平成10689日目

2018/04/14

【米英仏】シリアを軍事攻撃

米英仏3カ国は、シリアへの軍事攻撃を現地時間の14日行った。3カ国が発表した。トランプ米大統領は米東部時間の13日夜、国民向け演説で、シリアのアサド政権が首都ダマスカス近郊東グータ地区で化学兵器を使い市民を殺傷したと断定し報復攻撃を命令したと表明。化学兵器関連施設を標的とした。ダマスカスでは14日早朝、巡航ミサイルとみられる飛行音と、地響きを伴う爆発音が複数回聞かれた。

トランプ政権によるシリアへの軍事攻撃は、昨年4月に続き2度目で、首都も対象とした。《共同通信》



【シリア・アサド政権】東グータを完全制圧

シリア人権監視団(英国)によると、首都ダマスカス近郊の反体制派拠点だった東グータ地区のうち、武装組織「イスラム軍」が最後まで残っていたドゥーマで14日、ロシア軍とアサド政権による支配が確立した。東グータは完全制圧された。

反体制派は回復不能の打撃を受けた。米軍による支援を求め続けた反体制派にとって、米英仏のシリア攻撃の日に主要拠点が陥落するという皮肉なタイミングとなった。

ドゥーマでは、今回の攻撃の根拠とされた化学兵器攻撃が7日にあったとされる。政権側の完全制圧を受け、近く化学兵器禁止機関(OPCW)が現地調査を実施する見通し。《共同通信》

【安倍晋三首相】米英仏決断を支持

安倍晋三首相は14日、米英仏3カ国によるシリア攻撃について「化学兵器の使用は断じて容認できない。化学兵器の拡散と使用を許さないとの米英仏の決意を支持する」と表明した。北朝鮮の核・ミサイル開発問題への連携対処や日米同盟強化の観点から、トランプ米大統領との協調を維持する必要があると判断した。国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合を官邸で開催し、シリア情勢の動向などを分析。今後も情報収集に全力を挙げる方針を確認する。

首相は大阪市内で記者団の質問に答えた。首相の発言は、米軍が昨年4月にシリアを巡航ミサイルで攻撃した際の見解を基本的に踏襲した。《共同通信》

【北海道中標津町】震度5弱

14日午前4時ごろ、北海道中標津町で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は根室半島南東沖で、震源の深さは約53キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。津波はなかった。この地震で緊急地震速報が発表され、政府は官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

北海道警などによると、けが人や建物への被害は確認されていない。JR根室線の一部では線路の点検に伴い、列車4本が運休や部分運休した。

気象庁は14日、記者会見し、太平洋プレート内部で北西―南東方向に張力軸を持つ正断層型の地震との見方を示した。《共同通信》

【愛知県】震度4

14日午後3時13分ごろ、愛知県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は愛知県西部で震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4.6と推定される。津波の心配はない。地震の影響で、東海道新幹線が浜松―米原間で約10分間運転を見合わせ、上下線の一部に遅れが出た。愛知県によると、幸田町立図書館の2階のガラスが割れ、吹き抜けになったフロアの1階で本を読んでいた男性が、破片で手を切る軽傷を負った。《共同通信》

【グラン・ツール・せとうち2018】受刑者脱走で中止に

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者のA容疑者(27)が脱走した事件を受け、14、15日に予定されていた自転車イベント「グラン・ツール・せとうち2018」を中止したと、主催者の広島テレビ放送が14日発表した。

コースとなっていた広島県尾道市・向島に、8日夜に脱走したA容疑者が潜伏しているとみられ、不測の事態や警察の捜索が続いていることなどを考慮した。約1800人が参加予定だった。

イベントは尾道市と今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)とその周辺を自転車で巡る。《共同通信》

【ボクシング・比嘉大吾選手】王座剥奪

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=が14日、東京都内で行われた3度目の防衛戦(15日・横浜アリーナ)の前日計量で制限体重をクリアできず、王座を剥奪された。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、世界戦で日本選手が計量に失敗するのは初めて。

