2019 令和元年11月23日(土)のできごと(何の日)

令和207日目

令和元年11月23日(土)

2019/11/23

【大阪市住吉区小6女児不明】栃木県で保護

大阪市住吉区で17日から行方不明になっていた小学6年の女児(12)が23日、栃木県小山市の交番で6日ぶりに保護された。目立ったけがはなく、無事という。女児は「男の家から逃げてきた。別の女の子もいる」と説明。栃木県警は男を特定して身柄を確保、男と一緒にいた別の少女(15)も保護した。大阪府警は同日、女児を誘拐したとして未成年者誘拐容疑で、同市の職業不詳、A容疑者(35)を緊急逮捕した。「誘拐しようとしたのではない」と容疑を否認しているという。

府警などによると、女児は17日午前に自宅を出た後に行方が分からなくなり、同日午後10時ごろ、30代の母親が府警住吉署に「娘がいなくなった」と届け出た。府警は19日に女児の顔写真を公開。情報提供を呼びかけるとともに、防犯カメラを調べるなどして女児の行方を捜していた。

女児は23日午後1時半ごろ、小山市内の犬塚交番に駆け込み、氏名を名乗った上で、「30歳くらいの男の家から逃げてきた。もう1人、女の子が家にいる」と説明。県警が家の周辺を捜査していたところ、A容疑者が少女とともに出てきたため、身柄を確保した。

逮捕容疑は17日午前10時35分ごろ、未成年と知りながら、女児を住吉区の自宅近くの公園で誘拐したとしている。

女児は母親と10代の姉、兄との4人暮らし。17日午前7時ごろに自宅で朝食を取るのを母親が確認した。母親が仮眠し、午前11時ごろに起きたときには姿がなく、2階にいた姉や兄も気付かなかった。

母親は午前11時すぎに、女児のスマートフォンに電話したが、電源が切れていてつながらず、送ったメッセージも既読にならなかった。午前10時半ごろに友人が女児に送信した無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージは既読となり、簡単な返信があったが、それ以降は電源が切れた状態が続いていた。

A容疑者が今月10日ごろから、女児にSNSで「半年くらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい」などとメッセージを送り、自宅に来るよう誘っていたことが23日、大阪府警への取材で分かった。A容疑者が身柄を確保された際に一緒にいた別の少女は、約半年前から容疑者宅にいたとみられ、府警や栃木県警は少女の身元や詳しい経緯を調べている。

府警によると、A容疑者は今月10日ごろ、女児に「こんにちは」とメッセージを送信。「どこに住んでいるのか」「何歳か」などのやり取りをした後、自宅に来るように誘ったという。

17日午前10時35分ごろ、女児の自宅近くの公園で女児と待ち合わせをして、近くの駅から一緒に電車に乗り、その日のうちにA容疑者宅に到着。家に着くと、女児が所持していたスマートフォンを取り上げたという。

その後、女児はA容疑者と少女の3人で容疑者宅で過ごしていたが、怖くなったため、23日朝に容疑者宅を出て、交番に駆け込んだという。《産経新聞》



【巨人・阿部慎之助2軍監督】引退セレモニー

今季限りで現役を退いた巨人の阿部慎之助2軍監督の引退セレモニーが23日、東京ドームでのファン感謝イベントで行われた。あいさつの前から涙をこらえきれず「最高の仲間、最高の指導者、最高の裏方さん、最高のファンのみなさん、そのおかげで19年間プレーすることができました。この19年間は僕の人生で一番の誇り」と感謝した。

強打の捕手として通算406本塁打を放ち、2軍監督として後進を指導する。球団OBの松井秀喜さんがビデオメッセージを寄せ「今まで培ってきた知識、経験全てを未来のジャイアンツに還元して、新しいジャイアンツをつくっていってほしいと思う」と期待した。《共同通信》

【柔道GS大阪大会】第2日

柔道のグランドスラム大阪大会第2日は23日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計4階級が行われ、男子81キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪3位の永瀬貴規(旭化成)が決勝で昨年世界選手権2位の藤原崇太郎(日体大)を下し、3年ぶり4度目の優勝を達成した。

