平成173日目

1989/06/29

【塩川正十郎官房長官】「解散はそう遠くない」

塩川官房長官は29日午後、首相官邸で総評幹部と会談した際に、総評がリクルート事件のけじめとして求めている衆院の解散・総選挙について「解散・総選挙しかないというのは建前や立場を抜きにすれば本当だろうと思う。いずれしても、そんなに遠くなかろうと思っている」と述べ、年内にも解散、総選挙がありうるとの見方を示した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【阪神・御子柴進投手】プロ初完封

阪神1−0中日◇29日◇ナゴヤ

御子柴が1点を守りきり、プロ入り初の完封勝利をマークした。敗れた中日は8年ぶりの3試合連続完封負けで、29イニング無得点。

御子柴は立ち上がりから自分のペースを崩さず、走者を出しても慌てなかった。最大のピンチは九回。連打と失策で一死満塁となったが、宇野と仁村徹を三ゴロに打ち取り、切り抜けた。御子柴は初の無四球試合。打線は六回、四球と安打で一死、一、三塁とし真弓の右犠打で決勝点を奪った。《共同通信》



6月29日 その日のできごと(何の日)