WBC、両陣営は試合を実施する意向だが、15日午前8時の計量で比嘉選手が55・3キロをオーバーした場合は中止になる。試合が行われてクリストファー・ロサレス選手(23)=ニカラグア=が勝てば王座獲得。引き分けか負けならば王座は空位になる。比嘉選手がKO勝ちすれば、日本新記録の16試合連続KO勝利は認められる。

フライ級の制限体重は50・8キロで1回目は51・7キロ。2時間の猶予を与えられたが、再計量はしなかった。比嘉選手の所属ジムの具志堅用高会長は「ファンに大変申し訳ない。選手を信用していた。まさかという気持ち」と深々と頭を下げた。《産経新聞》

【体操・W杯個人総合】白井健三、村上茉愛選手がV

体操・ワールドカップ(W杯)個人総合東京大会(14日・東京体育館)――男子は昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(日体大)が6種目合計86・064点で優勝した。

同選手権代表の谷川航(順大)は84・399点で2位に入った。女子は世界選手権4位の村上茉愛(日体大)が4種目合計56・532点の高得点をマークして快勝。同選手権6位の杉原愛子(朝日生命)は6位だった。《読売新聞》

【熊本地震】発生から2年

熊本、大分両県で関連死を含め267人が犠牲となった熊本地震は14日、発生から2年を迎えた。熊本県庁で追悼式が開かれ、蒲島郁夫知事は「復興は一歩一歩、着実に進んでいる。熊本を再生し、次世代に引き継ぐことは私たちの使命だ」と述べ、復興への決意を新たにした。参列者は犠牲者を悼み、黙とうをささげた。

なお約3万8千人が仮住まいを強いられ、生活再建の土台となる住宅確保が課題となっている。

2016年4月14日午後9時26分に起きた「前震」と、同16日午前1時25分の「本震」ではいずれも最大震度7を観測した。避難者は一時19万人を超えた。《共同通信》

【小泉純一郎元首相】安倍首相の総裁3選「難しい」

小泉純一郎元首相は14日、水戸市で講演後、記者団の取材に応じ、安倍晋三首相が再選を目指す9月の自民党総裁選について「3選は難しい。信頼がなくなってきている」と述べ、森友問題や学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関する疑惑への対応を批判した。

小泉氏は森友問題について「安倍首相が『関わっていれば首相も議員も辞める』と発言したことに端を発した」と指摘。森友学園が建設を目指した小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が一時就任したことに触れ「なぜ関係ないと言えるのか」と非難した。《共同通信》

【安倍晋三首相】同窓会に出席

安倍晋三首相は14日夜、東京都内で開かれた母校・成蹊高校(東京都)の卒業45周年の同窓会に出席し、約2時間にわたり昔話に花を咲かせた。参加者によると、首相は平成18年に発足した第1次政権では約1年で退陣したことを踏まえ「前回は何て短いんだって言われたが、(24年に発足した)今回は逆に、何で長いんだって言われる」と語り、笑いを誘う場面もあったという。

森友、加計学園問題で追及を受ける中、シリア情勢への対応や17日からの訪米準備などに追われる首相。つかの間の息抜きになったようだ。《産経新聞》

【馬場元子さん】死去

十六文キックの得意技で知られ、人気プロレスラーだった故ジャイアント馬場さんの夫人で全日本プロレス社長も務めた馬場元子(ばば・もとこ)さんが14日、肝硬変のため死去した。全日本プロレスが23日、発表した。78歳。葬儀・告別式は親族のみで執り行われた。

日本のプロレス界のスターとして一時代を築いたジャイアント馬場さんを裏方で支え、1999年に馬場さんが亡くなった後は全日本プロレスの社長を務めて発展に尽力した時期もあった。《共同通信》



4月14日のできごと