平成9895日目

2016/02/10

【この日の安倍総理】

衆院予算委員会

安倍晋三首相は10日午前の衆院予算委員会で、「政治とカネ」の問題の再発防止に向けた政治資金規正法の厳罰化に慎重な考えを示した。

2月10日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】政治資金規正法厳罰化「慎重に議論されるべき」
https://www.kantei.go.jp/

公明党の国重徹氏は政治団体の会計責任者に対する政治家の責任について、選任と監督いずれかの責任を問えるよう法改正すべきだと主張。首相は「政治団体の代表者に非常に重い責任を課すもので、政治活動に大きな影響を与える。慎重に議論されるべきだ」と述べた。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【川崎中1殺害事件】主犯格の少年に懲役9年以上13年以下

川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年のAさん=当時(13)=が刺殺された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の少年(19)の裁判員裁判の判決公判が10日、横浜地裁で開かれ、近藤宏子裁判長は「全く抵抗することのない被害者を真冬の川で泳がせ、岸に戻るたび切りつけるなど、凄惨(せいさん)で手口の残虐性が際立っている」とし、懲役9年以上13年以下(求刑懲役10年以上15年以下)の不定期刑を言い渡した。

近藤裁判長は判決理由で「(共犯者の中で)最も責任があるのは明らか」とし、「(犯行の)発端は逆恨みで、報復を恐れて殺害を突発的に考えるなど、極めて自己中心的で短絡的」と指摘。その上で、「(犯行には)生育環境に由来した未熟さが影響しており、不定期刑の上限には位置しない」とした。

判決言い渡し後、近藤裁判長が「分かりましたか」と尋ねると、少年は小さな声で「はい」と答えた。

判決によると、昨年1月17日午前2時ごろ、横浜市内でAさんの顔を殴るなどして約2週間のけがをさせたほか、同2月20日午前2時ごろ、首を多数回切るなどして殺害したとしている。

事件では、ほかに18歳の少年2人が傷害致死罪に問われている。《産経新聞》

【日経平均終値】1万5713円39銭

10日の東京株式市場は、外国為替市場で円高ドル安が進んだことで企業業績の下振れ懸念が一段と強まり、日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は前日比372円05銭安の1万5713円39銭となり、1万6000円を割り込んだ。《共同通信》

【公明党】「育休」宮崎議員に苦言

公明党の漆原良夫中央幹事会会長は10日の記者会見で、女性タレントとの不倫を週刊誌で報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=に苦言を呈した。「国会議員は高い倫理観が要求されている。事実かどうか、本人が国民にきちんと説明する必要がある」と述べた。宮崎氏は自民党議員の妻の出産に合わせ、育児休暇取得を検討すると表明していた。

山口那津男代表も党中央幹事会で、宮崎氏を念頭に「国会議員は個人の行動も含め、国民から厳しく見られる立場だ。公人としての心得や緊張感を持たなければならない」と強調した。《共同通信》

【スズキ】VWと和解、提携解消後の紛争が終結

スズキは10日、資本・業務提携を解消したドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)との間で残っていた係争について、和解が成立したと発表した。VWがスズキへの損害賠償請求を取り下げ、スズキが和解金を支払う。これにより、スズキが提携解消を求めて2011年に国際仲裁裁判所へ申し立てた紛争が終結する。《時事通信》

【プロ野球・大谷翔平投手】米国で実戦初登板

日本ハムの大谷翔平投手(21)が10日(日本時間11日)、韓国・ロッテとの練習試合で実戦初登板。メジャー全30球団、約70 人のスカウトらが見守る中、最速157キロの直球を軸に4者連続三振を奪うなど2回を1安打無失点に抑えた。代理人関係者は、大谷が近い将来にメジャーに 移籍した場合、「総額5億ドル(約555億円)の価値」があると予想。ベースボールの本場で強烈なインパクトを残した。《スポニチ》

【インド】野生ゾウ大暴れ、建物約100カ所被害

インド東部西ベンガル州シリグリで10日、森からやってきた野生のゾウが町で大暴れし、建物など約100カ所が被害を受けた。大手紙ヒンドゥスタン・タイムズなどが伝えた。

雌のゾウで、食料を探していたとみられる。住宅街や商店街で暴れるゾウに、住民が逃げ回ったり、やじ馬がスマートフォンで撮影しようと追いかけたりして大混乱。当局は麻酔銃を使ってゾウを捕獲した。近く森に戻す方針という。

インドでは人口増に伴い、近年東部を中心にゾウがらみの騒動が増えているという。《共同通信》



2月10日 その日のできごと(何の日)