1993 平成5年11月28日(日)

平成1786日目

平成5年11月28日(日)

1993/11/28

【プロ野球】FA他球団交渉が解禁

オリックスからフリーエージェント(FA)宣言した石嶺和彦外野手(32)は、他球団との交渉が解禁となった28日、中日と西武からそれぞれ旧年俸(7500万円)の1.5倍という規定最高額1億650万円の提示を受けたが、入団への回答は避けた。30日には阪神との交渉が予定されており、12月早々にも石嶺が希望球団を発表する。《共同通信》

巨人の保科代表は28日、中日からFA宣言した落合博満選手(39)の獲得に乗り出すことを正式に明らかにした。

落合獲得は長嶋監督とともに確認済みという同代表は、交渉が解禁されたこの日、中日・伊藤代表にあいさつの電話を入れた。落合本人には一両日中に連絡を取って交渉日の都合を聞くことにしている。《共同通信》



【日本ライン下り観光船転覆事故】

28日午前10時50分ごろ、岐阜県可児市の木曽川で「日本ライン観光」の木曽川下りの観光船が浅瀬に乗り上げ転覆した。乗客27人と船頭3人の計30人全員が川に投げ出され、大阪府豊中市の銀行員Aさん(45)が行方不明となった。他の乗客らは別の船に乗り移ったり、自力で岸にたどり着くなどして無事だったが、12人が避難する際に打撲などの軽いけがをした。《共同通信》

【全日本ショートトラック】寺尾悟選手、椿文子選手が総合V

リレハンメル冬季五輪代表最終選考会を兼ねたスピードスケートの全日本ショートトラック選手権最終日は28日、名古屋市総合体育館アイスアリーナで男女各2種目を行い、男子合は寺尾悟(愛知・足助高)が、女子総合は椿文子(帝産オート)がそれぞれ初優勝した。

男子の寺尾は1000メートルで圧勝、前日の1500メートルと合わせて2種目を制した。総合の2位にはベテランの石原辰義(西濃運輸)が入った。

女子は、前日の2種目を制した椿が、この日の3000メートルにも勝ち、計3種目で1位。前回の総合チャンピオン刺使川原郁恵(岐阜・藍川北中)は、1000メートル予選で1分39秒11の日本新記録をマークし、決勝でも椿を抑えて1位となったが、総合は2位に終わった。《共同通信》

【競馬ジャパンカップ】レガシーワールド勝つ

競馬の国際G1レース、第13回ジャパンカップは28日、東京競馬場の2400メートル芝コースで8カ国16頭により争われ、単勝六番人気のレガシーワールド(河内洋騎乗)が接戦を制し2分24秒4で優勝、賞金1億3000万円を獲得した。

日本馬の勝利は昨年のトウカイテイオーに続き2年連続、通算4度目。河内騎手、森秀行調教師とも同レース初勝利。払戻金は単勝が1250円。馬番連勝は(7)ー(8)で3400円、枠番は(4)ー(4)で3210円だった。《共同通信》



11月28日のできごと