平成2069日目

平成6年9月7日(水)

1994/09/07

【台湾・李登輝総統】広島アジア大会出席へ


李登輝実録―台湾民主化への蒋経国との対話

台湾の総統府によると、戴瑞明総統府スポークスマンは7日、李登輝総裁がアジア・オリンピック評議会のアーマド会長の招請に応じて10月2日の広島アジア大会の開会式に出席することを正式決定した、と発表した。

外交部の冷若水スポークスマンも同様の方針をこの日に発表したが、総統府が李総統訪日問題で見解を明らかにしたのは今回が初めてで、台湾当局が李総統の訪日実現に強い意欲を固めたことを示している。

「2つの中国」「1つの中国、1つの台湾」に反対する中国は、李総統が出席した場合は広島大会のボイコットを事実上宣言しており、「李総統の自主的な出席辞退」を望んでいいた日本政府の立場は苦しくなった。《共同通信》



【俳優・山﨑賢人さん】誕生日


THE KENTOS

【大阪空港】豪雨でマヒ

6日夜から7日未明にかけ、大阪府北部と兵庫県南東部は局地的な豪雨に見舞われ、大阪空港のターミナルビル地下2階にある配電盤室が水没。同ターミナル全館が停電したほか、無線や灯火、レーダーなどが機能しなくなり航空管制もまひし、午前中一時閉鎖された。

運輸省大阪空港事務所やターミナルビルの管理会社は、関西電力に要請して変圧器の仮設作業を進め、同日夜には一部施設の照明は復旧。しかし、レーダーの電源が確保できないことなどから、8日の運航は通常の6割程度の約150便にとどまる見通しという。《共同通信》

【全国知事会議】閣僚と意見交換

政府主催の全国都道府県知事会議は、7日午前の首相との意見交換に引き続き午後は高速交通網整備や整備新幹線問題などについて各知事と関係閣僚が意見交換した。

高速道路の建設計画について質問した渡辺文雄栃木県知事らに対し、野坂建設相は、基本計画路線から整備計画路線への格上げ問題を協議するため、国土開発幹線自動車道建設審議会(国幹番)を来年10月にも開催することを初めて明らかにした。

建設相は①料金のプール制は堅持する②昨年秋に建設施行命令が出た区間は早急に着工する③2010年には1万4000キロの整備を確実に実施したいーと答えた。

8月に国際エイズ会議を開いた神奈川県の長洲一二知事は、国としてのエイズ対策の取り組みをただした。井出厚相は「今やエイズ患者は全都道府県にいる。現在11県で26の医療機関を拠点病院に選定、補助しているが、これからは各県2、3カ所以上が必要になる」と述べた。

沼田武千葉県知事らは2002年のサッカーのワールドカップ(W杯)大会を日本に招致するため、必要事項の閣議決定と財政支援を要望した。与謝野文相と野中自治相は財政上の措置を含め前向きの姿勢を示したが、柳沢伯夫外務政務次官は「盛り上がりは承知しているが政府としての正式決定はあくまで来年」と慎重な姿勢を崩さなかった。《共同通信》

【公明党・市川書記長】新党結成には時間

全国の電力会社などの労組でつくる電力総連(笹森清会長、23万9000人)は7日、神戸市の神戸文化ホールで定期大会を開いた。あいさつに立った公明党の市川書記長は、新・新党問題について「一瞬にして(既成政党を)なくすのは非常に困難な仕事だ。新党への移行をどうするか、頭を痛めている」とし、国会議員による結成を最優先せざるを得ないとの立場を強調。地方組織も含めた新・新党結成までには相当な時間がかかるとの認識を示した。

市川氏はその理由として①公明党は来年の統一地方選に2000人を超す公認候補擁立を予定している②約600人の党職員を抱えているーなどの点を挙げ、地方組織を抱える公明、民社両党の事情を訴えた。石田委員長も既に、国会議員による新党結成を先行させる考えを言明している。

続いてあいさつに立った民社党の米沢委員長は、新・新党結成に際し「あらゆる人々に門戸を開いた形で進めている。年内には何とか新党をつくりたい」と強調、自民党や社会党右派議員の新・新党参加に強い期待を表明した。

電力総連は今回、初めて社会党の代表を来賓として招待したが、笹森会長はあいさつの中で社会党について「日米安保堅持、原発容認などへ基本政策を大転換させたことは、大きな時代の変化を正しく受け止めた結果だ」と評価した。

しかし村山政権に対しては「自民党の復権を許す形の内閣をつくったことは誠に遺憾」と批判し「社会党」が本当に変わったと評価するにはもう少し時間が必要だ」と述べた。《共同通信》



9月7日のできごと