平成9858日目

2016/01/04

【この日の安倍総理】

年頭会見

安倍晋三首相は4日、官邸で年頭の記者会見に臨み、今年最大の政治決戦となる夏の参院選の争点として憲法改正を掲げる考えを表明した。「参院選でしっかりと訴えていく。国民的な議論を深めていきたい」と述べた。


https://www.kantei.go.jp/

安倍政権は与野党の賛同が比較的得やすい「緊急事態条項」の創設を念頭に置いており、世論の動向などを見極めながら対応する構えだ。参院選の勝敗ラインについては「参院において自公で過半数を確保したい」と明らかにした。衆参同日選は「全く考えていない」とした。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【第190通常国会】開会式

第190通常国会の開会式が4日午後、参院本会議場に天皇陛下を迎えて行われた。大島理森衆院議長、山崎正昭参院議長、安倍晋三首相と閣僚、衆参両院議員が出席。共産党議員も加わった。天皇が臨席する開会式は「憲法違反」として欠席を続けてきたが、方針を転換。

大島氏は式辞で憲法公布70年を迎えることに触れた上で「今なお国内外の情勢は極めて厳しく、緊急に解決すべき重要課題が山積している」と指摘。「国民生活の安定向上に万全を期すとともに、諸外国との相互理解と協力を一層深め、世界の平和と繁栄に寄与していかなければならない」と訴えた。続いて天皇陛下がお言葉を述べられた。《共同通信》

共産党の志位委員長ら同党国会議員6人は4日、党として欠席を続けてきた通常国会の開会式に初めて出席した。志位氏のほか山下書記局長らが参加し、天皇陛下のお言葉に合わせ、一礼した。志位氏は開会式後の記者会見で「出席するという方針をとったのは良かった」と自画自賛する一方「高い玉座で(天皇陛下の)お言葉を賜るという形式は、憲法の主権在民の原則に反するので改革の必要がある」と指摘した。《読売新聞》

未公開株をめぐる金銭トラブルが報じられ、昨年8月に自民党を離党した無所属の武藤貴也衆院議員(滋賀4区)が4日、衆院本会議に出席した。衆院事務局によると、武藤氏は昨年8月7日から本会議のたびに欠席届を提出していた。

本会議後、武藤氏は取材に「気持ちを新たにして、また頑張ります」と述べ、議員を続ける意向を強調した。

武藤氏は昨年夏、安全保障関連法に反対する学生らのデモをツイッターで批判。その後、金銭トラブルが報じられ自民党を離党した。与党内で議員辞職論が浮上したが、8月下旬の記者会見で辞職しない考えを示した。《共同通信》

【東京株式市場】終値1万8450円98銭

4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前営業日に比べ582円73銭(3.06%)安の1万8450円98銭で終えた。低調な2015年12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)の発表を受けて中国・上海株式相場が大幅に下落し、市場心理が悪化し運用リスクを回避するための売りが出た。

中国・上海証券取引所はいったん取引を中断したが下げ止まらず、市場心理の悪化に拍車をかけた。上海証券取引所は今年から相場の極端な動きを抑制する取引中断措置を導入していた。《日経新聞》

【泰緬鉄道博物館】ミャンマー東部モン州タンビュザヤに開館

第2次大戦中、旧日本軍がタイとビルマ(現ミャンマー)間に建設した泰緬鉄道の博物館が4日、ミャンマー東部モン州タンビュザヤで開館した。タンビュザヤは、鉄道のミャンマー側起点の町。タイ側の鉄道跡や関連施設は観光地となっており、政府やモン州当局は同様に観光振興で役立てる考えだ。

国営メディアによると、博物館では当時使われた機関車のエンジンや写真などを展示し、観光客向けに蒸気機関車(SL)の模擬運行も実施。周辺でホテルや飲食店も整備するという。泰緬鉄道は厳しい環境下で建設され、駆り出された連合軍捕虜やアジア人労働者に多くの犠牲者が出た。《共同通信》

【インド】北東部でM6.7の地震

インド北東部のミャンマーやバングラデシュとの国境付近で4日未明、マグニチュード(M)6.7の地震があり、これまでに少なくとも8人の死亡が確認された。揺れは数百キロ離れたバングラデシュ国内でも感じられ、パニック状態の住民が通りに飛び出す様子が各地で見られた。 米地質調査所(USGS)によると、地震があったのは現地時間午前4時35分(日本時間同8時5分)ごろで、震源はマニプール州の州都インパールの西北西29キロの地点。《AFP》



1月4日 その日のできごと(何の日)