令和91日目

2019/07/30

【ディープインパクト】死す

中央競馬で2005年に無敗で皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシック3冠を達成し、GIレースで7勝するなど活躍した名馬ディープインパクトが30日、死んだ。北海道安平町の社台スタリオンステーションが発表した。

それによると、痛めていた頸部の手術を28日に受け、術後も安定していたが、翌29日の午前中に突然、起立不能に陥った。懸命な治療を行ったものの、30日早朝に行ったレントゲン検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから、安楽死の措置が取られたという。

競走馬としての成績は武豊騎手とのコンビで日本で13戦12勝、GIレースは7勝。06年にはフランスの凱旋門賞に出走して3着に入ったが失格となった。その後、ジャパンカップ、有馬記念を制して引退した。

07年からは種牡馬として有力馬を送り出し、昨年まで7年連続種牡馬ランキングで1位だった。日本のみならず、イギリスやフランスでもGI馬に輝いている。今年の種付けを行っていたが、3月に頸部に痛みを発症して中止していた。《産経新聞》



【NHK】受信料支払わないのは違法、公式サイトに警告文

NHKは30日、公式サイトに「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題する警告文を掲載、受信設備があるのに受信料を支払わないのは違法だと告知した。

文書では「このところ、『NHKを見なければ受信契約はしなくていい、受信料は支払わなくてもいい』と発言する人たちがいます」と問題視した上で、こうした主張に対し「明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります」と記している。

受信料を払った人だけがNHKを視聴できるスクランブル放送の実現を公約に掲げた「NHKから国民を守る党」(N国党)が参院選でNHKを批判して比例代表で1議席を獲得したが、NHKは警告文を「特定の誰かを念頭に置いたものではない」と説明。「見なければ受信契約はしなくていい」という趣旨の発言が最近頻繁に聞かれるとして「この機会に改めてお知らせした」としている。

NHKの石原進経営委員長は参院選後、N国党の「スクランブル化」の主張に対し、「一見合理的に見えるが、分け隔てなく見られるようにする公共放送の理念とは矛盾し、問題がある」などと述べていた。《産経新聞》

【渡辺喜美参院議員】N国党と統一会派

参院議員(無所属)の渡辺喜美・元行政改革相は30日午前、国会内で記者会見し、8月1日召集の臨時国会で、NHKから国民を守る党と参院で統一会派を組むと発表した。新会派の名称は「みんなの党」で、代表は渡辺氏が務める。

N国の参院議員は立花代表のみで、新会派の所属議員は2人となる。渡辺氏は過去に新会派と同じ名称の政党「みんなの党」で代表を務めたことがある。

渡辺氏は記者会見で、「立花氏から会派結成の打診があった。(日本を)輝ける成長国家にするのが私のミッション(使命)だ」と語った。《読売新聞》

【大阪市・松井一郎市長】NHK受信料に言及

参院で初議席を得た「NHKから国民を守る党」(N国党)と無所属の渡辺喜美・元行政改革担当相が新会派を結成したことに絡み、日本維新の会を率いる松井一郎・大阪市長は30日、市役所で記者団を前に「NHKが現職国会議員の受信料不払いを認めるなら、大阪市もやめさせてもらう」と語った。

放送のスクランブル化などを主張しているN国党をめぐっては、維新を除名された丸山穂高衆院議員が入党することで合意。同じく維新を除名となった渡辺氏が30日、N国党側と会派を組むことを発表した。

こうした動きを踏まえ、松井氏は「現職議員でごねて(受信料を)払わないと表明している。それを(NHKが)見て見ぬふりをし、おとがめなしで通るなら、一般の人はばからしくて受信料払われへん」と不快感を示した上で、N国党側の不払い方針にNHKが見解を表明し、徴収手続きに入らないのであれば、大阪市としても今後は受信料を支払わないと明言した。

維新は参院選のマニフェストでNHK改革を掲げ、公共性の高い分野の無料化や、一部スクランブル化を主張している。《産経新聞》

【メルカリ】J1・鹿島の経営権を取得

フリーマーケットアプリ大手のメルカリは30日、サッカーJ1鹿島アントラーズの経営権の取得を発表した。鹿島の発行株式の72・5%をグループで保有する日本製鉄から61・6%の株式を約16億円で譲渡を受ける契約を締結。同日のJリーグ理事会で承認された。メルカリは株式譲渡が完了する8月末をめどに新体制を発足させ、経営をスタートさせる。

譲渡後の持ち株比率は、メルカリ61・6%▽日本製鉄11・0%▽地方自治体10・8%▽その他16・6%-となる。

茨城県鹿嶋市に本拠を置く鹿島はリーグ最多8度の優勝を誇り、昨年にはアジア・チャンピオンズリーグも制した国内屈指の強豪チーム。メルカリは鹿島を通じて、サービス利用者の少ない男性や40代以上の層への浸透を図りたい考えで、鹿島の本拠であるカシマスタジアムで同社が提供する決済サービス「メルペイ」を導入していくという。

東京都内で記者会見に臨んだメルカリの小泉文明社長は「鹿島は成功の象徴。ビジネス面でチャレンジして資金を獲得し、チームを強化する。鹿島の伝統あるブランドでメルカリのブランド力も上げたい」と述べた。《産経新聞》

