平成9546日目

2015/02/26

【大塚家具・大塚久美子社長】父の退陣を要求

創業者会長と長女の社長が対立する家具インテリア大手の大塚家具で、大塚久美子社長(47)は26日、対立が表面化後、初めての記者会見を開いた。「創業者から離れなければならない、ぎりぎりのタイミング」と述べて、勝久会長(71)の退任を改めて求めた。

途中で社長が久美子氏から勝久氏に代わった2014年12月期は、4年ぶりの営業赤字になった。赤字の責任は久美子氏にあると主張する勝久氏側に対し、久美子氏は会見で「(勝久氏が社長を兼ねた)下期に大きな損失を出した」と反論した。《朝日新聞》



【英・ウィリアム王子】初来日

英国のウィリアム王子が26日午後、羽田空港に到着、初来日した。この日は東京湾の船上から2020年東京五輪の会場予定地などを視察。4日間の滞在予定で、宮城県石巻市、女川町などを訪れ、東日本大震災の被災者と交流する。

ウィリアム王子はチャールズ皇太子とダイアナ元妃の長男で、王位継承順位はチャールズ皇太子に次ぐ2位。日本との文化、経済交流を目的に来日した。《産経新聞》

【最高裁】セクハラ発言での出勤停止は「妥当」

大阪市港区の水族館「海遊館」が、男性管理職2人に対し女性へのセクハラ発言を理由に出勤停止とした処分の適否が争われた訴訟の上告審判決が26日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)であった。

同小法廷は重すぎるとして処分を無効にした2審大阪高裁判決を破棄、「就業規則に照らして処分は有効」として、海遊館側の処分を妥当とする逆転判決を言い渡した。

男女雇用機会均等法は職場での性的言動の防止を義務づけており、企業は同法や厚生労働省の指針に基づきセクハラの処分をしている。最高裁の判断は企業の対応に影響を与えそうだ。

判決によると、課長代理だった40代の男性2人は派遣社員の女性らに「俺の性欲は年々増すねん」などと性的な発言を繰り返したとして、平成24年2月、それぞれ出勤停止30日間と10日間の懲戒処分を受け、降格された。男性側は、「事前の警告なしに懲戒解雇に次ぐ重い処分をしたことは不当」と主張していた。《産経新聞》

【民主党・岡田克也代表】網膜剥離再発で緊急手術

Embed from Getty Images

民主党の岡田克也代表は26日、網膜はく離が再発したため、東京都内の病院に入院し、手術を受けた。3月1日の党大会は欠席する見通しだ。党関係者が明らかにした。岡田氏は26日午後の衆院本会議に出席中、目に異常を感じて途中退席した。公務復帰は週明けになるとみられる。岡田氏は党代表選に出馬を表明した直後の昨年12月に網膜はく離が判明し、手術を受けたばかりだった。 《共同通信》

【後藤浩輝騎手】死去

JRAの後藤浩輝騎手(40)が26日夜、茨城県阿見町にある自宅で首をつり自殺した。同騎手は大ケガにより長期間戦線離脱していたが、昨秋に復帰。以後順調に勝ち星を積み重ね全盛期の輝きを取り戻しつつあった。

先週土曜(21日)の東京GIIIダイヤモンドS(リキサンステルス騎乗)で落馬しヒヤリとさせたが、頚椎捻挫の診断。大事には至らず日曜(22日)の京都競馬には予定通り騎乗。2勝をあげるなど変調は感じさせなかった。《東京スポーツ》



2月26日のできごと