平成1318日目

平成4年8月17日(月)

1992/08/17

【米・ブッシュ大統領】クリントン氏への反撃を宣言

米共和党全国大会は17日、ブッシュ大統領の地元テキサス州ヒューストンで開幕、現地入りした大統領は「大統領選挙の争点は(国民の)信頼に足る指導者の選択だ」とクリントン民主党代表候補への全面的な反撃開始を宣言した。大会で演説したレーガン前大統領は、保守革命の継承者としてのブッシュ大統領再選支持を力強く訴えた。《共同通信》



【第74回全国高校野球】第8日

(17日・甲子園)強い風が舞う中、二回戦4試合が行われた。広島工(広島)は四回に4長短打で2点をあげて先行、片岡の力投で桐陽(静岡)の終盤の粘りをかわし、1点差で逃げ切った。

近大付(大阪)—北陸(福井)は、近大付が土壇場で追いついて今大会四度目の延長戦となったが、北陸が十二回、下位打線の活躍で再びリードし、競り勝った。

神港学園(兵庫)は、六回に一挙5点を奪って逆転し、終盤にも大量点を加えて一関商工(岩手)に圧勝した。

途中からナイターとなった沖縄尚学(沖縄)—三重(三重)は、先行された三重が三回に逆転し、エース杉山が、懸命のピッチングで沖縄尚学の粘りをかわした。《読売新聞》

【福井県警】住居侵入の現行犯で警官逮捕

17日未明、福井市内の路上で県警防犯部の警部補が警官の職務質問を振り切り逃走、民家の庭に侵入したところを住居侵入の現行犯で福井署と県警捜査一課に逮捕された。現場周辺では最近わいせつ目的の住居侵入が起きており、同署が警戒していた矢先。県警はこれらの事件との関係を追及している。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】「ゴルフと読書の日々」

宮沢首相が17日、長野県・軽井沢の静養先で、報道各社のカメラマンの前に姿を現した。「プライベート重視」の首相は、夏休み中の様子を公開することに消極的だが、この日は、写真撮影だけ、という条件で取材に応じたもの。

日中、ゴルフを楽しんだ首相は、リラックスした様子で、自分の別荘の庭先へ。折から訪れた吉村午良・長野県知事と談笑する合間、取材陣からゴルフのスコアを聞かれると、「やればやるほど、うまくなるわけではないからね」と一言。不況の深刻化などで、首相の大型休暇には、自民党内からも批判の出る今日このごろ。軽井沢では「おおむね、ゴルフと読書」といいながら、完全休養とはいかない首相だが、16日の夜は、「『老子』『荘子』を読みふけった」。《読売新聞》



8月17日のできごと