【パ・リーグ】

西5―2ソ(30日) 今井が6勝目

西武は0―1の四回に森、栗山の適時打などで3点を奪い逆転。七回は失策の間に2点を加えた。今井は6回3安打2失点にまとめ、自己最多の6勝目を挙げた。ソフトバンクは打線が振るわず、守備のミスも響いた。

ロ4―1オ(30日) 岩下が5勝目

ロッテが3連勝した。三回に鈴木の適時打で先制し、五回にマーティンのソロで加点。七回にマーティン、鈴木の連続適時二塁打で2点を加えた。岩下は七回途中1安打1失点で5勝目。オリックスは打線が内野安打1本に終わった。

日0―2楽(30日) 弓削、完封でプロ初勝利

楽天は二回に下水流の移籍後初本塁打となる2ランで先制した。ルーキー弓削は散発2安打1四球で4三振を奪い、101球で完封し、プロ初勝利を挙げた。日本ハムは4連勝後に2連敗。打線が序盤に攻めきれず零敗を喫した。《共同通信》

【セ・リーグ】

神7―6中(30日) ソラーテが逆転サヨナラ弾

阪神が逆転サヨナラ勝ち。五回に2点本塁打を放ったソラーテが、5―6の九回に殊勲の2ランを打ち込んだ。中日戦の連敗を7で食い止めた。九回を0点で抑えた浜地がプロ初勝利。15安打の中日は岡田が痛打された。

D6―2ヤ(30日) 上茶谷が6勝目

DeNAは2―2の五回にソトとロペスの適時打で2点を勝ち越し、八回は伊藤光の適時打などで突き放した。上茶谷は7回を3安打2失点にまとめ、自身6連勝で6勝目を挙げた。ヤクルトはブキャナンが粘れず、4連敗を喫した。

巨8―5広(30日) 山口が11勝目

14安打の巨人が広島戦の連敗を3で止めた。一回に亀井が先制打で、三回はゲレーロが2点二塁打。4―1の六回は若林の一発などで3点を加えた。山口が7連勝で自己最多に並ぶ11勝目。広島は追い上げ及ばず、9連勝でストップ。《共同通信》

【巨人・原辰徳監督】通算1000勝

巨人の原辰徳監督が30日、東京ドームで行われた広島15回戦に8―5で勝ち、プロ野球史上13人目の通算1000勝を達成した。監督通算13年目で、1000勝751敗57分け。歴代1位は南海(現ソフトバンク)を率いた鶴岡一人の1773勝。巨人では1066勝の川上哲治、1034勝の長嶋茂雄に次いで3人目。

22日に61歳となった原監督は巨人で2002、03年と06~15年に指揮を執り、今季から3度目の監督に就任した。これまで7度のリーグ優勝、3度の日本一を達成した。《共同通信》

【日本バスケットボール協会】W杯代表候補を発表

日本バスケットボール協会は30日、中国で8月31日に開幕する男子ワールドカップ(W杯)の日本代表候補を発表し、米プロNBAのドラフト1巡目指名を受けた八村(ウィザーズ)や昨季NBAにデビューした渡辺雄(グリズリーズ)、Bリーグ初代得点王のファジーカス(川崎)らが名を連ねた。

Bリーグ王者A東京の馬場、田中や比江島(宇都宮)も選ばれた。代表合宿中に右手を骨折した富樫(千葉)は外れた。代表候補選手は東京都内で記者会見し、八村は「チームに入れて光栄。W杯へ向けて一丸となってやっていく」と笑みを浮かべながら話した。《共同通信》

【日経平均終値】2万1709円31銭(前日比92円51銭高)

30日の東京株式市場は企業業績の持ち直しへの期待が先行し、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに反発した。日銀の金融政策決定会合は、金融緩和の強化策を見送ったことが失望を招いた半面、経済失速時に追加措置を行う方針を示したことは安心材料となり、受け止めは交錯した。

終値は前日比92円51銭高の2万1709円31銭。東証株価指数(TOPIX)は7.01ポイント高の1575.58。出来高は約11億4千万株。

2019年4~6月期決算発表では、平均株価への影響度が大きい工作機械などの銘柄はさえない業績だったが「悪材料が出尽くした」(資産運用会社)と解釈された。

【岐阜県多治見市】37.1度

列島は30日、高気圧に覆われて晴れ、岐阜県多治見市で最高気温37.1度を観測した。全国926観測点中、30度以上の真夏日が777地点、うち35度以上の猛暑日は88地点に上り、ともに今年最多を更新した。気象庁は体調管理に十分注意するよう呼び掛けた。

気象庁によると、各地の最高気温は、埼玉県熊谷市と京都市で36.8度、愛知県大府市で36.5度に達した。大阪市は34.8度、福岡市は34.4度、東京都心部は33.6度、札幌市と仙台市は33.5度だった。熱中症とみられる症状で救急搬送される人が増え、死亡者も出た。《共同通信》

【安倍晋三首相】内閣改造「8月はない」

安倍首相(自民党総裁)は30日の党役員会で、内閣改造・党役員人事について「8月中に行うことはない。しっかりと英気を養っていただきたい」と述べた。稲田朋美筆頭副幹事長が党役員会後の記者会見で明らかにした。首相は、8月下旬から9月上旬にかけての外交日程などを考慮し、9月前半に人事を行う方針だ。

内閣の要である菅官房長官や麻生副総理兼財務相の続投が有力視される一方、二階幹事長や岸田政調会長の処遇が注目されている。《読売新聞》



7月30日のできごと