平成9814日目

2015/11/21

この日のできごと(何の日)

【この日の安倍総理】

ASEANプラス3首脳会議

東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳会議が21日、マレーシアの首都クアラルンプールで開かれ、先にソウルで約3年半ぶりに開催された日中韓首脳会談の成果をASEAN諸国と共有することを確認した。

安倍晋三首相は会議冒頭「日中韓プロセスの正常化が、ASEANプラス3での協力進展につながることを期待したい」と発言した。

各国は、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を踏まえ、日中韓とASEANに加え、オーストラリアやインドなどが参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)締結交渉の早期妥結を促すことで一致した。《共同通信》


https://www.kantei.go.jp/

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が21日、マレーシアの首都クアラルンプールで始まり、初日はASEANと日中韓(ASEANプラス3)首脳会議などが開かれた。

ASEANプラス3に出席した安倍首相は南シナ海での人工島造成など中国の海洋進出を念頭に「深刻な懸念」を表明した。また、海洋での平和と安定を確保するため、各国に連携を呼びかけた。会議にはASEAN各国首脳と安倍首相、中国の李克強首相、韓国の朴槿恵大統領が出席した。

安倍首相は「現状を変更し、緊張を高める一方的行為が依然継続していることを深刻に懸念する」と述べ、国名を挙げなかったものの、南シナ海での中国の行動を暗に批判した。同行筋によると、他の首脳からも国際法に基づく平和的な解決を求める声や、南シナ海の航海の自由は重要との意見が出るなど、2〜3人の首脳が安倍首相と同じ趣旨の発言をしたという。《読売新聞》



【野球プレミア12・3位決定戦】日本11―1メキシコ

野球の国際大会「プレミア12」は21日、東京ドームで決勝が行われ、韓国代表が8−0で米国代表に大勝し、初代王者に輝いた。韓国は優勝賞金100万ドル(約1億2300万円)を獲得した。

3位決定戦では、日本代表「侍ジャパン」が5本塁打を放ってメキシコ代表に11−1で7回コールド勝ちし、3位に入った。《読売新聞》

【プロ野球・阪神】新スローガンは「超変革」

阪神は21日、来季のチームスローガンが「超変革 Fighting Spirit」に決まったと発表した。変革を「超える変革」を成し遂げたいという思いが込められ、金本監督は「変わるための努力はするけど、やるのは選手。選手が変わってくれないと」と奮起を促した。

監督自身がファン感謝イベントでファンへスローガンを明らかにし「ここにいる選手がチームを変えてくれると信じています」とあいさつした。《共同通信》

【岸田文雄外相】豪・ビショップ外相と会談

岸田文雄外相とオーストラリアのビショップ外相は21日に会談し、核軍縮や核不拡散の進展で協力強化を図ることで一致した。その後、こうした内容を盛り込んだ共同声明を発表した。両外相は、南シナ海問題をめぐって連携することも確認した。

両国は非核保有国でつくる「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の主要メンバー。岸田氏にとっては、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に先立ち広島で開催の外相会合へ弾みをつける狙いもある。《共同通信》

【ベルギー】首都のテロ警戒レベルを最高に引き上げ

ベルギー政府は21日、ブリュッセル首都圏に深刻なテロの脅威が差し迫っているとして、同地域の対テロ警戒水準を4段階の最高レベルに引き上げた。同国のミシェル首相は「極めて具体的な情報があった」と述べ、ブリュッセルでパリ同時多発テロと同様の大規模なテロが発生する危険性が高まっていると警告した。

パリ同時テロは「ベルギーで組織」(オランド仏大統領)され、ブリュッセル首都圏には、主犯格のアブデルハミド・アバウド容疑者らの出身地であるモレンべーク地区もあり、テロ犯らの拠点とみられている。

ベルギー政府は、商店街や公共交通機関など複数の場所が爆弾テロの標的になる可能性があるとし、国民に大勢の人が集まる場所を避けるよう勧告。ブリュッセル首都圏交通会社は21日、地下鉄運行を22日午後まで停止すると発表した。《産経新聞》

【WBC世界スーパーフェザー級タイトル戦】三浦隆司選手、5度目の防衛に失敗

Embed from Getty Images

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は21日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、王者の三浦隆司(31・帝拳)は同級1位のフランシスコ・バルガス(30・メキシコ)に敗れ、5度目の防衛に失敗した。

三浦は4回に左の強打でダウンを奪ったが、9回序盤にダウンを喫した。立ち上がったものの、連打を浴びて試合を止められた。三浦の戦績は29勝(22KO)3敗2分け。《読売新聞》



11月21日 その日のできごと(何の日)