令和405日目

2020/06/08

この日のできごと(何の日)

【USJ】営業再開

臨時休業していた大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)も8日、約3か月ぶりに営業を再開した。「3密」を避けるため、当初の入場は年間パスを持ち、事前予約した大阪府民に限り、段階的に対象を広げる。

この日は午前10時の開園予定だったが、来場者が集まり始めたため午前9時頃に前倒しした。入場ゲート前では、フェースシールド姿のスタッフが非接触型の体温計で来場者を検温し、マスク着用や手指の消毒を呼びかけた。

園内では、感染拡大防止策として、アトラクションの順番待ちの列には目印を足元に付けて間隔を空けて並ぶようにした。ジェットコースターの座席も1列ずつ空けているほか、絶叫を控えるように呼びかけている。ハイタッチなど、着ぐるみのキャラクターとの接触も禁止した。

入園は15日以降は前売り券を購入した大阪府民、19日からは関西2府4県の在住者や全国の年間パス保有者もそれぞれ可能になる。《読売新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【池田小事件】発生から19年

大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)で2001年に起きた校内児童殺傷事件から8日で19年となり、犠牲になった8人を追悼する「祈りと誓いの集い」が同小で開かれた。参加者は学校の安全や児童の命を守る取り組みに努めることを改めて誓った。

遺族や教職員、各学年の代表児童ら計約60人が参加し、事件が発生した午前10時10分すぎ、亡くなった8人の名前が刻まれた「祈りと誓いの塔」の鐘を鳴らし、約1分間黙とうをささげた。

今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため代表以外の児童は登校せず、例年読み上げられてきた6年生の児童代表の言葉や、児童の歌唱は取りやめになった。《共同通信》

【秋葉原無差別殺傷事件】発生から12年

東京・秋葉原の繁華街で2008年、7人が死亡し、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件は8日、発生から12年を迎えた。現場となった交差点には献花台が設けられ、通行人らが犠牲者を悼んだ。

事件は08年6月8日午後0時半ごろに発生。元派遣社員のK死刑囚(37)がトラックで歩行者天国に突っ込み、通行人をはねた後、車を降りて近くにいた買い物客らをダガーナイフで襲撃した。

K死刑囚は殺人などの罪で起訴され、15年2月に最高裁で刑が確定した。判決は「没頭していたインターネット掲示板で受けた嫌がらせに怒って犯行に及んだ」と動機を認定した。《共同通信》

【日経平均終値】2万3178円10銭

週明け8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は6営業日続伸し、終値が2月21日以来、約3カ月半ぶりに節目の2万3000円台を回復した。前週末発表の5月の米雇用統計が市場予想に反して改善方向となったため、景気回復を期待した買い注文が続き、この日の高値で取引を終えた。

終値は前週末比314円37銭高の2万3178円10銭。東証株価指数(TOPIX)は18.24ポイント高の1630.72。出来高は約17億300万株。 平均株価は取引開始直後から2万3000円台に上昇。上げ幅を縮める場面もあったが、国内経済回復の観測が広がり午後には買い戻す動きが強まった。

【伊藤詩織さん】漫画家らを提訴

自らの性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)は8日、自身を誹謗中傷するイラストをツイッターに投稿したとして、漫画家はすみとしこさんに550万円の損害賠償と、投稿の削除などを求めて東京地裁に提訴した。はすみさんの投稿をリツイート(転載)して広めたとして、クリエイターと医師の男性2人にも計220万円の支払いを求めた。

伊藤さんは、2015年4月に就職先の紹介を受けるため元TBS記者山口敬之氏(54)と会食した後、性暴力を受けたとして被害届を出したが、東京地検は山口氏を不起訴とした。一方、民事裁判では東京地裁が昨年12月、山口氏に賠償を命じた。《共同通信》

