたくましく生きていく姿を描く青春群像ドラマ。岡田恵和脚本、中江功演出。

2年前のクリスマスイブ、武志(木村拓哉)は友人の守(エビ)を連れて、チンピラたちの不正な商売を手伝っていた。その夜に予定されている高校時代の仲間たちとのパーティーで、プレゼントに使う金が欲しかったのだ。パーティーは哲生(萩原聖人)の家で行われる。圭介(武田真治)、薫(鈴木杏樹)、亮子(深津絵里)ら高校時代の仲間たちが集まった。だが武志と守は現れない。

そのころ2人は、金銭のトラブルでチンピラたちに暴行を受けていたのだ。それから2年。哲生たちはそれぞれ目分の道を歩いていた。《共同通信》

【日野・ライジングレンジャー】発売

日野自動車工業は19日、来年8月までに達成が義務付けられている「平成六年排出ガス規制」の適合第一号となる中型トラック「ライジングレンジャー」を発売した。規制に適合させるための新型エンジンの開発などにコストがかさみ、価格は従来車に比べ平均約48万円、13%程度の値上げとなった。今後発売される他社の規制適合車も同様の値上げになるとみられ、販売への影響が注目される。

新規制は、NOx(窒素酸化物)を17%、黒煙を20%低減するなどの内容。日野の場合、この基準を達成するために5年間で開発費500億円、設備投資500億円の合計1000億円の費用がかかったという。《共同通信》

【中日・小松辰雄投手】現役引退を表明

快速球を武器に中日のエースとして活躍した小松辰雄投手(35)が19日、体力の限界を理由に引退を表明した。今後は2軍投手コーチとして若手の指導に当たる。

名古屋市内で会見した小松は「一昨日(17日)中山球団社長と話し合って最終的に決めた。もし来年やっても、チームに迷惑をかけるので身を引く決心をした」と胸のうちを明かした。《共同通信》

【Jリーグ・ニコスシリーズ】第13節

Jリーグ・ニコスシリーズ第13節(19日・国立競技場ほか=6試合)広島アジア大会のため中断していたリーグ戦が、1カ月ぶりに再開。首位のヴェルディ川崎が敗れ、1勝差で追っていたベルマーレ平塚が勝ってともに3敗で並び、得失点差で上回る平塚が4節ぶりに首位に返り咲いた。平塚は2−1で清水エスパルスに競り勝ち、川崎は、シュビロ磐田に延長Vゴールを決められ1―2で屈した。3位の横浜マリノスは鹿島アントラーズに1−2で敗れ5敗目を喫し、横浜フリューゲルスは3−1でサンフレッチェ広島に快勝。ガンバ大阪-名古屋グランパスは、大阪が5−3で逆転勝ちした。浦和レッズは3−2でジェフ市原に延長Vゴール勝ち。《共同通信》

【政界談話室】

○…村山首相は19日、秋の園遊会に出席する北海道関係者と首相官邸で記念撮影。五十嵐官房長官の地元とあって「この内閣は官房長官でもってますから」と写真の中央に写る位置に招き、長官の津由子夫人にも「いつもお世話になってます。長官の言われる通りに何でもしてます」と深々と頭を下げる気の使いよう。あまりのサービスぶりに記者団が真意をただすと「一日に二回も記者会見したり、官房長官が一番苦労してるから」。首相の“女房役”と言われる五十嵐官房長官の夫人にもしっかり気配り。「将を射んと欲すればまず馬を射よ」といったところ。

○…自民党の山本富雄総合農政調査会長はこの日、国会内で開かれた会合で、大蔵省の中島義雄主計局次長が「財政資金のばらまきは納税者の理解を得られず、農政上も意味がない」と発言した問題で武村蔵相にかみついた。「とんでもない話。責任を取ってもらう。罷免を求める」と山本氏が詰め寄ると、蔵相は「まあ、私も農業議員のつもりだし、気持ちは良く分かる」と必死の取りなし。それでも山本氏は納得せず「武村発言は無条件で信用したいが、事務方は信用できない」と怒りはおさまらず、税制改革論議では野党と渡り合う蔵相も、農業議員の迫力にはたじたじの様子だった。《共同通信》

