2018 平成30年8月26日(日)のできごと(何の日)

平成10823日目

平成30年8月26日(日)

2018/08/26

【台湾】南部で大雨

台湾南部は熱帯低気圧による大雨に見舞われ、政府の中央災害対応センターによると、26日までに7人が死亡、100人以上が負傷した。1200カ所以上で浸水し、軍が出動して被災者の救助などにあたった。

23日からの雨量は嘉義県、台南市などでは1日当たり500ミリを超え、台湾当局は100年に1度の規模の大雨としている。蔡英文総統や頼清徳行政院長(首相)は26日までに被災地を視察し、被災者を見舞った。《共同通信》




【野球・U18アジア選手権】日本代表が会見


https://www.youtube.com/

野球の18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が26日、東京都内で記者会見し、夏の甲子園大会で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手は「全員でコミュニケーションを取りながら、優勝を目指して頑張りたい」と抱負を語った。

甲子園大会の6試合で計881球を投じた右投手は、疲労回復を最優先させている。日の丸のユニホームを身にまとい「自覚と責任を持ってやりたい」と話した。

主将を務める大阪桐蔭の中川卓也選手は「国を代表して戦う重みを、力に変えてやっていく」と意気込みを述べた。《共同通信》

【日本列島】猛暑続く

日本列島は26日、高気圧に覆われ、関東地方を中心に気温が上がり、全国927の観測地点のうち160地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。27日も厳しい暑さが予想され、気象庁はこまめに水分をとり、熱中症に注意するよう呼びかけている。

同庁によると、26日の最高気温は群馬県伊勢崎市39度、埼玉県越谷市38・8度、茨城県古河市38・5度などを記録。38・7度となったさいたま市は8月の最高気温を更新した。東京都心も36度まで気温が上昇し、2日連続の猛暑日となった。都心で猛暑日を記録したのは今年10日目。

27日も名古屋市で37度、東京都心で36度、大阪市や福岡市でも35度になる見込みで、九州から関東にかけて広い範囲で厳しい残暑が続きそうだ。《読売新聞》

【北朝鮮】拘束した日本人を追放へ

北朝鮮に渡航した日本人が現地当局に拘束された問題で、朝鮮中央通信は26日、「日本人観光客、スギモト・トモユキを追放することにした」と報じた。「法に違反して摘発されたが、人道主義の原則に従って寛大に許した」としている。

日本政府関係者によると、日本人は映像製作の仕事に関わる滋賀県出身の39歳男性とみられる。男性は外国の旅行会社が企画したツアーで北朝鮮を訪れたといい、過去にも北朝鮮に渡航していたとの情報がある。

北朝鮮では元新聞記者が1999年にスパイ容疑で拘束され、約2年間抑留された例がある。日本外務省は対北朝鮮制裁の一環として、全国民に北朝鮮への渡航自粛を要請している。《産経新聞》

【アジア大会・陸上男子100メートル】山県亮太選手が銅

ジャカルタ・アジア大会第9日(26日)陸上の男子100メートル決勝で日本選手団主将の山県亮太(セイコー)が10秒00で銅メダルだった。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は準決勝で落選。十種競技で右代啓祐(国士舘ク)が2連覇した。

2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングは女子複合で野口啓代(TEAM au)が金メダルを獲得した。ゴルフは男子個人の中島啓太(東京・代々木高)が優勝、団体も日本(中島、金谷、今野、米沢)が5大会ぶりに制した。

総合馬術は団体で日本が2大会ぶりに金メダルを獲得。個人は大岩義明(nittoh)が3大会ぶりに優勝した。《共同通信》

【自民党・岸田文雄政調会長】3年後の総裁選出馬に意欲

自民党総裁選(9月7日告示−20日投開票)への出馬を見送った岸田文雄政調会長は26日、3年後に予定される党総裁選に向けて、「ぜひ手を挙げたい」と出馬へ意欲を示した。群馬県内で行われた山本一太参院議員主催の集会にゲストとして参加し、発言した。

岸田氏は、今回の総裁選に出馬せず、3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の支持を決めた理由について、「外交、経済、こういった課題を考えると今、総理大臣を替えることが国益に沿うのか。国益を考えるのならば、今は安倍総理に今しばらく頑張ってもらわなければならない」と改めて説明。

その上で、党総裁任期が党則で「連続3期9年」と定められていることから、3年後の総裁選に言及した。《産経新聞》

【安倍晋三首相】自民党総裁選出馬を表明


https://www.youtube.com/

安倍晋三首相(自民党総裁)は26日午後、視察先の鹿児島県垂水市で、党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への立候補を正式に表明した。記者団に「あと3年、日本のかじ取りを担う決意だ」と述べ、連続3選を目指す意向を示した。一方、野田聖子総務相は立候補を見送る方向となり、既に出馬会見を済ませた石破茂元幹事長と首相による一騎打ちの構図が固まった。総裁選は2012年以来6年ぶりの選挙戦となる。

憲法改正や地方創生、アベノミクス、官邸主導の政権運営の在り方などを争点に議論が交わされそうだ。政策関連の記者会見は9月7日に行う予定だ。《共同通信》

【ニール・サイモンさん】死去

ニール・サイモン氏(米劇作家、脚本家)米メディアによると、26日、肺炎の合併症のためニューヨークの病院で死去、91歳。

27年、ニューヨーク・ブロンクス生まれ。米ブロードウェーで多くの人気コメディー作品を生み出した。60年代の作品「おかしな二人」や「裸足で散歩」は、映画やテレビドラマにもなった。優れた演劇作品に贈られるトニー賞をたびたび受賞した。《共同通信》

8月26日のできごと

シェアする

フォローする