平成9516日目

2015/01/27

【生活の党と山本太郎となかまたち】小沢氏と山本氏が共同代表に

「生活の党と山本太郎となかまたち」は27日、小沢一郎、山本太郎両氏が共同代表に就任すると発表した。所属議員5人のうち2人がトップに就く異例の体制となる。小沢、山本両氏は同日、そろって就任の記者会見に臨んだ。

小沢氏は山本氏との連携について「一緒にやることで国民とのつながりをいろいろな形で持っていきたい」と期待感を表明。山本氏は「政党の一員となり、発言力を高めていく」と語った。

無所属で活動してきた山本氏は昨年末、国会議員が4人となり政党要件を失った生活の党に加入。再び政党となり、党名を現在のものに変更した。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【後藤健二さん】「残り24時間」

中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織が拘束した後藤健二さんとみられる男性の新たな音声付き画像が日本時間27日夜、インターネット上で確認された。音声は英語で「私の命は24時間しか残されていない」と通告し、ヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を急ぐよう求めた。

音声は「これが私の最後のメッセージ」だとし、「私が自由になるのを妨げている障壁は、サジダ(死刑囚)の引き渡しを遅らせているヨルダン政府だけだ」と主張。日本政府に、あらゆる政治的圧力をヨルダンに掛けるよう求め、死刑囚との直接の交換を迫った。

そのうえで「ヨルダン政府がこれ以上引き延ばせば、パイロットの死の責任を負う」と強調し、昨年12月にイスラム国に拘束されたヨルダン空軍パイロットに言及した。そのうえで、「私も続くことになる」と訴えた。

画像は前回と同様にオレンジ色の服を着た後藤さんとみられる男性が、このヨルダン人パイロットらしい写真を掲げている。

「引き延ばし工作をこれ以上すれば、2人とも殺される」と警告。「ボールはヨルダン政府側にある」とし、迅速な対応を要求した。《日経新聞》

【この日の安倍総理】

衆院本会議

安倍晋三首相は27日午後の衆院本会議で、過激派「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件をめぐり、拘束された後藤健二さん(47)の早期解放に向けた決意を表明した。「極めて厳しい状況だが、後藤さんの早期解放に向けて全力を尽くす」と述べた。菅義偉官房長官は記者会見で、殺害予告映像の公開から一週間となったのを踏まえ、ヨルダン政府に協力を求めて事態打開を目指していると重ねて強調した。

首相は、先の中東歴訪時にイスラム国対策として2億ドルの拠出を表明したことに「テロリストの脅しに屈すれば、周辺国へ人道支援はできなくなる。今後も積極的に支援を実施する」と明言した。《共同通信》

麻生太郎副総理兼財務相の財政演説に対する各党代表質問が27日午後、衆院本会議で行われ、第3次安倍内閣発足後初の国会論戦がスタートした。安倍晋三首相は2014年度補正予算案の意義について「経済の脆弱な部分に的を絞り、スピード感を持って対応することで、地方経済を底上げする」と強調した。

新体制を整えた民主党は政権との対決姿勢を強める構え。 前原誠司元代表は補正予算案に関し、本来は15年度予算案に計上すべき内容が含まれていると強調。総額4200億円の自治体向け交付金を「統一地方選前の『ばらまき』の典型例」と指摘した。

【ポーランド・アウシュビッツ強制収容所】解放70年を迎え追悼式典

第2次大戦中、ナチスドイツが110万もの人を虐殺したといわれるポーランド・オシフィエンチムのアウシュビッツ強制収容所が27日、解放から70年を迎え、生存者などが出席して追悼式典が行われた。

式典は収容所の正門の前で行われ、加害国ドイツの大統領など49か国の首脳や要人のほか、生き残った元収容者およそ300人が出席した。元収容者の代表は「私たちの過去と同じことを子どもたちの未来に起こしてはならない」と訴えた。《日テレNEWS》

【イチロー外野手】マーリンズ入りが決定

米大リーグ・マーリンズは27日(日本時間28日)、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手と1年契約を結んだと発表した。年俸は推定200万ドル(約2億4000万円)で、背番号はオリックス、マリナーズ時代に付けていた51になる見込み。29日に東京都内で会見する。《デイリースポーツ》

【愛知県警】77歳女性を殺害、19歳女子大生逮捕

27日午前9時40分ごろ、名古屋市昭和区のアパートで、腐敗した女性の遺体を警察官が発見した。この部屋に住む女子大学生(19)が女性の殺害に関与したと話したため、愛知県警は同日、殺人容疑で逮捕した。

県警の調べで、見つかった遺体は、昨年12月7日に家族から行方不明届が出ていた同市千種区の無職A子さん(77)と判明。女子学生は調べに対し「人を殺してみたかった」と供述し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年12月7日昼ごろ、自宅アパートでA子さんの頭部をおので殴ったり、首をマフラーのようなもので絞めたりして殺害した疑い。《スポニチ》

【韓国】ソウルで日本酒PR

ソウルの日本大使公邸で27日、全国14府県の日本酒の蔵元計16社が、韓国の外食産業や輸入代理店の関係者ら約80人を招き日本酒をPRするイベントを開いた。韓国では高額で一般の消費者になかなか届かない純米酒を中心に、試飲を通じて味を広めてもらうよう呼び掛けた。

在韓日本大使館と日本酒造組合中央会が共催し、今回が5回目。同会の参加募集に山形県の月山酒造や静岡県の大村屋酒造場、京都府の増田徳兵衛商店などが応じた。

ソウルの酒類販売業の男性は「小売店などがもう少し価格を下げる努力をすれば、日本酒はより広く飲まれる可能性を秘めている」と話した。《共同通信》

【ギリシャ】新政権が発足

ギリシャ大統領官邸で27日、閣僚の就任宣誓式が行われ、総選挙で勝利した反緊縮派、急進左派連合(SYRIZA)党首のチプラス首相率いる新政権が発足した。ユーロ圏初の反緊縮派政権の誕生で、金融支援交渉をめぐり欧州連合(EU)側との摩擦が強まるとの懸念がある。

EU域内ではスペインやイタリアなどでEUが推進する緊縮策の緩和を求める声が強まり、フランスでもEUやユーロに懐疑的な勢力が支持を伸ばしている。域内の結束が乱れれば、欧州経済の不安定化を招く恐れがある。《共同通信》

【モルモン教】同性愛を容認

末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)は27日、同性愛者の権利を擁護する法律を支持すると発表した。同性愛者に寛容になっている米世論の劇的な変化の波が、宗教にも及んできた。

本部のユタ州ソルトレークシティーで教会幹部が記者会見。新方針は「性別や性的指向などに基づく迫害をわれわれは認めない」とうたい「信仰の自由を侵害しない限り」と条件を付けた上で同性愛者への差別を是正する法整備を一定の範囲で支持する考えを表明した。

ただ結婚は男女間のものであるとする教義の転換を意味しないとして同性婚は今後も容認しないことを強調した。《共同通信》



1月27日 その日のできごと(何の日)