【東京都八王子市】高1男子が拳銃自殺

8日午前8時15分ごろ、東京都八王子市の住宅で「家族が銃で自殺を図った」と110番があった。警視庁によると、この家に住む私立高校1年の男子生徒(15)が頭部を負傷し、搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、男子生徒は自室で拳銃のようなものを使い、自殺を図ったとみられる。

警視庁によると、午前8時ごろ、自宅2階にある生徒の部屋から「パーン」という音がしたのに母親が気付き、生徒が頭から血を流して倒れているのを見つけた。 生徒の自室からは拳銃のようなもの1丁が見つかっており、警視庁は真正かどうかや、入手経緯などを詳しく調べる。

【ジョイフル】200店閉鎖へ

全国でファミリーレストランを展開している外食大手のジョイフルは8日、直営店のうち約3割に当たる200店程度を7月から順次閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化している中で、収益改善の見込めない店舗を閉めて合理化を図る。

同社は現在、フランチャイズ店を除く直営店を713店展開しており、閉鎖する店舗は未定で、精査した上で今後決めると説明している。新型コロナ感染防止のため店舗を一時休業したのが響き、ファミリーレストラン「ジョイフル」の4月の既存店売上高は前年同月より55.3%減り、5月も52.7%減少した。《共同通信》

【プロ野球阪神、甲子園球場】全国の高3球児へ「甲子園の土」

プロ野球阪神と阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)は8日、全国の高校野球部員3年生全員に「甲子園の土」が入ったキーホルダーを贈ると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で春の選抜大会に続き、夏の全国選手権大会も中止となり、甲子園を本拠地とするチーム内で「球児のために何かできないか」という声が上がり、贈呈を決めた。

対象は日本高野連に加盟する野球部の3年生全員で、軟式を含む。矢野燿大監督やナインも参加して土を集め、8月下旬をめどに順次、学校に送る予定。矢野監督は「挑戦すらできず悔しい思いをしていると思う。何か背中を押せるものはないかと思って決めた」と語った。《共同通信》

【将棋・藤井聡太七段】タイトル戦初勝利

将棋の最年少タイトル挑戦者、藤井聡太七段(17)と渡辺明棋聖(36)が対戦する第91期棋聖戦5番勝負の第1局は8日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、157手で先手の藤井七段が先勝した。17歳10カ月20日の挑戦新記録を樹立した藤井七段は、初戦を白星で飾った。

対局を終えた高校生プロは「今日は盤上に集中できた。まず、1勝できてうれしく思う」と話した。 最も若いタイトル獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月。6~7月の5番勝負で、渡辺棋聖に勝利すればこの記録も上回る。 第2局は28日、将棋会館で行われる。《共同通信》

【COVID-19】国内で新たに21人感染確認

国内では8日、新型コロナウイルスの感染者が新たに21人確認された。死者は3人で、累計で922人となった。

東京都内では、感染者が新たに13人確認された。1日当たりの感染者が20人を下回るのは2日連続で、累計感染者数は5396人となった。都によると、接待を伴う飲食店の従業員や客ら「夜の街」に関連する人が3人含まれるという。

北海道では4人、北九州市では新たに3人の感染が判明した。《読売新聞》

【COVID-19】インドで商業、宗教施設が再開

新型コロナウイルス対策の全土封鎖を段階的に解除しているインドで8日、ショッピングモールやレストランの営業が可能となった。宗教施設での活動も再開された。

首都ニューデリーのモールでは入り口で客の体温を測り症状の有無を確認。館内では防護服を着た係員が消毒液を床にまきながら巡回した。客との距離を取るために床に付けるマークなど、感染防止対策の準備が進まず、開店できた店舗はごく一部。昨年10月にインド1号店としてオープンした衣料品店「ユニクロ」も15日から再開とのお知らせを掲示していた。 全土封鎖は3月下旬から続いた。《共同通信》

