平成1781日目

平成5年11月23日(火)

1993/11/23

【森安九段刺殺事件】

23日午前9時ごろ、兵庫県西宮市、将棋プロ棋士の九段森安秀光さん(44)方で、森安さんが2階書斎で血まみれになって倒れ、妻A子さん(40)も血だらけになって倒れているのを、悲鳴を聞いた近所の人の119番通報で駆け付けた西宮市消防局員が見つけた。森安さんは刃物で左胸を刺されて死亡しており、西宮署は殺人事件として捜査。

A子さんは中学1年生の長男(12)に「お父さんが学校休んだことでガチャガチャ言うからこんな事件になる」などと言いながら刺し身包丁で切りつけられたと話しており、同署は姿を消した長男の犯行とみて行方を捜している。A子さんは首や手首に2週間のけが。

調べでは、長男は18日から学校を休んでおり、22日に森安さんにしかられた。A子さんは同日午後5時ごろ、外出先から自宅にいた森安さんと電話で話をしたが、同6時ごろ、帰宅した際、森安さんの姿はなく、自宅にいた長男は、「外出しているのでは」と返答した。

23日朝になってA子さんが、書斎で布団を掛けられた森安さんの遺体を発見すると、長男が突然包丁で切り付けて逃げたという。長男はこの際「死んだのは僕のせいじゃない。お父さんが学校休んだことでガチャガチャ言うからこんなことになる」と言ったという。同署は、森安さんは22日夕には殺されていたとみている。

同署などによると、森安さん方は夫婦と中学三年生の長女、長男の四人家族。長女は森安さんの遺体が見つかった時は外出していたという。

森安九段は岡山県出身一故・藤内金吾八段に入門し、昭和55年に八段、63年に九段に。56年度の第7期「棋王戦」でタイトル戦に初登場し、58年度の第42期「棋聖戦」で棋聖位を獲得した。関西流の粘り強い将棋が特致で、著書も「森安流四間飛車」など多数ある。実兄の森安正幸六段とともに「森安将棋センター」の師範として将棋の普及・指導」にも当たっていた。

自宅は阪急神戸線夙川駅北方約1.5キロの閑静な住宅地。祝日朝の突然の事件に周辺住民らは一様に驚いていた。

近所の人の話によると、長男は幼いころ近所の同し年ごろの子供たちとキャッチボールをするなどして遊んでいたが小学五年生ごろから一緒に遊ばなくなり言葉遣いも乱暴になった。中学入学後は近所の人にあいさつをしなくなり、半月ほど前から、教育熱心のA子さんと自宅で言い争う声が何度も聞こえたという。《共同通信》



【プロ野球・ヤクルト】八重樫幸雄捕手、杉浦享内野手が引退

ヤクルトの八重樫幸雄バッテリーコーチ兼捕手(42)と杉浦享内野手(41)が23日、神宮球場でそろって現役引退を発表した。ともに15年前の日本一も経験し、今年の日本シリーズ制覇をいい思い出に去るベテラン。だが記者会見に臨んだ引き際の表情は対照的だった。

八重樫はプロ入り以来バッティングに悩み向いた末に、極端なオープンスタンスの独特の打撃フォームを確立。晩年は代打として生き残り、弱点を売り物に変えた苦労人だった。「とにかく一生懸命、まじめにやれば、絶対に報われることがある」と語った朴とつな口調と長い沈黙と涙。そのすべてにわき役一筋24年間の思いがにじんだ。

逆に杉浦はさっぱりと23年間の選手生活に別れを告げた。昨年の日本シリーズ第1戦で打ったシリーズ史上初の代打満塁サヨナラ本塁打は記憶に新しい。「打つだけの選手が打てなくなったら、戦力にならない。日本一で気持ちの整理もついた」とさわやかに語った。《共同通信》

【プロ野球・横浜】駒田内野手獲得に名乗り

横浜の岡崎球団社長は23日、「ファン感謝デー」が行われた横浜球場で、フリーエージェント(FA)宣言している駒田徳広内野手(31)について「ほかの球団もあるが、全力を挙げて誠意を尽くし獲得に努力するつもりです」と、獲得を正式表明した。さらに「三番に置けるなら打線が重厚になる。球団の中身を変えるためで、フロント、現場の意見が一致した」と話した。

打線強化とともに、高木、屋鋪らベテラン選手に戦力外通告し、横浜色を前面に押し出した体質改善策の一環とみられる。駒田との交渉は来月上旬になる。FA宣言した五選手のうち、槙原投手は巨人残留が決まったが、落合博(中日)松永(阪神)石嶺(オリックス)と駒田について、他球団が獲得の意思を正式表明したのは横浜が初めて。28日から交渉が可能となる。《共同通信》

【槙原寛己投手】巨人と3年契約

フリーエージェント(FA)宣言した上、残留を表明していた巨人の槙原寛己投手(30)は23日、東京ドームで契約交渉に臨み、約50%アップの年俸1億2000万円、残留によるボーナス4000万円(いずれも推定)で日本人選手としては初の「複数年契約」を交わした。

球団は同投手に3年間はトレードしない確約を与え、2、3年目の年俸は成績に応じて増減する。落合博(中日)らFA宣言した5人のうち契約したのは槙原が初めて。《共同通信》

【サッカー・ナビスコ杯】川崎が2連覇

サッカーのJリーグ・ナビスコカップ決勝、ヴェルディ川崎(A組1位)ー清水エスパルス(B組1位)は23日、東京・国立競技場に約5万4000の観客を集めて行われ、昨年の第1回大会優勝の川崎が後半に2点を挙げて2−1で逆転勝ちし、2連覇した。川崎は優勝賞金5000万円を獲得、準優勝の清水には賞金2000万円が贈られた。

昨年の決勝と同じカードとなった試合は、清水が前半13分に、右からの長いスローインが川崎ゴール前にこぼれ、大榎のシュートで先制した。しかし、川崎は後半の立ち上がりから猛反撃を開始し、28分にはビスマルクが同点ゴール。その後も一方的に攻め続け、終了5分前には北沢が決勝点をけり込んだ。

決勝のMVPにはビスマルクが選ばれ、賞金100万円を手にした。《共同通信》



11月23日のできごと