平成9943日目

平成28年3月29日(火)

2016/03/27

【安全保障関連法】施行

集団的自衛権行使の限定容認を柱とする安全保障関連法は29日に施行され、戦後日本の防衛政策を転換する法制が実施段階に入った。北朝鮮の挑発行動や中国の海洋進出など、日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、政府は米国との連携を強化。安保法を踏まえ自衛隊の武器使用などに関する部隊行動基準を策定し、訓練を進める。一方、新たに任務に加わる「駆け付け警護」は、夏の参院選をにらみ当面は実施を見送る。《時事通信》



【マンガ大賞2016】野田サトル氏「ゴールデンカムイ」

マンガ大賞2016授賞式が29日行われ、大賞には野田サトル氏の「ゴールデンカムイ」が選ばれた。「ゴールデンカムイ」は週刊ヤングジャンプ(集英社)で2014年から連載中。舞台は激動の明治後期の極寒地・北海道。日露戦争の死線を生き抜いた「不死身の杉元」という異名を持った元軍人・杉元が、ある目的の為に大金を欲する。ゴールドラッシュに湧く北海道を目指した杉元を待っていたのは、網走監獄の死刑囚らが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりだった。杉元はアイヌ民族の少女アシリパとともに警察や軍隊ら競合者の追跡をかわしながら埋蔵金の手掛かりを追い求める…というストーリー。《スポニチ》

【エジプト航空181便】ハイジャックされキプロスに着陸

エジプト北部アレクサンドリア発カイロ行きのエジプト航空181便が29日朝(日本時間同午後)、男1人にハイジャックされ、地中海の島国キプロスのラルナカ空港に強制着陸させられた。約6時間後、両国当局の説得で男は逮捕され、60人前後の乗客乗員は全員、無事解放された。

エジプト当局によると、ハイジャックされたのはエアバスA320型機。アレクサンドリア近郊のボルグエルアラブ空港を離陸直後、男がキプロスに向かうよう要求した。搭乗者には米国や英国などの外国籍保持者も含まれていたとされるが、在エジプト日本大使館によると、日本人は乗っていなかった。《時事通信》

【最高裁】HIV感染による休職指示は「違法」

エイズウイルス(HIV)に感染した看護師が、勤務先の病院で本人の同意なく感染情報が共有され、上司から休職を指示されたのは違法として、病院を経営する福岡県の医療法人に損害賠償を求めた訴訟で、違法と認めた二審判決が確定した。

最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が29日付で医療法人側の上告を退ける決定をした。看護師は2011年8月、勤務先とは別の病院での検査で感染が判明。結果は勤務先に伝わり、看護部長らから仕事を休むよう指示され、同年11月に退職した。勤務先に約1000万円の賠償を求め提訴し、検査結果を伝えた病院との間では和解が成立した。《時事通信》

【長野地裁】「店長の自殺は過労が原因」遺族が「ほっともっと」を提訴

弁当チェーン「ほっともっと」店長の男性(当時30歳)が2011年に自殺したのは過重労働が原因として、長野市などの男性の遺族が29日、チェーン運営会社「プレナス」(福岡市)に対し、逸失利益など9300万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。

訴えでは、男性は三重県内の2店舗の店長だった11年4月以降、上司から「達成できなければ死刑」とノルマを強要するメールを複数回送りつけられたほか、自殺前の半年間の月間時間外労働は最長で274時間に達したという。同年7月、勤務店舗内で首をつって自殺した。四日市労働基準監督署(三重県)は昨年1月、労災を認定。原告側は「過重労働からうつ病となり、自殺した」と主張。プレナスは「訴状が届いていないのでコメントを控える」としている。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】「強い経済を確かなものに」

安倍晋三首相は29日夕、平成28年度予算の成立を受けて首相官邸で記者会見し、「来年度予算は戦後最大のGDP(国内総生産)600兆円に向けて強い経済を確かなものとする予算だ」と述べた。首相は「アベノミクスのあたたかい風を全国津々浦々に広げていく」とも述べ、1億総活躍社会の実現に向け政策を実行していく考えを強調した。《産経新聞》



3月29日のできごと