平成9848日目

平成27年12月25日(金)

2015/12/25

【アジアインフラ投資銀行・AIIB】発足

Embed from Getty Images

中国財政省は25日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が発足したと発表した。来年1月中旬に北京で開業式典を開き、正式に業務を開始する。中国が主導する国際金融機関が本格始動することになった。AIIBは2016年1月16~18日に、北京で参加各国の代表を集めた開業式典を開く。

初代総裁には、元中国財政次官の金立群氏を選出する見通しだ。同年4月以降の融資開始を目指している。創設メンバーは当初、東南アジア諸国などが中心だったが、今年3月に英国が参加表明したことをきっかけに、57カ国に拡大した。《毎日新聞》

【口永良部島】避難指示解除、7ヶ月ぶり帰島

鹿児島県屋久島町は25日午前、5月の爆発的噴火に伴い約7か月にわたって全島避難が続いた口永良部島(85世帯136人)について、大半の地区の避難指示を解除した。この日の帰島を希望した7世帯9人を乗せた町営フェリーが午後、屋久島を出発し、口永良部島に到着。一足早く上陸していた民宿や商店の経営者を含め、23世帯34人が同島での生活を再開した。

避難指示が解除されたのは、7か所の居住地区のうち、人口が集中する本村など4地区。気象庁の警戒範囲に入る前田、向江浜と、土砂崩れで道路が寸断されている寝待の3地区(10世帯20人)は継続となった。《読売新聞》

【横浜地裁】フィリピンで少女買春、元校長に有罪判決

フィリピンで買春した少女の裸を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反罪などに問われた横浜市立中学の元校長T被告(65)の判決が25日、横浜地裁であり、大森直子裁判官は「児童らの経済的苦境に乗じて卑劣で悪質。児童への悪影響を一切顧みない身勝手な態度は強い非難を免れない」として懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

大森裁判官は「日本でもフィリピンでも子供は守られるべき存在。教師だから分かっていたはずだ」と厳しく批判。「フィリピンの日本人や、教師に対する信頼を損ねたことを忘れないでほしい」と付け加えた。

判決によると、T被告は2013年12月21日ごろと14年1月1日ごろ、同国のホテルで、12~14歳ぐらいの少女3人とのみだらな行為をデジタルカメラで撮影し、保存した。神奈川県警の捜査によると、T被告は二十数年にわたり、同国で少女ら延べ1万2000人以上を買春したとされる。《時事通信》

【インド・モディ首相】パキスタンを初訪問

インドのモディ首相は25日、パキスタンを初訪問し、東部ラホールに到着後、シャリフ首相と会談した。印首相のパキスタン訪問はバジパイ氏以来約12年ぶり。カシミール地方の領有権問題などで対立し核武装する両国で動き始めた信頼醸成が加速している。《産経新聞》

【安倍晋三首相】「桃と栗は何とか収穫できた」

「桃栗3年柿8年。桃と栗は何とか収穫できたと思います」安倍晋三首相は25日、第2次政権発足から26日で3年を迎えるのに当たり、首相官邸で記者団に感想を問われ、こう答えた。首相は「経済の再生、外交・安全保障の立て直しに取り組んできた。それなりの成果は出たのではないか」と振り返った。《毎日新聞》

12月25日のできごと