平成10538日目

2017/11/24

【希望の党・小池百合子代表】辞任

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日の両院議員総会で、代表辞任の意向を表明した。「代表の座を降りて皆さんをサポートしたい。玉木雄一郎共同代表にこの後を任せたい」と述べ、了承された。幹事長に古川元久衆院議員を起用するなど新執行部を承認した。小池氏は先の衆院選が不振に終わり、求心力が低下。都政に専念する考えに傾いたとみられる。「一枚看板」の小池氏が退くことで、希望の党運営が不安定化する可能性がある。

総会終了後、小池氏は辞任について「玉木執行部が船出するのを見届け、創業者としての責任をひとつ終えた」と記者団に強調した。《共同通信》



【横綱日馬富士関】暴行発覚

大相撲の東横綱日馬富士関(33)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に平幕貴ノ岩関(27)=モンゴル出身、貴乃花部屋=を殴るなどの暴行を加えて大けがを負わせたことが14日、分かった。日馬富士関は謝罪し、九州場所3日目からの休場を決めた。酒席でのトラブルだったという。

現役横綱による極めて異例の不祥事により、日本相撲協会は厳しい処分を科す可能性がある。

協会関係者によると、日馬富士関は10月26日夜に鳥取県内で、感情のもつれなどから貴ノ岩関にビール瓶などで暴力を振るったとされる。《共同通信》

【タクシー器物破損】30代弁護士を書類送検

タクシー乗車中に暴れて防犯ボードなどを壊したとして、北海道警が札幌弁護士会所属の30代の男性弁護士を器物損壊などの疑いで札幌地検に書類送検したことが14日、分かった。

捜査関係者などによると、この弁護士は今月6日夜、札幌市中央区の歓楽街・ススキノからタクシーに乗車。目的地までの経路を巡って運転手と口論となり、暴言を吐いたり暴れたりして防犯ボードなど約14万円相当を壊した疑いがあるという。弁護士は乗車料金990円を支払わずにそのまま立ち去った。タクシーの運転手にけがはなかった。

札幌弁護士会の大川哲也会長は「極めて遺憾。必要な調査を行い、弁護士法の定めに従った厳正な対処をする」とのコメントを出した。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】対北圧力は「多くの首脳から支持」

安倍晋三首相は14日夜、マニラ市内のホテルで記者会見し、北朝鮮に対する圧力強化について「多くの首脳から支持を得ることができたことは成果だ」と強調した。中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関しては、250人規模の経済界代表団が来週訪中するとした上で「政府としてこうした交流を後押しする」と述べた。

首相は北朝鮮をめぐり「各国のリーダーとこれまでにない危機感を共有した」と紹介。中国の習近平国家主席らとの会談で「厳しい冬を迎える中、制裁の効果を注意深く見極めることで一致した」と語った。

来年が日中平和友好条約40周年であることに触れ「ハイレベルの往来など交流を深めることで、日中関係を新たな段階へと押し上げていく」とした。習氏との会談で提案した第三国でのビジネスに関連し「(日中)両国企業、対象国の発展にとって有益なものとなることを期待している」と述べた。

米国を除く11カ国で閣僚級の大筋合意に達した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)については「今後できるだけ早期に発効したい」と強調した。《共同通信》



11月14日のできごと