【麦焼酎・とんちゃん】発売

大分県九重町の八鹿酒造は同県出身の村山首相の応援をしようと、麦焼酎「とんちゃん」を19日から全国一斉販売した。

「とんちゃん」は1.8リットル入りと900ミリリットル入りで、値段は630円から1300円の4種類。ラベルに村山首相のイラストが描かれ「浜町のヒーロー」「あんたが大将」などと書いてある。

八鹿に発売の話を持ち掛けた社会党県本部は「県本部の責任でOKを出した。首相の人気につながれば」と話している。《共同通信》

【愛の新世界】邦画でもヘア解禁へ

ヘアが30カ所以上写っている高橋伴明監督の新作「愛の新世界」が映倫管理委員会(映倫)の審査を無修整でパスし、成人指定映画として12月に劇場公開されることが19日分かった。映倫が一昨年秋、20年ぶりにヘア描写の規制を緩和して以来、洋画で認められた例はあるが、日本映画でヘアシーンが審査を通ったのは初めて。

この映画は、写真家の荒木経惟氏とルポライターの島本慶氏による同名のルポ写真集が原作。SMクラブやホテトルに勤める若い女性たちの自由奔放な日常を軸に描いた。12月上旬から東京と大阪で単館上映される。

映画には、荒木氏が撮ったヒロインの新人、鈴木砂羽さんの写真約120枚が挿入されているが、このうち約30カ所にヘアが写っている。また実写部分では鈴木さんら2人が海辺で波と戯れるシーンなど2カ所でヘアが見える。映倫は問題の場面について①男女が絡んだシーンではなく「単体」である②作品としての必然性があるーと判断し一切の修整を求めずに上映を認めた。《共同通信》

【イスラエル】テルアビブで爆弾テロ

イスラエル最大の都市テルアビブの繁華街で19日朝(日本時間同日夕)、路線バスの中で爆発があり、バスは大破、炎上した。イスラエル放送によると、乗客や運転手、通行人ら計22人が死亡、42人が負傷した。このバスの反対車線に止まっていたバスと、近くの乗用車1台も爆風で大破した。負傷者のうち2人は重体。

イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の画定自治宣言に強く反対するイスラム原理主義組織ハマスが、イスラエル放送に電話で犯行声明を送った。イスラエル警察当局は、バスのパレスチナ人乗客の1人が身につけていた強力な爆弾を爆発させた自殺攻撃とみている。

事件はイスラエルのラビン首相、ペレス外相とアラファトPLO議長のノーベル平和賞受賞に水を差すだけでなく、中東和平の基盤が不安定である現状をあらためて浮き彫りにした。

イスラエル軍のパラク参謀総長は直ちに、ガザ地区やエリコなど先行自治区と、イスラエル占領地ヨルダン川西岸を封鎖した。ハマスは今月9日、エルサレムの繁華街でも15人を死傷させる乱射事件を起こし、14日には人質にしたイスラエル兵をイスラエル軍特殊部隊との交戦直前に射殺するなどテロ攻撃を強めていた。

ラビン・イスラエル首相は、これまでも自治政府を率いるアラファトPLO議長に対し、ハマスのテロを取り締まれなければ、暫定自治宣言に規定されたヨルダン川西岸への自治拡大を停止すると警告していた。今回のバス爆破テロで、PLOとの和平への反対が強まるのは必至だ。英国訪問中のラビン首相は直ちに帰国の途に就いた。

アラファト議長は「憎むべき攻撃の犠牲になった罪のない人々の遺族に哀悼の意を表する。過激派の犯罪者と戦うには、和平プロセスを強化することだ」との声明を発表、イスラエル側の感情に理解を示すとともに、和平への反対が勢いづかないようけん制した。《共同通信》



10月19日のできごと