平成10198日目

平成28年12月9日(金)

2016/12/09

【韓国・朴槿恵大統領】弾劾案が可決

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に絡み、国会本会議で9日、朴氏に対する弾劾訴追案が野党側などの賛成多数で可決された。憲法裁判所が最長180日間の審理に入り、判断が出るまで朴氏の大統領権限は停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相が職務を代行する。国政混乱の長期化は決定的となった。

可決には、国会議員の3分の2に当たる200人以上の賛成が必要。弾劾案を提出した野党勢力に加え、与党、セヌリ党議員も朴氏と距離を置く「非朴派」を中心に賛同に回り、賛成は234票に達した。

弾劾案では、崔被告の事件に絡む一連の不正に加え、旅客船セウォル号事故当日の朴氏の対応の不備も憲法違反と位置付けた。

朴氏は与党が提示した来年4月の退陣と6月の大統領選の方針を受け入れると表明していた。だが、早期退陣を求める声が圧倒的に強く、最新の世論調査で81%が弾劾に賛成する中、非朴派ら与党議員の多くも世論に迎合する形で「造反」に動いた。

憲法裁が弾劾を妥当と判断すれば、朴氏は罷免される。弾劾を棄却したとしても、与党の方針に従い4月に退陣する可能性が高いとみられている。1987年の民主化以降、韓国大統領が罷免や任期途中で辞任するのは初めてとなる。

朴氏は65年に日韓国交正常化を実現した朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の長女で、2013年2月に韓国初の女性大統領に就任した。《産経新聞》

【ボクシング・長谷川穂積選手】現役引退を表明

12月9日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者長谷川穂積(35=真正)が9日、神戸市内で会見を開き、世界王者のままで現役引退することを表明した。

長谷川は9月16日にウーゴ・ルイス(メキシコ)を9回TKOで撃破し、同王座を獲得。その後は、世界的強豪との対戦も視野に入れて現役を続ける気持ちもあったが、世界5階級王者でWBO世界スーパーバンタム級王者だったノニト・ドネアが11月の防衛戦で敗れたことや、周囲の説得もあり、11月半ばに現役を退くことを決断した。長谷川は「前回以上の気持ちを作るのが難しくなったのが大きな理由」と引退理由を説明した。《日刊スポーツ》

【日本ハム・大谷翔平投手】新協定「僕には関係ない」

米大リーグの新労使協定で25歳未満の外国人選手の契約金が制限されることになったことで早期のメジャー移籍に影響が出るのではとの懸念に対し、日本ハムの大谷翔平投手(22)は9日、千葉県鎌ケ谷市内で取材に応じ「インターネットは見ている。特にないです。僕には関係ない」と話すにとどめた。

大谷は5日の契約更改で球団から意思を確認され、将来的にメジャー挑戦の希望があることを伝えた。球団からはポスティングシステムを利用して2018年シーズンから移籍することを容認されているが「まだ行くとは決めていない。今は来年、勝つことしか考えていない」と話した。

吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は大谷本人の意思を尊重する方針は変えていないとし「情報がはっきり入っていない。(米国に)行くときに考える」と慎重に話した。《スポニチ》

【俳優・成宮寛貴さん】芸能界引退

ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)などへの出演で知られる俳優の成宮寛貴(なりみやひろき)さん(34)が9日、芸能界からの引退を発表した。所属事務所が明らかにした。成宮さんを巡っては、写真週刊誌が薬物使用の疑いがあると報じていた。

所属する「トップコート」によると、成宮さんから引退の申し入れがあり、話し合いを続けたが、本人の意思が固かったことから申し入れを受け入れたという。薬物の使用に関しても、成宮さんへの聞き取りや薬物鑑定をした結果、「本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できなかった」としている。《朝日新聞》

【雅子さま】53歳の誕生日

皇太子妃雅子さまは9日、53歳の誕生日を迎えられた。宮内庁東宮職を通じて文書で感想を公表し、天皇陛下が退位の意向を強くにじませた8月の「お言葉」について「厳粛な思いで拝見し、陛下のお気持ちを重く受け止めております」と述べられた。

東宮職によると、雅子さまは療養を続けられる半面、東日本大震災の被災地など地方訪問を含む公務などはこの1年で57件と前年より7件増えた。「多くの方々に笑顔で温かく迎えていただいたことは、大きな励みになりました」と振り返り、「快復に向けての努力を続けていきたい」とつづられた。《日経新聞》

12月9日のできごと