平成41日目

平成元年2月17日(金)

1989/02/17

【竹下登首相】政党法に前向き

衆院予算委員会は17日、総括質問2日目に入り、公明党の大久保書記長、民社党の永末副委員長、社民連の楢崎弥之助氏が質問に立った。

リクルート事件NTTルートの解明を取り上げた大久保氏は、NTTによる米国製大型コンピューター購入で、中曽根前首相が果たした役割を追求、真藤NTT前会長ら4人と「必要があれば」との条件付きながら中曽根前首相の証人喚問を要求した。同日までに野党各党は中曽根氏の証人喚問で足並みをそろえており、その扱いが焦点に浮上してきた。

永末氏が政治改革の具体策として政党法の扱いについて見解を求めたのに対し竹下首相は「その勉強をするのも大切だ」と答え、検討に前向きの姿勢を示した。《共同通信》




【イラン・ハメネイ大統領】ホメイニ師の処刑宣告を追認

Embed from Getty Images

イランのハメネイ大統領は17日の金曜礼拝で、最高指導者ホメイニ師が小説「悪魔の詩」を書いた英国の作家サルマン・ラシュディ氏の「死刑執行」を命じたことについて「命令は永遠であり、この哀れな男(ラシュディ氏)は謝罪しない限り死ぬしかないだろう」と述べて、ホメイニ師の命令を追認した。《共同通信》

2月17日のできごと