2019 平成31年3月21日(木)のできごと(何の日)

平成11030日目

平成31年3月21日(木)春分の日

2019/03/21

【イチロー外野手】現役引退を表明

日本プロ野球と米大リーグでプレーし、今季で通算28年目のシーズンを迎えていたマリナーズのイチロー外野手(45)が21日、現役引退を表明した。アスレチックスとマリナーズが対戦した「2019 MGM MLB 開幕戦」(読売新聞社など主催)の終了後、東京都内で記者会見を開き、「今日のゲームを最後に、現役生活に終止符を打つことになった」と述べた。

引退を決断したのは、帰国の数日前だったと明かしたうえで、「日本(での2試合)でプレーするところまでが契約上の予定だった。キャンプ終盤でも結果を出せず、それを覆すことができなかった」と語った。

28年に及んだ現役生活で貫いたのは、「野球のことを愛したことだと思う」と話し、「結果を出すために自分なりに頑張ったということは言える。それを重ねることでしか、後悔を生まないようにはできない」と振り返った。21日の試合については「やっぱり一本、ヒットを打ちたかったし、期待に応えたかった」としたが、球場に詰めかけたファンの大歓声を浴び、「あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」と笑顔を見せた。

1992年、愛知・愛工大名電高からドラフト4位でオリックスに入団。94~2000年に7年連続首位打者となり、00年オフにポスティングシステムを利用してマリナーズに移籍した。大リーグは通算19年目で、21日までに3089安打、117本塁打、780打点、打率3割1分1厘。日米通算では、ピート・ローズの大リーグ記録4256安打を上回る4367安打を記録した。《読売新聞》




【イチロー外野手】声援に応える

米大リーグ(MLB)の公式戦「2019 MGM MLB 開幕戦」は21日、東京ドームで第2戦が行われ、アスレチックスとマリナーズが対戦。マリナーズは菊池が先発し、イチローは「9番・右翼」でスタメンに名を連ねた。

菊池は一回、2番打者から空振りの三振を奪うなど三者凡退に抑えた。

イチローは二回の打席で三邪飛に倒れた。

菊池は五回に3安打で1点を失い、この回の途中で降板した。

イチローは七回に三振、八回は遊ゴロ。裏の守備に一度ついた後、交代を告げられ、ファンの声に手を挙げ、チームメートが出迎えるベンチに下がった。

試合は延長戦に入り、十二回にマリナーズが併殺崩れの間に1点を勝ち越し、裏のアスレチックスの攻撃を封じ、5―4で開幕2連勝を飾った。

イチローは試合後、グラウンドに出て笑顔でナインを出迎え、ベンチ裏に下がったが、スタンドに残った大勢のファンがイチローコールを続ける中、約20分後に再び姿を現し、グラウンドをまわって声援にこたえた。《読売新聞》

【中国・習近平国家主席】ローマ到着

中国の習近平国家主席が21日、専用機でローマに到着した。26日までの日程でイタリアのほか、モナコ、フランスを訪問する。中国国家主席のイタリア訪問は2009年の胡錦濤国家主席(当時)の訪問以来、約10年ぶり。

習氏はイタリアで22日にマッタレッラ大統領と会談するほか、23日にはコンテ首相との会談を予定している。イタリアとの間で中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する覚書を交わす見通しで、イタリアは先進7カ国(G7)で初めて一帯一路に参加することになる。《共同通信》

【韓国教育省】教科書の徴用工写真訂正へ

韓国教育省は21日、小学6年生の社会の国定教科書に、戦時中に日本で働かされた徴用工として掲載した写真が、徴用工とは無関係だったとして「速やかに訂正する」と明らかにした。

教科書には、1937年に日中戦争が始まった後、日本が「わが国の国民たちを武器工場で働く労働者や軍人として強制動員した」との記述とともに「強制労役に動員されたわが民族」との説明をつけた労働者の写真が掲載された。

しかし、教育省によると、この写真は26年に北海道の地方新聞が労働者の虐待を報じた際に掲載したもので、朝鮮半島出身との記述もなかったため、無関係と判断した。《共同通信》

【セブン―イレブン】直営10店で時短実験

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは21日から22日にかけて、24時間営業見直しに向けた実験を直営10店舗で行い、東京都足立区の店舗の様子を報道関係者に公開した。

足立区の店舗は「セブン―イレブン本木店」。従来は24時間営業だが、22日は午前1時に閉店すると、看板の照明が消え、駐車場が閉鎖されるなど普段と違う光景が見られた。早朝は午前5時に開店する。セブン―イレブンはほかに、午前7時~午後11時、午前6時~翌日の午前0時という2通りの営業時間を設定し、収益への影響などを検証する。《共同通信》

【自由朝鮮】金正日氏らの肖像画を床に

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権打倒を訴える反体制組織「自由朝鮮」が21日未明(日本時間)、金日成(キムイルソン)主席と金正日(キムジョンイル)総書記の肖像画が床にたたきつけられる動画をホームページ上で公開した。動画は北朝鮮国内で撮影された可能性がある。この組織は米韓の情報機関との接点も取り沙汰されており、北朝鮮は神経をとがらせているとみられる。

「祖国の地で」の字幕で始まる34秒間の動画には、壁に掲げられた2人の肖像画が床にたたきつけられる様子が収められ、「金日成、金正日、金正恩の神格化を打倒する」「祖国のために我々は立ち上がる。自由朝鮮万歳」の字幕が続く。

この組織は当初、「千里馬民防衛」と名乗っていたが、3月1日に「自由朝鮮」に改称し、金正恩政権打倒を目指す「臨時政府」の発足をソウルで宣言した。《共同通信》

【台湾・蔡英文総統】南太平洋歴訪

台湾の蔡英文総統は21日午後、外交関係のある南太平洋の島しょ国パラオ、ナウル、マーシャル諸島歴訪のため台北を出発した。台湾独立志向の民主進歩党(民進党)政権への不信を強める中国は、台湾の友好国に断交を迫るなど孤立化を推進。台湾は外交関係の維持、強化を図る。28日までの日程で、帰途に米ハワイへ立ち寄る。

外遊は「海洋民主の旅」と命名。民主主義を共有する国と連携を強化し一党独裁の中国をけん制する思惑がにじむ。

2016年5月の蔡政権発足後、台湾(中華民国)と外交関係を持つ国数は22から17まで減少。蔡総統は17年にマーシャル諸島などを歴訪した。《共同通信》

【大阪府知事選】一騎打ちに

大阪府知事選が21日告示され、自民党が推薦する無所属新人の元副知事小西禎一氏(64)と、政治団体・大阪維新の会新人の前大阪市長吉村洋文氏(43)の一騎打ちが確定した。吉村氏と大阪維新代表の松井一郎知事は大阪都構想の推進を掲げて辞職願を提出、立場を入れ替えて知事、市長のダブル選を仕掛けた。こうした手法も争点となりそうだ。市長選は24日に告示され、ともに4月7日に投開票される。

府議選、市議選も同日投開票で、2025年の大阪・関西万博や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致への取り組みを巡る論戦も予想される。《共同通信》




3月21日のできごと

シェアする

フォローする