【米・黒人男性暴行死事件】男性の故郷で追悼式

米ミネソタ州で白人警官に膝で首を地面に押し付けられ死亡した黒人男性ジョージ・フロイドさんの追悼式が、事件から2週間となる8日、故郷のテキサス州ヒューストンで開かれた。近く埋葬される。ひつぎが安置された教会には長い列ができ、参列者はフロイドさんとの最後の別れを惜しんだ。米メディアが伝えた。各地では2週間連続で人種差別に抗議するデモが行われた。

一方、殺人容疑で逮捕、訴追された元警官デレク・ショービン容疑者は8日、ミネソタ州の裁判所での審理手続きに勾留施設からビデオリンク方式で出廷。保釈金は125万ドル(約1億3500万円)に設定された。《共同通信》

【自民党・二階俊博幹事長】「石破氏は期待の星」

自民党の二階俊博幹事長は8日の記者会見で、「ポスト安倍」を目指す石破茂元幹事長に関し「高みを目指してほしい期待の星の一人だ」とエールを送った。これに先立ち石破氏から9月17日の石破派政治資金パーティーの講師を依頼され、即座に快諾した。秋に予想される内閣改造・党役員人事や、「ポスト安倍」政局に向け、両氏が連携を模索しているとの見方が出そうだ。

石破派パーティーの政治家の講師は従来、石破氏のみだった。今回は両氏が講師を務める。石破氏は「自民党が今後の日本で果たす役割を話してほしい」と二階氏に期待した。

二階氏は会見で他派閥への対応と違いはないと強調している。《共同通信》

【安倍晋三首相】「雇用と生活守り抜く」

新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための政府の令和2年度第2次補正予算案は8日、衆院本会議で審議入りした。休業手当の一部を補助する雇用調整助成金の拡充や事業者の家賃支払い支援などを盛り込んでおり、安倍晋三首相は「雇用と事業活動、生活を守り抜いていく」と述べた。

首相は10兆円の予備費を計上したことについて「(新型コロナの)今後の長期戦を見据え、状況の変化に応じ臨機応変に対応する必要がある」と強調した。このうち5兆円分については、おおまかな使途を事前に明示した。

野党が批判している中小事業者などに最大200万円を支給する「持続化給付金」の事務委託に関しては「委託費は事業終了後に精算を行い、真に必要となった経費のみを支払う。可能な限り、事業者への給付のための費用に回すべきなのは当然だ」と指摘。また、観光業者らを支援する「Go To キャンペーン」の事務委託費について「事業目的に照らした効果が最大限発揮されるよう、担当省庁において適切な執行に努めさせる」と述べた。《産経新聞》

【故・横田滋さん】葬儀・告別式

北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の父で5日に亡くなった横田滋さん(87)の葬儀・告別式が8日、自宅のある川崎市内の教会で行われた。参列者によると、妻早紀江さん(84)は「天国で待っていて、私も行くから忘れないで、と耳元で大きな声で叫んで送りました。天国に行ったと確信しています」とあいさつした。

葬儀には約50人が出席。息子の拓也さん(51)、哲也さん(51)のほか、拉致被害者家族会から田口八重子さん=失踪当時(22)=の長男で事務局次長の飯塚耕一郎さん(43)らが参加した。《共同通信》

【カイロ大】都知事の卒業詐称を否定

東京都の小池百合子知事がカイロ大を卒業したとするのは学歴詐称の疑惑があるとの週刊誌報道などを巡り、エジプトのカイロ大は8日付で、小池知事が「1976年にカイロ大文学部社会学科を卒業したことを証明する」との声明を出して疑惑を否定した。

モハンマド・エルホシュト学長名の声明は「卒業証書はカイロ大の正式な手続きにより発行された」とし、日本のジャーナリストが証書の信ぴょう性に疑義を示したことは「大学と卒業生への名誉毀損で看過できない」としている。

カイロ大広報担当者は電話取材に「小池氏はカイロ大を卒業している。議論の余地はない」と強調した。《共同通信》



6月8日 その日のできごと(何の日)