平成10690日目

2018/04/15

【ボクシング・村田諒太選手】初防衛に成功

ボクシングのダブル世界戦が15日、横浜アリーナで行われ、2012年ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)に8回2分56秒でTKO勝ちし、初防衛を果たした。鋭い左ジャブなどで序盤から重圧をかけ、優位に進めた。

Embed from Getty Images

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級では体重超過で王座剥奪となった比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が同級2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回1分14秒TKOで敗れた。プロ初黒星で16試合連続KO勝利の日本新記録はならなかった。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【ゴルフ・小平智選手】米ツアー初優勝

米男子ゴルフツアーのRBCヘリテージは15日、サウスカロライナ州のハーバータウン・リンクス(パー71)で最終ラウンドが行われ、28歳の小平智が米ツアー初優勝を飾った。

日本人の米ツアー優勝は、青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に続き5人目。 12位から出た小平は7バーディー、2ボギーの66とスコアを伸ばし、通算12アンダーで並んだキム・シウ(韓国)とのプレーオフを制した。《読売新聞》

【競馬・第78回皐月賞】7番人気エポカドーロがV

競馬・第78回皐月賞(GI)(15日・中山)――先行集団を見る形で進んだ7番人気のエポカドーロが、残り約100メートルで先頭に立って押し切った。

重賞初勝利をGIで飾り、今年の3歳馬が初年度産駒となる父オルフェーヴルとの父子制覇を達成した。藤原英昭調教師(栗東)と戸崎圭太騎手は皐月賞初優勝。1番人気のワグネリアンが7着に沈むなど人気馬が総崩れで、3連単は37万円の波乱となった。《読売新聞》

【東京ディズニーランド】開園35周年

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)が15日、開園35周年を迎え、記念式典が開かれた。ミッキーマウスなど人気キャラクターが勢ぞろいし、来園者と一緒に祝福した。

式典はグッズ店などが並ぶワールドバザールで開催。運営会社オリエンタルランドの加賀見俊夫会長は、1983年の開園初日にこの日と同じように雨が降ったことに触れ「35年前を思い出した。新たな夢に向け、次なるディズニーを皆さんと共につくり上げたい」とあいさつ。ミッキーやミニーマウスが音楽に合わせて踊り、花を添えた。《共同通信》

【河野太郎外相】中国外相と会談

河野太郎外相は15日午後、中国の王毅国務委員兼外相と東京都内で会談し、安倍晋三首相の訪中と習近平国家主席の来日による首脳往来を推進させる考えで一致した。北朝鮮による核・ミサイル廃棄を実現させるため、国連安全保障理事会の制裁決議を完全に履行し、日中が緊密に連携する重要性を確認。河野氏は日本人拉致問題の解決に向けた協力を要請した。

両外相は、中国の李克強首相が出席して5月に東京で開催する日中韓3カ国首脳会談の調整を加速する方針も確認した。首脳往来推進と合わせ、日中関係改善の流れを強める。王氏の来日は2016年8月の日中韓外相会談以来。《共同通信》



4月15日 その日のできごと(何の日)