平成10206日目

2016/12/17

【特急あずさ】運行開始50周年記念列車運行

JR中央線の特急あずさの運行50周年を記念した臨時列車が17日、新宿駅を出発した。発車は「8時ちょうど」から2分後。森野広志・新宿駅長の出発の合図でホームを滑り出した。

国鉄時代を中心に活躍したクリーム色の189系車両には、北アルプスの山並みと梓川のイラストをあしらった「あずさ」のヘッドマークが掲げられた。《朝日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【プロ野球・巨人】カミネロ投手の獲得を発表

巨人は17日、アルキメデス・カミネロ投手(29)と来季の選手契約について基本合意したと発表した。背番号は「44」に決まった。

ドミニカ共和国出身のカミネロは、最速102マイル(約164キロ)を誇る右腕。今季はパイレーツで開幕を迎えたが、8月6日にトレードでマ軍へ移籍した。全て救援で57試合に登板し、2勝3敗1セーブ、防御率3・56。メジャー通算では149試合に登板し、7勝5敗1セーブ、防御率3・66の成績を残している。

球団を通じて「巨人軍の一員になれてとてもうれしいです。人生の新たな挑戦であり、初めて日本に行くことも非常に楽しみにしています。早くチームになじんで自分の力を発揮し、優勝に貢献したいと思います」とコメントを発表した。《スポニチ》

【北海道・高橋はるみ知事】サハリン州知事と会談

北海道の高橋はるみ知事は17日、ロシア極東サハリン州のコジェミャコ知事と東京都内で会談し、経済交流や観光振興について協議した。高橋知事は「サハリン州との交流拡大が、領土問題の解決に向けての環境整備になると強く期待している」と述べた。両知事は日ロ首脳会談の関連行事に参加するため、東京を訪れていた。

コジェミャコ知事は、首脳会談で協議開始の合意があった共同経済活動を念頭に「(北方領土を含む)クリール諸島に関しては日本側と協力できる事業がたくさんある」と表明。具体的な分野として、道路のインフラ整備、住宅建設、水産資源の養殖などを挙げ、協力への期待を示した。《共同通信》

【沖縄県・安慶田光男副知事】オスプレイ墜落事故現場を視察

沖縄県の安慶田光男副知事は17日、米軍輸送機オスプレイが着水を試み大破した名護市安部の事故現場を視察した。安慶田氏は浅瀬に散らばる機体を見て、報道陣に「一歩間違えば集落に落ち、大変なことになっていた」と話した。

現場は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画で名護市辺野古に造られるV字滑走路の延長上3キロほどの所。安慶田氏は「辺野古(に基地)もできると、先が思いやられる。沖縄県の全市町村と議会がオスプレイ配備撤回を申し入れたわけだから、日本政府も本腰を入れて米国政府と交渉するべきだ」と話した。米軍が来週にもオスプレイの飛行再開の方針を示していると報じられていることには「(再開するなら)本当に独立国家と言えるのか」とも述べた。《朝日新聞》

【この日の安倍総理】

年明け解散を重ねて否定

安倍晋三首相は17日放送の日本テレビ番組のインタビューで年明けの衆院解散を見送る考えを重ねて示した。「いま私の頭には『解散』という言葉はかけらもない。まず大切なことは経済最優先で景気をさらに良くすることだ」と述べた。

同時に、景気回復に向け「来年度の予算を早期成立させることが私の使命だ」と強調した。《共同通信》



12月17日 その日のできごと(何の日)