2019 令和元年9月12日(木)のできごと(何の日)

令和135日目

令和元年9月12日(木)

2019/09/12

【ヤフー】ZOZOを買収

ヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOを買収すると発表した。10月上旬からZOZOに対して株式公開買い付け(TOB)を実施して、50・1%の株式を取得し、子会社化する。買収額は約4千億円。国内のインターネット通販市場の競争が激しさを増す中、双方の通販サイトで顧客基盤強化を進め、先行するアマゾンジャパンや楽天を追撃する。

ZOZOの創業者の前沢友作氏は同日付で社長を退任。後任には沢田宏太郎取締役が就任した。前沢氏はZOZOの株式を約37%を保有しているが、TOBに応じて株式を売却し、同社の経営から退く。ZOZOはTOB成立後も上場を維持し、ヤフーから取締役2人の派遣を受ける。

12日の会見でヤフーの川辺健太郎社長は「年齢など利用者の属性が異なり、相互に顧客基盤の拡大が見込める」と買収の狙いを述べた。ヤフーは広告が主力事業だが、今後はEC(電子商取引)が成長の原動力になるとの見方を示し、2020年代前半にEC取扱高で国内ナンバーワンになる目標に「現実的に手が届きつつある」と強調した。

一方、前沢氏も「ものすごいシナジーを持った提携になる。最後に大きな決断ができて嬉しい」と述べた。会見には前沢氏がかねて尊敬する経営者として名をあげていたソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も途中から参加し、退任する前沢氏をねぎらった。《産経新聞》



【千葉県】停電25万1500軒に

台風15号の影響による千葉県の大規模停電で、東京電力パワーグリッドは12日、市原市や南房総市などで約25万1500軒(午後11時現在)の停電が続いていると発表した。全面復旧は13日以降の見通しとしている。千葉市など3市と市原市の一部の計約3万軒は12日午後6時の復旧を見込んでいたが、同日午後11時現在、停電は解消していない。

同社によると、市原市で約2万4200軒、南房総市で約1万8200軒など、県中央部から南部を中心に停電している。12日朝の時点では約33万6300軒だった。

同社は12日朝までに全ての現場の被害確認を終えた。南房総市の住宅街では、日が暮れた後も作業員が投光器の明かりを頼りに、重機を使って倒れた電柱の撤去にあたった。《読売新聞》

台風15号による停電では、広範囲で携帯電話が使えなくなるなど、住民の生活基盤がマヒする事態が発生。いまも復旧のめどが立たないなど、混乱が続く。

携帯電話は、携帯各社の電波を飛ばす基地局への電力供給が途絶え、千葉県内で不通のエリアが出た。各社は移動基地局や電源車などを現地に投入するなど対応に追われており、ソフトバンクの担当者は「今後の復旧は東京電力の電源復旧次第だ」と話している。

また、NTT東日本によると、12日午前7時時点で千葉のアナログ電話約2万2千回線、ネットの光回線3万2千回線が不通の状況だという。同社は、全国から移動電源車をかき集め75台を配備するなどの対応を取っているとする。

コンビニエンスストアやスーパーも休業が相次ぐ。

セブン-イレブン・ジャパンによると、12日午前7時現在で千葉の数店舗が完全休業。ファミリーマートも午前8時現在で39店、ローソンは午前9時現在で55店、ミニストップは午後1時現在で11店舗が休業しているという。スーパーでは、フードマーケットカスミ八街店(千葉県八街市)が店舗前敷地で常温食材中心に販売する形態に切り替えた。イオンは千葉市内で移動販売車を巡回させ、食料品などを販売している。

停電で給油措置が動かせないため、ガソリンスタンドも営業休止を余儀なくされている。経済産業省によると、千葉県内の石油元売り系列のスタンド900店舗のうち12日昼段階で約120店が営業できていないという。地方銀行にも影響。千葉銀行では12日午前8時現在、県内16カ所に設置してある現金自動預払機(ATM)が休止。店舗設備が一部損壊した鋸南支店(千葉県鋸南町)など3店舗は営業再開のめどが立っていない。京葉銀行も同日午後3時現在、県内6カ所のATMが休止している。《産経新聞》

