平成10388日目

2017/06/17

【トワイライトエクスプレス瑞風】運行開始

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が17日午前10時20分、最初の乗客を乗せて大阪駅を出発した。16組31人が1泊2日で山陰を巡り、下関駅に向かう。深緑色と金色の洗練された車体を一目見ようと、多くの鉄道ファンがホームに駆けつけた。

各地を結んでいたブルートレインなどの定期寝台列車が減る中、2013年にJR九州が国内初の本格的な豪華寝台列車「ななつ星in九州」を運行し、先月からは、JR東日本が「トランスイート四季島」をスタートさせている。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【鶴保庸介沖縄北方担当相】国後を対岸から視察

鶴保庸介沖縄北方担当相は17日、北海道羅臼町を訪れ、対岸の北方領土・国後島を展望塔から視察した。4島の元島民とも懇談。海を挟んで接する道東部を活性化するため、観光拠点として期待される施設も訪問した。

展望塔では、国後島を眺めながら自然や産業について説明を受けた。懇談で千島歯舞諸島居住者連盟の元島民は、旧ソ連に島を追われた当時の様子を語り「怒りしか感じない」と、4島返還への思いを伝えた。

鶴保氏は標津町の標津サーモン科学館や羅臼町の昆布倉庫なども見学。この後、取材に「地元に根差した産業を盛り上げたい。それが北方領土問題の啓発にもつながる」と述べた。《共同通信》

【静岡県下田沖】米イージス艦とコンテナ船が衝突

17日未明、静岡県南伊豆町にある石廊崎の南東約20キロ沖の太平洋で、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とするイージス駆逐艦フィッツジェラルド(8315トン、全長154メートル)と、フィリピン船籍のコンテナ船ACXクリスタル(2万9060トン、222・6メートル)が衝突した。第3管区海上保安本部(横浜)や米海軍によると、イージス艦は右舷の艦橋付近が大きく破損し、乗組員3人が負傷、7人が行方不明になった。

海上保安庁の巡視船艇や航空機が周辺を捜索するとともに米海軍と状況を調べている。《共同通信》

【米・トランプ大統領】資産1550億円

トランプ米大統領が保有する不動産などの資産が少なくとも14億ドル(約1550億円)相当に上り、今春までの1年数カ月の間に約5億9400万ドルの収入があったことが17日、分かった。昨年5月の報告時点での資産は15億ドル以上だった。トランプ氏が政府倫理局に提出した最新の財務状況報告書の内容を、米主要メディアが報じた。

ワシントン・ポスト紙などによると、今回の報告の対象期間は昨年1月~今年4月中旬。収入のうち、安倍晋三首相や習近平中国国家主席らを招いた南部フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」からが3720万ドル。《共同通信》



6月17日 その日のできごと(何の日)