平成10008日目

2016/06/02

【この日の安倍総理】

障害者との集い

安倍晋三首相は2日、官邸南庭で行われた障害者との集いに出席し、記者団の質問に「健常者と障害者の垣根を取り払うことができる日本を作っていく。1億総活躍社会をさらに進めていかなければいけない」と述べた。


https://www.kantei.go.jp/

首相は集いのあいさつで「私はあまり人から褒められることがないが、一つだけ褒められるのは強力な『晴れ男』ということだ。伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)も私が晴れ男だから見事に雨の予報を覆した」と笑いを誘った。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【民進党、連合】政策協定を締結

民進党の岡田克也代表と連合の神津里季生会長は2日、東京都内で会談し、7月の参院選に向け、非正規労働者の正社員への転換促進や均等処遇の実現を盛り込んだ政策協定を締結した。対民進党の活動方針では、旧民主党時代の「支援を強化」から「連携」に格下げした連合だが、今回結んだ政策協定には「全面的に支援」と明記した。

協定は、高校の授業料無償化や給付型奨学金制度の導入なども打ち出した。政治の現状については「景気回復を実感できず、雇用と労働の劣化や貧困の格差が顕在化している」と分析。「民進党が(自民)1強政治からの脱却を求める国民の受け皿となることが極めて重要」とした。《共同通信》

【民進党】統一名簿断念を社民に伝達

民進党の枝野幸男幹事長が社民党の又市征治幹事長と会談し、参院選比例代表の「統一名簿」案について「実現は難しい」と事実上断念する考えを伝えたことが分かった。又市氏ら関係者が2日明らかにした。民進党の岡田克也代表は同日、連合の神津里季生会長に同様の認識を伝達した。社民、生活両党は参院選をそれぞれ単独か、2党で統一名簿をつくって戦うか、決断を迫られる。

枝野氏は「政治団体名に『民進』が含まれないと支持者が混乱する」と説明。岡田氏が前向きな考えを示しながら、直後に取り消すなど、混乱があったとして陳謝した。《共同通信》

【ソフトバンク・今宮健太内野手】200犠打達成

ソフトバンク6―2中日◇2日◇ヤフオクD

ソフトバンクの今宮健太内野手(24)が2日、ヤフオクドームで行われた中日との交流戦で史上最年少での200犠打を達成。4回には今季5号となる左越えソロ本塁打で貴重な追加点を入れるなど、2打数2安打1打点2四球1犠打の活躍を見せた。

今宮は中日戦に「1番・遊撃」で先発。0―1で迎えた初回、四球で出塁して同点のホームを踏むと、3―1で迎えた2回には無死一塁の場面で打席に入り、中日の先発・バルデスから捕手前へ送りバントを決めて通算200犠打を達成。24歳11カ月での200犠打到達は、川相昌弘(巨人)の27歳9カ月を抜いて史上最年少記録となった。《スポニチ》

【マーリンズ・イチロー外野手】日米通算700盗塁達成

マーリンズ4-3パイレーツ◇2日◇マーリンズボールパーク

マーリンズ・イチロー外野手(42)が日米通算700盗塁を達成した。 「1番中堅」で先発出場。7回に敵失で出塁すると二盗を決めた。打撃成績は二ゴロ、遊撃内野安打、中二塁打、一ゴロ失策、中飛、四球。5打数2安打1四球で打率は3割2分3厘。メジャー通算3000安打へ残り35分とした。イチローはオリックス時代に199盗塁。メジャーでは501個目の盗塁を決めて達成した。《日刊スポーツ》

【北海道七飯町】不明男児の捜索、規模縮小して継続へ

北海道七飯町東大沼の山中で5月28日から行方不明になっている北斗市の小学2年男児(7)の捜索は2日、警察や消防、陸上自衛隊など約185人態勢で行われた。行方につながる手がかりは依然、見つかっていない。消防などによると、捜索は、不明から7日目となる3日以降も人員を縮小して行う。《読売新聞》

【日経平均終値】1万6562円55銭(前日比393円18銭安)

2日の東京株式市場は、外国為替相場の円高ドル安進行や、政府の経済対策に具体性がなかったことに失望した投資家から幅広い銘柄に売り注文が出た。日経平均株価(225種)は大幅続落し、前日比393円18銭安の1万6562円55銭で取引を終えた。下げ幅は400円を超える場面もあった。《共同通信》

【米大統領選】クリントン氏「トランプ氏なら歴史的過ちに」

米大統領選で民主党候補指名獲得が濃厚なクリントン前国務長官は2日、カリフォルニア州サンディエゴで演説し、共和党指名が確定している実業家トランプ氏の政策は「危険なほど支離滅裂」であり、大統領に選ばれれば「歴史的な過ちになる」と述べ、経験豊富な自身への支持を訴えた。

11月の本選はクリントン、トランプ両氏による対決の構図が固まりつつあり、批判合戦が激化している。トランプ氏は演説が終わらないうちに「お粗末な出来栄えだ。大統領らしく見えない」とツイッターに書き込み、反撃した。《共同通信》

【英・キャメロン首相】EU残留支持訴え

英国のキャメロン首相は2日夜、欧州連合(EU)離脱の是非を巡る国民投票を前に、スカイニューズ・テレビの番組に出演、EU離脱は英国経済に重大な悪影響を与え「自らを傷つける行為だ」と述べ、残留支持を訴えた。

英国とEUの将来を決める6月23日の投票まで3週間。残留派を率いる首相が離脱問題を巡って生放送で同テレビ記者や会場の市民らから厳しい質問に1時間にわたって答えた。3日には同じ番組に離脱派のゴーブ司法相が出席する。

離脱派はEU諸国からの大量の移民流入を止めるため離脱を訴えている。《共同通信》

【米国】同性間の性行為が倍増

米国で同性間の性行為を経験したことがある人は、1989年から25年間で倍近くに増えたとの調査結果を、フロリダアトランティック大などのチームがまとめ、2日までに発表した。チームは「同性愛を容認する方向に、意識が大きく変化している」としている。

チームは89年から2014年、計約3万4千人を対象に聞き取り調査。少なくとも一人の男性と性行為の経験を持った男性は4・5%から8・2%に、女性間では3・6%から8・7%へと大幅に増加した。

同性、異性の両方と性行為をしたことがあると答えた人は、3・1%から7・7%に上昇した。《共同通信》



6月2日 その日のできごと(何の日)