【大阪地裁】中傷のツイート転載で名誉毀損

ツイッターで第三者が投稿した自身を中傷するツイートを転載(リツイート)したことは名誉毀損(きそん)にあたるとして、元大阪府知事の橋下徹氏がジャーナリストの男性に対し慰謝料など110万円を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。末永雅之裁判長は「元の投稿をそのまま引用するリツイートは、その内容に賛同する表現行為で責任を負う」と認定し、男性に33万円の支払いを命じた。

男性は橋下氏側の提訴前に当該リツイートを削除していたが、末永裁判長はそうした事情を踏まえても、名誉毀損で慰謝料が認められるとした。

男性はインターネットメディア「インディペンデント・ウェブ・ジャーナル」代表の岩上安身氏。判決によると、岩上氏は平成29年10月、橋下氏が府知事時代に部下の府幹部を自殺に追い込んだ、とする第三者の投稿をリツイートした。岩上氏は同年12月までにリツイートを削除した。

岩上氏側は「情報提供の趣旨でリツイートしたに過ぎない」などと主張したが、末永裁判長は一般論として「何のコメントも付けずにリツイートすることは、その内容に賛同する意思も併せて示されていると理解できる」と判断。またリツイート時、岩上氏のツイッターに約18万人のフォロワーがいたとし、「一般人よりも拡散力や信用力が大きい」と述べた。《産経新聞》

【大阪地検】前堺市長を強制捜査

辞職に発展した堺市の竹山修身前市長の政治資金問題で大阪地検特捜部が12日、政治資金規正法違反容疑で告発されていた竹山氏の自宅などを家宅捜索したことが関係者への取材で分かった。押収資料を解析し、立件の可否を判断するもようだ。

竹山氏は2月の問題発覚以降、政治資金収支報告書の修正を繰り返し、4月に辞職。市長に就任した2009年以降の修正総額は2億3千万円以上となった。会計責任者だった妻らも告発されている。

竹山氏は橋下徹大阪府知事(当時)の支援を受けて初当選。その後は大阪都構想を巡り大阪維新の会と対立し13、17年の市長選では大阪維新の候補を破り当選した。《共同通信》

【共産党、れいわ新選組】協力で一致

共産党の志位和夫委員長とれいわ新選組の山本太郎代表は12日、国会内で会談し、共産党が提唱する野党連合政権の樹立に向けた「政権構想」に関する協議を始めるべきだとの考えで一致した。安倍政権による憲法9条改正に反対する方針も申し合わせるなど協力を進めることを確認した。

れいわ関係者によると、山本氏が他党党首と会談するのは7月の参院選後初めて。

両党は消費税廃止が基本方針。会談後、山本氏と共に記者会見した志位氏は、れいわ側が次期衆院選での野党共闘を重視し、消費税率を5%にいったん引き下げる譲歩案を示していることに関し「一つの選択肢だ。検討したい」と語った。《共同通信》

【第4次安倍晋三再改造内閣】始動

第4次安倍晋三再改造内閣が12日、本格始動した。首相は官邸で記者団に「ただちに現場、現場で、持ち場、持ち場で、全力を尽くしたい」と表明。新閣僚は前任者から引き継ぎを受けたほか、一部は台風15号の被災地にも足を運んだ。

小泉進次郎環境相は東京電力福島第1原発事故の被害を受けた福島県を訪れ、地元の漁協関係者や内堀雅雄知事と意見交換した。

第1原発では増え続ける汚染水浄化後の処理水が問題になっている。小泉氏は「(福島県職員が)前向きに仕事に専念できるような環境をつくる。復興相という意識のもとで、信頼を深めていきたい」と述べた。

これに先立ち、小泉氏は環境省で前任の原田義昭氏から引き継ぎを受けた。小泉氏は「さまざまな現場に行き、海外にも情報を発信していく」と述べ、今月にニューヨークで開かれる国連総会に合わせた米国出張に意欲を示した。

橋本聖子五輪相は内閣府で、前任の鈴木俊一自民党総務会長から引き継ぎを受けた。橋本氏は職員への訓示で「素晴らしい大会になるように先頭を切って全力を尽くす」と意気込んだ。

台風15号をめぐり、赤羽一嘉国土交通相は横浜市、武田良太防災担当相は千葉県で被災状況を視察した。《産経新聞》

【河野太郎防衛相】訓示

外相からの横滑りで就任した河野太郎防衛相は12日午後、防衛省で儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼を受けた後、着任式に臨んだ。幹部職員や自衛官に「厳しい安全保障環境下にあって、わが国自身の防衛体制の強化、日米同盟の強化、各国との安全保障協力の強化に全力で取り組む」と訓示した。

