2018 平成30年4月28日(土)

平成10703日目

平成30年4月28日(土)

2018/04/28

【プロ野球・広島】衣笠祥雄さんを追悼

プロ野球広島は28日、23日に上行結腸がんのために71歳で死去した球団OBの衣笠祥雄さんへ哀悼の意を表すため、広島市のマツダスタジアムでの阪神戦で喪章をつけ、試合前に黙とうした。球場に駆けつけた多くのファンは「鉄人」と呼ばれ、黄金期を築いた功労者との別れを惜しんだ。

半旗が掲げられた球場でチームは試合前練習を行った。2215試合連続出場のプロ野球記録を持つ故人への手向けに、主砲の鈴木誠也外野手は「衣笠さんはフルスイングが魅力だった。僕もきょうはフルスイングで打席を迎えたい」と意気込んだ。選手会長の会沢翼捕手は「カープらしい野球をすることがいい供養になる」と偉大な先輩に奮闘を誓った。《産経新聞》




【フィリピン政府】マニラの慰安婦像を撤去

フィリピンの華人団体などが首都マニラに昨年12月に設置した、日本軍占領下(1942~45年)の慰安婦を象徴するという女性像が、台座ごと撤去されたことが28日、分かった。

マニラの日本大使館によると、フィリピン政府が27日、女性像を撤去すると同大使館に連絡した。日本政府はこれまで女性像設置に「遺憾」を表明し、フィリピン政府に対し、唐突に設置された経緯などを明らかにするよう求めてきた。

女性像は、マニラ市が管轄する、マニラ湾に面した遊歩道に建てられていた。産経新聞が助手を通じて28日朝に現地を確認したところ、設置されていた場所には穴があき、横約2メートル、縦約10メートルの範囲が、フェンスやビニールシートで覆われていた。周囲には、像や重機などは見当たらなかった。《産経新聞》

【米・トランプ大統領】韓国・文在寅大統領と電話会談

韓国大統領府は6月上旬までに開催が見込まれる米朝首脳会談に向け、両国仲介の役割を加速させる方針だ。文在寅大統領は28日、トランプ米大統領と電話会談した。トランプ氏がツイートした。文氏は27日の南北首脳会談の内容を説明し、北朝鮮の非核化実現へ環境整備を図ったとみられる。南北は5月中の軍当局者会談開催で合意しており、韓国は多様な分野で対話を続けて北朝鮮と信頼関係を深め、緊張の再燃阻止を目指す。

韓国大統領府によると、電話会談は約1時間15分だった。内容は29日午前9時(日本時間同)に発表するとした。《共同通信》

【安倍晋三首相】米・トランプ大統領と電話会談

安倍晋三首相は28日夜、米国のトランプ大統領と電話会談した。トランプ氏が米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起する方針を示したことを踏まえ、拉致問題の解決に向けて北朝鮮に働き掛ける方針で一致した。27日の南北首脳会談を受け、北朝鮮の動向を注視することも確認。ただ首相を含め、日本側はトランプ氏との電話会談での拉致問題に関する詳しい説明は避けた。首相は29日に韓国の文在寅大統領から直接説明を受ける。

日米首脳電話会談は米韓電話会談が終わった後に行われ、首相はトランプ氏を通じて韓国側の説明を聞く形となった。《共同通信》

【竹本住太夫さん】死去

人形浄瑠璃文楽の太夫で文化勲章受章者、人間国宝の竹本住太夫さんが28日午後2時42分、肺炎のため大阪市の病院で死去した。93歳。大阪市出身。

六代目竹本住太夫の養子。1946年、二代目豊竹古靱太夫(後の豊竹山城少掾)に入門し、豊竹古住太夫、九代目竹本文字太夫を経て85年、七代目住太夫を襲名した。89年に人間国宝認定。14年に文楽界で初めて文化勲章を受章した。《共同通信》

4月28日/のできごと