令和679日目

2021/03/09

【富岳】本格稼働

理化学研究所は9日、新たなスーパーコンピューター「富岳」を本格稼働させ、設置した計算科学研究センター(神戸市)で記念式典を開いた。松本紘理事長は「前身の『京』ではできなかった人工知能やビッグデータの解析ができるようになる。国民に愛される富岳にしたい」と胸を張った。

本格稼働は当初、2021年度からの予定だったが、新型コロナウイルス関連の研究に活用するため前倒しした。

理研は20年4月から一部の機能を使って富岳を稼働。飛沫の広がり方の可視化や治療薬探しなどに使ってきた。

今後は、毎秒44京2010兆回の計算能力を気象やエネルギー問題などの分野でも利用する。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【COVID-19】国内新規感染1128人

国内の新型コロナウイルスの感染者は9日、36都道府県と空港検疫で新たに1128人が確認された。死者は58人。重症者は前日から1人増えて381人となった。

東京都の新規感染者は290人で、前週の同じ曜日より58人増えた。直近1週間の平均感染者は261・7人で、前週の1週間平均(263・1人)とほぼ変わらなかった。死者は50〜90歳代の男女21人で、都内の累計死者数は1500人となった。重症者は前日から7人減の39人で、3か月半ぶりに40人を下回った。《読売新聞》

【日経平均終値】2万9027円94銭

9日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、4営業日ぶりに節目の2万9000円台に乗せた。終値は前日比284円69銭高の2万9027円94銭。米景気回復への期待から円安ドル高が進んだことが追い風となり、輸出関連株を中心に買い注文が膨らんだ。

東証株価指数(TOPIX)は24.10ポイント高の1917.68。出来高は約16億2100万株。

米国の追加経済対策による景気回復の観測で、米長期金利が上昇。外国為替市場では日米の金利差拡大を見込む円売りドル買いの動きが強まり、一時1ドル=109円台と約9カ月ぶりの円安水準を付けた。

【参院広島選挙区】郷原氏が不出馬を明言

河井案里前参院議員(47)の当選無効を受けた4月25日投開票の参院広島選挙区再選挙を巡り、立憲民主党内で擁立論が出ていた元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士(66)が9日、オンラインで記者会見を開き、出馬しないと明言した。立民などが目指す野党統一候補は、告示まで1カ月を切っても決まらず、混迷している。

郷原氏は不出馬の理由を「政治とカネの問題が再選挙で重要な争点になるのか、十分な確信が持てなかった」と述べた。

立民の福山哲郎幹事長は記者会見で「郷原氏が立候補しないのは残念。一日も早く候補者を決めたい」と述べた。関係者らによると、候補は2人に絞られている。《共同通信》

【FSスキー・世界選手権】デュアルモーグル

フリースタイルスキーの世界選手権は9日、カザフスタンのアルマトイで非五輪種目のデュアルモーグルが行われ、男子は2大会ぶりの優勝を狙った堀島行真(トヨタ自動車)が銅メダルを獲得した。2大会連続2冠を達成したミカエル・キングズベリー(カナダ)に準決勝で敗れ、3位決定戦を制した。

女子は住吉輝紗良(日大)の8位が最高。前日のモーグルで日本勢最高の5位に入った冨高日向子(多摩大)は3回戦で敗れた。川村あんり(東京・日体大桜華高)は疲労蓄積のため棄権した。(共同)

【菅義偉首相】インド・モディ首相と電話会談

菅義偉首相は9日、インドのモディ首相と電話で会談し、日米豪印4カ国(クアッド)の連携を着実に進めることで一致した。両首脳はまた、国軍によるクーデターが起きたミャンマー情勢について重大な懸念を持ち、緊密に連携することを確認した。

菅首相は、中国の東・南シナ海における一方的な現状変更の試みや中国海警局に武器使用を認めた海警法、香港や新疆ウイグル自治区での人権状況に懸念を表明した。北朝鮮による拉致問題の早期解決に向けた協力も求めた。

両首脳は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた2国間協力や安全保障・防衛協力を強化することでも一致した。モディ氏は菅首相をインドに招待する意向を示し、菅首相は適切な時期に訪印したい考えを示した。

【村上“ポンタ”秀一さん】死去

日本を代表するドラム奏者の村上“ポンタ”秀一さんが9日、視床出血のため東京都内の病院で死去した。70歳。

1972年、フォークグループ「赤い鳥」に参加、73年からスタジオミュージシャンを務める。渡辺貞夫さんや井上陽水さん、渡辺香津美さん、坂本龍一さん、桑田佳祐さんら幅広いジャンルのアーティストとレコーディングやライブで共演。参加アルバムは1万枚を上回り、1万4千曲を超えるレコーディングに携わった。

93年には自身のバンド「PONTA BOX」結成。海外のジャズフェスティバルにも出演した。《共同通信》



3月9日 その日のできごと(何の日)