河野氏は、北朝鮮が弾道ミサイル技術の高度化を図っていることを挙げ、「北朝鮮の軍事動向はわが国の安全に対する重大かつ差し迫った脅威だ」と強調した。中国に関しても「わが国周辺の海空域における活動を拡大、活発化させている」と危機感を訴えた。《産経新聞》

【日経平均終値】2万1759円61銭(前日比161円85銭高)

12日の東京株式市場は米中貿易摩擦が緩和に向かうとの期待から買いが強まり、日経平均株価(225種)は8営業日続伸した。

終値は前日比161円85銭高の2万1759円61銭。東証株価指数(TOPIX)は11.44ポイント高の1595.10。出来高は約15億8230万株だった。《共同通信》

【大相撲秋場所5日目】朝乃山、初金星

大相撲秋場所5日目(12日・両国国技館)2場所連続制覇を狙う横綱鶴竜が平幕朝乃山に寄り切られ、初黒星を喫した。朝乃山は初の金星。1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は北勝富士を突き落とし、5戦全勝とした。

かど番の2大関はともに白星。豪栄道は大栄翔を引き落として4勝1敗とし、栃ノ心は友風をはたき込んで2勝目を挙げた。関脇御嶽海は小結阿炎を突き落とし、2日目から4連勝。

勝ちっ放しは貴景勝と平幕隠岐の海の2人となり、1敗は鶴竜や豪栄道ら8人。《共同通信》

【パ・リーグ】

西2―3ソ(12日) ソフトバンクが首位返り咲き

ソフトバンクが首位返り咲き。千賀が8回4安打1失点の力投で13勝目を挙げた。打線は八回にグラシアルのソロと松田宣の犠飛で2点を先制し、九回に高田のスクイズで加点。西武は九回に中村のソロで1点差としたが及ばなかった。

日4―2楽(12日) 日本ハムが逃げ切る

日本ハムは一回に大田の19号2ランで先制し、三回に西川の適時二塁打と中田の犠飛で加点した。その後は攻めあぐねたが、7人の継投で逃げ切った。3番手の西村が今季初勝利を挙げ、秋吉は23セーブ目。楽天は美馬が序盤に崩れた。

【セ・リーグ】

広3―2中(12日) 堂林がサヨナラ打

広島がサヨナラ勝ちし、3カード連続で勝ち越した。2―2の九回1死一、二塁で堂林が決勝の適時打を放った。救援のフランスアが7勝目を挙げた。六回に堂上の2点打で追い付いた中日は、藤嶋が踏ん張れなかった。

巨8―5D(12日) 丸が2本塁打

巨人は一回に丸の適時打などで2点を先制し、3―1の四回に丸、岡本の連続本塁打で3点を加えた。八回にも丸の2ランでリードを広げた。田口が六回から2回無失点と好投して流れを渡さなかった。DeNAは投手陣が崩れた。

神2―12ヤ(12日) ヤクルトが大勝

ヤクルトが大勝した。一回に山田哲の二塁打とバレンティンの2ランで3点を先制し、四回には5点を加えた。八回にも4得点で突き放した。山田大が七回途中2失点で5勝目。阪神は先発の高橋遥が4回8失点と誤算だった。

【自民党・宮川典子衆院議員】死去

自民党衆院議員の宮川典子氏が12日午後8時25分、乳がんのため、東京都内の病院で死去した。40歳。葬儀・告別式は未定。

宮川氏は昭和54年、山梨県生まれ。慶大卒業後、母校である山梨学院大付属中学・高校の教師、松下政経塾などを経て平成24年12月の衆院選に山梨1区から出馬し初当選。29年8月から昨年10月まで文部科学政務官を務めた。

女性の政治進出にも取り組み、国政選挙や地方議会選の候補者数をできる限り男女均等にするよう政党などに努力義務を課す「政治分野の男女共同参画推進法」の成立にも尽力した。

29年10月の衆院選では比例南関東ブロックの単独1位で3選を果たした。宮川氏の死去により、自民党の同ブロック名簿の次点が近く繰り上げ当選する見通し。《産経新聞》



9月12日のできごと

シェアする

フォローする