令和700日目

2021/03/30

【菅義偉首相】インドネシア外相、国防相と会談

菅義偉首相は30日、インドネシアのルトノ外相、プラボウォ国防相と官邸で会談し「自由で開かれたインド太平洋のビジョンを共に実現すべく、具体的な協力を進めていきたい」と表明した。海警局に武器使用を認めた海警法を含む中国の動向に深刻な懸念を伝達。双方は、法の支配に基づく海洋秩序の重要性について一致した。両国は午後、外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を東京都内で開催する。


https://www.kantei.go.jp/

首相は、日本からの防衛装備品輸出に向けて閣僚会合で合意する見通しの「防衛装備品・技術移転協定」に関し「両国のさらなる安全保障協力の基盤となることを期待している」と強調した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【日本列島】各地で黄砂を観測

大陸からの西風の影響で30日は西日本から北日本の広い範囲で黄砂が観測され、山口県下関市や滋賀県彦根市では肉眼で見通しの効く距離「視程」が3キロまで落ちた。黄砂は31日にかけて続く見通し。視程が5キロ未満になると交通障害の恐れが強まるため、気象庁は注意を呼び掛けている。

同庁によると、30日午前の視程は福岡、大分、神戸の各市4キロ、佐賀、長崎、熊本、松山、鳥取、大阪、奈良、京都の各市5キロ、岡山、高松、金沢、福井、福島、山形の各市6キロ、和歌山市7キロ、広島、富山、新潟、仙台の各市8キロなど。

【COVID-19】

国内新規感染2087人

国内の新型コロナウイルス感染者は30日、45都道府県と空港検疫で新たに計2087人が確認された。死者は33人で、重症者は前日から26人増えて368人となった。

東京都内では新たに364人の感染が判明した。直近1週間の平均新規感染者数は361・6人で、前週(308・1人)から17・4%増えた。70〜90歳代の男女10人の死亡も確認され、うち70歳代男性から変異したウイルスが検出された。都内で変異ウイルス感染者の死亡が確認されるのは初めて。

大阪府では432人の感染が確認された。400人を超えるのは1月24日以来で、20歳代(116人)と30歳代(77人)が全体の約半数を占めた。《読売新聞》

深夜会食で厚労省課長更迭

厚生労働省の職員23人が東京・銀座の店で深夜まで会食していた問題で、同省は30日、会を発案した老健局老人保健課長を大臣官房付に事実上更迭する処分と、田村憲久厚労相が閣僚給与2カ月分を自主返納することを発表した。菅義偉首相は「大変申し訳ないことだ」と謝罪した。

課長は30日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、19人は訓告や注意、残る3人は自治体からの研修生で処分しない。

このほか監督責任があるとして事務方トップの樽見英樹事務次官を文書で厳重注意、土生栄二老健局長を訓告とした。国会審議への影響を最小限にとどめるため、対応を急いだ。《共同通信》

【東京株式市場】

30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日続伸した。米国のインフラ投資計画や、新型コロナウイルスワクチンの普及への期待から買い注文が優勢となった。

終値は前日比48円18銭高の2万9432円70銭。東証株価指数(TOPIX)は15.48ポイント安の1977.86。出来高は約13億4076万株だった。

【岩手県】プレハブ仮設入居者ゼロに

東日本大震災の被災者に向けて建設されたプレハブ仮設住宅の入居者が岩手県内でゼロになったことが30日、分かった。2月末時点で陸前高田市の7世帯19人が残っていた。県内では2011年10月のピーク時、プレハブなどの建設型仮設住宅に約3万2千人が入居。住宅再建の遅れなどで、震災から10年以上を経てようやく役目を終えた。

県によると、建設型とは別に、民間物件を行政が借り上げるなどした「みなし仮設住宅」に、今年2月末時点で39世帯76人が入居している。みなし仮設の入居者も近くゼロになる見通しだ。《共同通信》

【プロ野球】

ロ0―5楽

楽天が投打がかみ合い快勝した。二回に浅村の1号ソロで先制すると、六回には浅村の適時打と茂木の3ランで4点を加えた。岸は緩急を巧みに使って三塁を踏ませず、8安打完封で今季初勝利を挙げた。ロッテは開幕4連敗。

