2017 平成29年5月13日(土)のできごと

平成10353日目

2017/05/13

【関電・高浜原発3号機】核燃料装荷開始

関西電力は13日、6月上旬の原子炉起動を目指す高浜原発3号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット)=福井県高浜町=に燃料を装荷する作業を始めた。プルトニウム・ウラン混合化合物(MOX)燃料24体を含む計157体を入れる。作業が順調に進めば、16日に燃料装荷を終える見込み。

3号機に燃料を装荷するのは、2016年9月に燃料を取り出して以来、約8カ月ぶり。13日はMOX燃料1体を含む12体(午後4時現在)を装荷した。原子力規制庁の検査官や県原子力安全対策課の担当者が立ち合う中、協力会社の作業員らが正午から作業を開始。使用済み燃料プールからクレーンで燃料を1体ずつつり上げて、コンテナに挿入し原子炉に入れていった。

高浜3号機は新規制基準施行後、九州電力川内1、2号機に次ぐ全国3基目として、2016年1月29日に再稼働。同年2月1日に発電・送電を開始したが、大津地裁の運転差し止め決定により同年3月10日、運転中の原発としては全国で初めて司法判断で停止した。《福井新聞》

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】村中優選手、戴冠ならず

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦が13日、英国のバーミンガムで行われ、挑戦者の村中優(フラッシュ赤羽)は王者カリド・ヤファイ(英国)に0―3の判定で敗れて世界初挑戦での奪取はならなかった。ヤファイは初防衛に成功した。

31歳の村中は2回にダウンを奪われた。その後は積極的に前に出る場面もあったが、王者の多彩な動きに対抗できず、判定で大差をつけられた。村中は29戦25勝(8KO)3敗1分け、ヤファイは22戦全勝(14KO)。《共同通信》

【日本ハム・レアード内野手】4打数連続本塁打

日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が13日、東京ドームで行われたロッテ8回戦で三回までに2打数で2本塁打をマークし、12日の2打席目から2四球を挟んで4打数連続本塁打としてプロ野球記録に並んだ。2015年の山田(ヤクルト)以来で20人目(通算21度目)。パ・リーグでは1997年のウィルソン(日本ハム)以来。

レアードは12日の三回に右中間2ラン、五回に左中間2ランを放つと、五回と八回の打席はともに四球を選んだ。13日は二回に左中間へ今季10号ソロ、三回には左翼ポール際へ2ランを放った。5打数連続の新記録が懸かった五回の打席は遊ゴロ併殺打だった。《共同通信》

5月13日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする