平成9853日目

平成27年12月30日(水)

2015/12/30

【東証大納会】19年ぶりの高水準


https://www.youtube.com/

今年最後の取引日となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が1万9033円71銭となり、昨年末終値と比べて1582円94銭(9.1%)上昇して、2012年から4年連続で前年の終値を上回った。4年連続の上昇は03〜06年以来。また、年末の終値としては1996年以来19年ぶりの高水準となった。

この日の日経平均株価は、前日の米株高を受けて3日連続で上昇した。終値は前日比51円48銭高となり、約2週間ぶりに1万9000円台を回復した。

株高の背景には、日銀の大規模な金融緩和が続き、大量の投資資金が株式市場に流入したことがある。金融緩和に伴う円安基調が、自動車など輸出関連企業の業績を押し上げたことも寄与した。日経平均株価は4月、約15年ぶりに2万円の大台を回復した。

だが、8月以降、中国の景気減速で世界的な株安に陥り、9月下旬には1万7000円を割り込んだ。その後は米国経済の回復などを受けて持ち直し、12月に再び2万円台をつける場面もあった。《毎日新聞》

【スケート全日本スプリント選手権】高木美帆選手が初の総合優勝

スピードスケートの全日本スプリント選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルであり、女子は高木美帆(日体大)が前日に続いて1000メートルを制して初の総合優勝を飾った。2位は押切美沙紀(富士急)、3位は500メートルで連勝した神谷衣理那(高堂建設)。小平奈緒(相沢病院)は5位と振るわず、総合5連覇はならなかった。男子は大和田司(味のちぬや)が初の総合優勝を決めた。《朝日新聞》

【韓国挺身隊問題対策協議会】少女像増設宣言

旧日本軍の従軍慰安婦問題で、28日の日韓合意に反発している韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は30日、ソウルの日本大使館前に建てたものと同種の少女像の設置を韓国内外に広げる運動を展開すると宣言した。

日本は大使館前の少女像の撤去を求めており、韓国側が応じるかどうかは韓国が設立する財団への10億円の拠出を含めた合意の履行に影響する見通し。挺対協は撤去に応じない考えも鮮明にしており、撤去が実現しないまま別の場所で像が設置され続ければ、日本政府は態度を硬化させそうだ。《共同通信》

12月30日のできごと