日4―11西

西武が大勝した。一回に山川の1号2ランで先制。二回にはブランドンのプロ初安打となる2ランで加点し、五回には中村の適時二塁打などで3点を奪った。松本が六回途中まで3失点で今季初勝利。日本ハムは投手陣が精彩を欠いた。

オ1―3ソ

ソフトバンクが開幕4連勝。二回に栗原の犠飛と松田の適時打で2点を先制、七回は甲斐のソロで加点した。笠谷は6回を4安打1失点で白星を挙げた。オリックスは田嶋が6回2失点と粘ったが、得点はジョーンズのソロのみ。

広1―0神

広島が六回に菊池涼の左前打で挙げた1点を、4投手のリレーで守り切った。森下は四回1死満塁をしのぐなど要所で球威が増し、6回無失点で白星。栗林が締めた。阪神は西勇の好投を生かせず、零敗。開幕からの連勝が3で止まった。

D4―5ヤ

ヤクルトが逆転で今季初勝利を挙げた。1―4の八回に内川の適時打と塩見の2点二塁打で追い付き、代打川端が勝ち越し二塁打を放った。3番手の長谷川が白星を挙げ、石山が今季初セーブ。DeNAは救援陣が崩れ開幕3連敗。

中3―3巨

中日は2―3の八回、平田の適時打で追い付き、九回で引き分けた。巨人は1―2の四回に中島のソロで同点。八回は坂本の二塁打で勝ち越したが、その裏に大竹が打たれた。大野雄とサンチェスはともに7回2失点と試合をつくった。

【サッカー・W杯】アジア2次予選F組

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で30日、日本は千葉・フクダ電子アリーナでモンゴルに14―0で大勝した。首位の日本は5戦全勝の勝ち点15、既に敗退が決まっていたモンゴルは1勝6敗の同3。日本の14得点はW杯予選で最多となった。

コロナの影響で2019年11月以来1年4カ月ぶりに同予選に臨んだ日本は前半に南野(サウサンプトン)らのゴールで5点を先行。後半も攻撃の手を緩めず、代表初出場の稲垣(名古屋)らが加点した。大迫(ブレーメン)は3得点。

本来はモンゴルで行われる予定だったが、新型コロナのため開催地が変更となった。《共同通信》

【東京簡裁】木村花さん侮辱罪に科料9000円

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラー木村花さん=当時(22)=が死去した問題で、東京区検は30日、ツイッターに誹謗中傷する内容の投稿をしたとして、侮辱罪で大阪府の20代男性を略式起訴。東京簡裁は科料9千円の略式命令を出した。

起訴状によると、昨年5月14日〜22日ごろ、木村さんのツイッターに「性格悪いし、生きてる価値あるのかね」「いつ死ぬの?」などと匿名で8回書き込み、木村さんを侮辱したとしている。

木村さんは昨年5月23日に東京都内の自宅で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。警視庁は状況から自殺とみている。《共同通信》

【日本、インドネシア】防衛装備移転協定に合意

日本とインドネシア両政府は30日、外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を東京都内で開いた。日本からの防衛装備品輸出に向けた「防衛装備品・技術移転協定」締結に合意し、出席閣僚が署名。東・南シナ海での中国の動向を念頭に、力による一方的な現状変更の試みに深刻な懸念を共有した。両国の2プラス2会合は2015年12月以来、2回目の開催となった。

茂木敏充外相と岸信夫防衛相、インドネシアのルトノ外相とプラボウォ国防相が出席した。

会合では、国軍によるデモ弾圧が続くミャンマー情勢に関し、民間人の死傷者が増え続けている現状を強く懸念するとの認識で一致した。《共同通信》

【英・ウィンチェスター大】グレタさん像に批判

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)の銅像が、英南部ウィンチェスター大のキャンパスに設置された。大学側はグレタさんの等身大の銅像は世界で初めてとしているが、設立に伴う多額出費に、学生団体から「大学の空虚な自己満足」と批判が出ている。英メディアが30日報じた。

大学側はグレタさんを地球温暖化防止に向け世界をリードしていると評価。「サステナビリティー(持続可能性)と社会正義のために勇気を与える彼女をたたえる」と設立理由を説明している。費用は2万3760ポンド(約360万円)という。《共同通信》



3月30日 その日のできごと(何の日)