平成9896日目

2016/02/11

【重力波】初観測

アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」について、米大学を中心とした国際実験チーム「LIGO(ライゴ)」が11日(日本時間12日未明)、ワシントンで記者会見を開き「二つのブラックホールが合体したときに放たれた重力波の観測に成功した」と発表した。重力波の直接観測は世界初で、宇宙の成り立ちに迫るノーベル賞級の成果。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【JRA】16年ぶりに女性騎手が誕生

JRAは11日、2016年度の新規騎手免許試験の合格者を発表し、競馬学校騎手課程(3年間)を卒業した藤田菜七子(18)ら6人の合格を発表した。藤田は中央では西原玲奈以来16年ぶり、7人目の女性騎手となる。3月にデビューする見込み。《スポニチ》

【高市早苗総務相】テロ呼び掛け番組は法抵触

高市早苗総務相は11日、自らのホームページなどで、政治的に公平でない放送を繰り返す放送局に、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した国会答弁に関し「極端なケースが生じてしまった場合のリスクに対する法的な備えは必要だ」と重ねて強調した。番組でのテロ参加呼び掛けなどを例示した。

具体的には「テロリスト集団が発信する思想に賛同して、テロへの参加を呼び掛ける番組を流し続けた場合」と記述。「免許人等が地方選の候補者になろうと考えて、選挙期間中に自分の宣伝番組のみを流し続けた場合」も例に挙げた。《共同通信》

【民主党・岡田克也代表】「安倍首相はうそつき」

民主党の岡田克也代表は11日、自民党が衆院選挙制度改革で定数削減を2020年以降に先送りする方針を打ち出したことについて、「開いた口がふさがらない。安倍晋三首相(自民党総裁)が国民にうそをついたと言われても仕方がない」と批判した。三重県四日市市で記者団に語った。

岡田氏は、衆院議長の諮問機関が答申した「アダムズ方式」に基づく定数配分導入に自民党方針が触れていない点を指摘。「結果を尊重すべきだと言ったのは首相だ。各党が受け入れると言っている中で(自民党が)無視するのは考えられない」と述べた。《時事通信》

【自民党・谷垣禎一幹事長】「改憲実現が首相の目標」

自民党の谷垣禎一幹事長は11日、新潟市での講演で安倍晋三首相の政治目標に関し「一番実現したいのは憲法改正だろう。もう一つはロシアと戦後処理をして北方領土問題に決着をつけることだ」との見方を示した。ただ「いずれも難しい課題で、簡単にできるとは思わない」と指摘した。

首相の祖父、故岸信介元首相にも言及。岸氏が自主憲法制定を唱え、日米安保条約改定も実現させたことを踏まえ「人間には血筋がある。首相は岸氏への思いが強い」とも語った。《共同通信》

【北朝鮮】「ロケット打ち上げ映像」を公開

北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信(KCNA)は11日、7日に行われたロケット打ち上げとみられる映像を配信した。北朝鮮はこの打ち上げについて、宇宙探査計画の一環と主張しているが、国際社会からは非難を集めており米国とその同盟国は事実上の弾道ミサイル実験だとみている。映像には、打ち上げを見守る金正恩第1書記の静止画なども写っている。《AFP》

【北朝鮮】開城団地閉鎖を宣言

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、同国の祖国平和統一委員会は11日、韓国政府が南北協力事業である開城工業団地の操業の全面中断を決めたことに反発する声明を出し、同団地に入居する韓国企業や韓国側機関の設備、物資、製品など全ての資産を凍結すると表明した。《時事通信》

韓国政府は11日、稼働を全面中断すると宣言した北朝鮮との経済協力事業の開城工業団地からの撤収作業を本格化させた。韓国企業関係者らは11日午前、製品などの搬出のため、南北軍事境界線に近いソウル北方の都羅山にある南北出入事務所から工業団地内に入った。

同工業団地には10日時点で韓国側関係者184人が滞在。韓国政府は来週初めまでに韓国側人員を全員引き揚げる方針だが、工業団地にある製品、資材、機械の搬出や、北朝鮮労働者への賃金支払いがあり、計画通り進むかは不透明だ。《共同通信》

【メキシコ】刑務所火災で49人死亡

メキシコ北部ヌエボレオン州モンテレイの刑務所で10日夜から11日未明にかけて、火災が起き、州知事は49人が死亡したと発表した。麻薬組織の内紛で受刑者が食料庫付近に火を放ったのが原因とみられる。

メキシコのメディアによると、同国で力を持つ麻薬組織「セタス」に所属する受刑者の仲間割れによる争いが起きた。連邦警察や兵士も駆け付け、対応に当たった。刑務所から逃走した受刑者はいないという。《共同通信》

【米大統領選】民主討論会

11月の米大統領選に向け、民主党の候補指名を争うクリントン前国務長官(68)とサンダース上院議員(74)による討論会が11日、中西部ウィスコンシン州で開かれ、双方とも人種差別や経済格差との闘いに指導力を発揮する考えを強調した。

クリントン氏は「差別に苦しむ黒人や勤勉な移民」のため「障壁を取り払う」と訴えた。サンダース氏は「米国民は既成の政治にへきえきしている。政治革命を求めている」と強調。格差解消の取り組みを通じて国民融和を図ると主張した。

激しさを増す候補者選びは、人種的少数派の動向が鍵を握る州での戦いを控えている。《共同通信》



2月11日 その日のできごと(何の日)