平成10673日目

平成30年3月29日(木)

2018/03/29

【大相撲・貴乃花親方】2階級降格

日本相撲協会は29日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、協会に反発する行動を続けた貴乃花親方(45)=元横綱、本名花田光司、東京都出身=に2階級降格処分を下した。委員から年寄になる。親方衆の序列で、年寄は再雇用者の参与を除いて最下位。

同親方は、元横綱日馬富士関による弟子の十両貴ノ岩関への傷害事件に絡み、協会の調査を不服とし、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出。春場所で欠勤するなど物議を醸したが、弟子の十両貴公俊関による暴行問題を機に態度を一変させ、28日に告発状を取り下げた。

貴公俊関には1場所出場停止処分が科された。《共同通信》



【日本列島】80カ所で夏日

日本列島は29日、東日本、西日本を中心に高気圧に覆われ、気温が上昇した。最高気温は平年より10度前後高くなり、高いところでは6月並みの陽気に。最高気温は高知県四万十市で26・6度、静岡県川根本町と三重県松阪市で26・5度を記録するなど、沖縄・奄美を含む80カ所の観測点で25度を超える夏日になり、今年一番の暖かさとなった所も多かった。

気象庁によると、日本の東と西に中心がある高気圧に覆われ、入って来た暖かい空気が日射で暖められてさらに気温が上昇した。

北海道から中四国の計75カ所の観測点で3月の最高気温の記録に並ぶか、更新した。《共同通信》

【韓国、北朝鮮】4月27日に南北首脳会談

韓国と北朝鮮は、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談を、4月27日に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開くことで合意した。29日に開いた南北閣僚級会談の結果として韓国統一省が明らかにした。南北首脳会談は史上3回目。韓国は史上初の米朝首脳会談を前に南北関係改善のほか朝鮮半島非核化も議題とし、恒久的な平和構築に向け進展を目指す意向だ。

南北は首脳会談に先立つ4月4日、会談の進行や警護、報道対応などを調整する実務会談を行うことでも合意した。《共同通信》

【麻生太郎財務相】「日本の新聞、TPPより森友が重大」

麻生財務相は29日の参院財政金融委員会で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題に関連し、「森友の方が、TPP(環太平洋経済連携協定)11より重大だと考えているのが、日本の新聞のレベルか」と述べ、報道に対する不満を示した。

TPPの意義などについて問われた質問に対する答弁だが、決裁文書改ざん問題を軽視するような発言に批判が集まりそうだ。麻生氏の発言に対し、共産党の志位委員長は記者会見で、「改ざんを引き起こした省庁の責任者が言うのは反省がない」と非難した。

麻生氏は、今月8日に行われた米国を除く11か国によるTPPの署名式について、「茂木大臣が0泊4日でペルー往復していたが、日本の新聞には一行も載っていなかった」とも批判した。しかし、読売新聞をはじめ、主要各紙は署名式を大きく報じており、事実とは異なる。署名式の開催地もペルーではなく、チリの首都サンティアゴだった。《読売新聞》

【日経平均終値】2万1159円08銭

29日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は、前日比127円77銭高の2万1159円08銭だった。東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は4・44ポイント高い1704・00。《読売新聞》

【徳島市観光協会】破産

徳島の夏の風物詩「阿波おどり」事業が4億円以上の累積赤字を抱えている問題で、徳島地裁(川畑公美裁判長)は29日、主催者の徳島市観光協会の破産手続き開始を決定した。債権者として破産手続きを申し立てていた徳島市の遠藤彰良市長は「阿波おどりは市が責任を持って取り組む」とし、4月中に新たな運営主体を設置するとのコメントを発表した。

阿波おどりは協会と徳島新聞社が共催し、協会が経理を担当。協会への補助金支出や損失補償を続けてきた市が累積赤字を問題視し、今月1日に地裁へ協会の破産を申し立てていた。市は「協会は赤字解消の協議への参加を拒んだ。市民の負担軽減のためやむを得ず破産を申し立てた」と説明している。

協会側はこれまで「長年の赤字の原因は市と新聞社にもある。利益は新聞社が得ており、債務の半分を負担すべきだ」と反発。地裁に提出した意見書では「新聞社のチケット販売方法などが不明瞭だった。市からは補助金と引き換えに、赤字の原因のシャトルバス事業を引き受けていた」と主張していた。 地裁の決定について、協会は不服を申し立てるかどうかを今後検討する方針。徳島新聞社は「裁判の当事者ではないためコメントする立場にない」としている。《産経新聞》

【エンゼルス・大谷翔平選手】初打席で初安打

米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平(23)が29日、敵地オークランドのオークランド・コロシアムで開催されたアスレチックスとの開幕戦で打者としてメジャーデビューし、二回の初打席で安打を放った。

昨年12月にプロ野球日本ハムからエンゼルスに移籍。岩手・花巻東高時代から志した最高峰の舞台に、この日は「8番・指名打者」でフル出場し、5打数1安打、1三振だった。チームは延長十一回、5―6でサヨナラ負けした。

大谷は投手として4月1日(日本時間2日)のアスレチックスとの開幕4戦目に初登板する。《共同通信》



3月29日のできごと