男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡が元世界王者の橋本壮市(ともにパーク24)に一本勝ちし73キロ級で初優勝。66キロ級を含めれば09年以来の制覇。

女子70キロ級は大野陽子(コマツ)が決勝でキム・ポリング(オランダ)に一本勝ちし、2年ぶり2度目の優勝。《共同通信》

【大相撲九州場所14日目】横綱白鵬関、43度目の優勝決定

大相撲九州場所14日目(23日・福岡国際センター)横綱白鵬が関脇御嶽海を右外掛けで退けて13勝目を挙げ、新小結朝乃山との2差を守って4場所ぶりとなる史上最多43度目の優勝を決めた。令和になってからは自身初めて、9月の日本国籍取得後でも初優勝となった。御嶽海は4場所ぶりの負け越し。

朝乃山は竜電を寄り切って11勝目。同じく2差で追っていた平幕正代は妙義龍に寄り切られた。小結阿炎は大関貴景勝を送り出して勝ち越しを決めた。貴景勝は5敗目。

十両は元関脇の勢、琴ノ若ら6人が4敗でトップに並ぶ混戦となった。《共同通信》

【スピードW杯・女子500メートル】小平奈緒選手が優勝

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は23日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が37秒77で優勝した。今季W杯初勝利で、1000メートルを含め通算29勝目。

格下のBクラスでは男子1500メートルで一戸誠太郎(ANA)が1分47秒86をマークし1位、女子500メートルで高木美帆(日体大助手)が38秒42の2位だった。

女子団体追い抜きには3季前からW杯10連勝中の日本が登場。《共同通信》

【フィギュア・NHK杯】羽生結弦選手が優勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯最終日は23日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子は前日のショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーで3種類の4回転ジャンプを計4度降りて1位となり、合計305.05点で今季GP2連勝を飾った。ファイナルを含む通算12勝目を挙げ、シリーズ上位6人によるファイナル(12月5~7日・トリノ)に進出した。

山本草太(中京大)は合計226.27点で6位、島田高志郎(木下グループ)は合計213.65点で9位だった。《共同通信》

【ローマ教皇】来日

キリスト教カトリックの総本山バチカン市国(ローマ教皇庁)の元首で、ローマ・カトリック教会の頂点に立つ教皇(法王)フランシスコ(82)が23日夕、羽田空港に到着した。教皇の来日は38年ぶり史上2度目。24日に長崎と広島の両被爆地を訪れ、核兵器廃絶のメッセージを発信。25日には東京で東日本大震災の被災者や東京電力福島第1原発事故の避難者と交流、原発の是非に言及する可能性もある。

教皇は2013年の就任以来、繰り返し核廃絶の必要性を訴えてきた。世界各地で戦争が続く現状に憂慮を示し、広島と長崎の被爆の歴史から「人類は何も学んでいない」と発言した。《共同通信》

【兵庫県警】就寝中の男性にわいせつ行為、弁護士逮捕

深夜に住宅に忍び込み、就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして、兵庫県警西宮署は23日までに準強制わいせつと住居侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県弁護士会所属の弁護士A容疑者(33)を逮捕した。署によると「私がしたことに間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、10日午前0時半~同6時ごろ、西宮市内の住宅に忍び込み、寝ていた男性(39)の衣服の股間部分を刃物で切り、わいせつな行為をし、男性が飲みかけのペットボトルを盗んだ疑いと、別の部屋で寝ていた同居人の男性(20)の衣服の股間部分も同様に切り、わいせつな行為をしようとした疑い。21日に神戸市内で逮捕した。

捜査関係者によると、被害者の2人は会社の同僚でルームシェアをしていた。39歳の男性が午前6時ころ、何かがおかしいと気付き跳び起きたところ、ジャージーとパンツの股間部分が切られ、わいせつな行為をされた跡があったという。20歳の後輩のいたずらだと思い、起こしたところ、同じように衣服の股間の部分が切られており「何者かに侵入され、股間の部分を破られた」と110番通報した。男性2人はA容疑者とは面識はないという。

西宮市内では6月から何者かに自宅に侵入された男性の被害が数件あり、署は関連を調べる。《日刊スポーツ》



11月23日のできごと

シェアする

フォローする