平成10571日目

2017/12/17

【中部国際空港】旅客機が一般道路を横断

中部国際空港会社(愛知県常滑市)と全日空は17日、飛行試験用に作られたボーイング787の初号機を、来年夏に空港敷地内にオープンする複合商業施設で展示するため、駐機場から同施設に搬入した。小型機以外の航空機が車道を横切るのは日本初といい、航空ファンらが珍しい「引っ越し」を見守った。

青い尾翼に787と書かれた機体は、けん引車に引かれて登場。一般車両を通行止めにした空港敷地内の道路をゆっくりと横断した。施設の鉄骨と翼の隙間が約70センチという難所もあり、定位置に止まると関係者から拍手が起こった。

初号機は飛行試験用として2009年から米国で活躍。引退後の15年、中部地方が787の胴体などの生産拠点だったため、米ボーイング社から空港会社に寄贈された。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【金井宣茂宇宙飛行士】宇宙へ

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する宇宙飛行士、金井宣茂さん(41)らを乗せたロシアのソユーズ宇宙船がモスクワ時間17日午前10時21分(日本時間午後4時21分)、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。宇宙船は予定された軌道に投入され、打ち上げは成功した。19日にはISSとドッキングする予定。

NASAテレビの映像によると、船長の右側に座った金井さんは打ち上げの約5分後、カメラに向けて何度もVサインをして、元気な様子をみせた。

軌道投入が確認された瞬間、ロスコスモス飛行管制センターに集まった関係者らは、拍手で打ち上げ成功を喜び合っていた。《産経新聞》

【バドミントンSSファイナル】山口茜選手が初優勝

バドミントンのスーパーシリーズ年間成績トップ8が争うファイナルは17日、アラブ首長国連邦のドバイで各種目の決勝が行われ、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)はリオデジャネイロ五輪銀メダリストのシンドゥ・プサルラ(インド)に15―21、21―12、21―19で競り勝ち、初優勝を果たした。この種目の日本勢の優勝は2015年の奥原希望(日本ユニシス)以来2人目。

初出場の日本勢対決となった女子ダブルスは米元小春、田中志穂組(北都銀行)が21―16、21―15で福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)に快勝。この種目の日本勢では14年の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)以来2度目の優勝となった。《読売新聞》

【さいたま市大宮区】風俗ビル火災

さいたま市大宮区で17日午後2時ごろに発生したビル火災で、同市内の病院に搬送された男女11人のうち3人が死亡した。また、火災現場から1人の遺体が発見された。

さいたま市消防局によると、病院で死亡が確認されたのは、40代男性▽20代女性2人の計3人。埼玉県警大宮署によると、このほかに性別不明の1人の遺体が火災現場の風俗店舗から発見された。

火災では同市大宮区のビルにいた男性から「火が出ている」と119番通報。同消防局によると、20~40代の11人(男性6人、女性5人)が近くの病院に搬送された。うち、40代の男性1人と20~30代の女性3人の計4人が意識不明の重体になっていた。残る20~40代の男女7人は軽傷。

同署によると、出火したのは同市大宮区宮町の鉄筋コンクリート3階建てビルで風俗店が入居している。現場はJR大宮駅東口から北に約5百メートルのところにある「北銀座」と呼ばれる繁華街の一角。ビルは主に2、3階の燃え方が激しく内部の鉄骨があらわになっている。同署で出火の原因などを詳しく調べている。《産経新聞》

【立憲民主党・枝野幸男代表】改憲に消極姿勢

立憲民主党の枝野幸男代表は17日、さいたま市で講演し、憲法改正論議について「今大事なのは子育て支援や介護、雇用、景気ではないか。それを上回る優先度があり、多額の税金をかける意味があるのか」と述べ、消極的な考えを示した。

9条に自衛隊を明記しても「任務や権限に変更は生じない」とする安倍晋三首相の発言を念頭に「変えても変えなくても一緒なら、そんなことにエネルギーを使うべきではない」と指摘。「歴史に名を残すとか、思い出づくりのためにそんなことをやられたら困る」と、首相をけん制した。《共同通信》



12月17日 その日のできごと(何の日)