平成9481日目

2014/12/23

この日のできごと(何の日)

【維新の党】橋下徹共同代表が辞任

維新の党の橋下徹共同代表(大阪市長)と松井一郎幹事長(大阪府知事)は23日、東京都内で開かれた党執行役員会で役職を辞任する意向を伝え、了承された。「大阪都」構想の実現に向け、来年4月の統一地方選で行われる大阪府議・市議選への対応に専念する。

橋下氏は最高顧問に、松井氏は顧問に就く。代表は江田憲司共同代表が単独で、幹事長は松野頼久代表代行がそれぞれ務めることも決まった。

橋下氏は執行役員会で「当面の間、党の役職を離れたい」と述べた。国会議員団側は両氏に、統一地方選後に復職するよう強く要請した。《共同通信》



【自民党】婚活・街コン推進議員連盟、「鉄道コン」開催

自民党の婚活・街コン推進議員連盟(会長・小池百合子元防衛相)は23日、特別列車を利用して独身男女を引き合わせる「鉄道コン」をJR横須賀線の品川―鎌倉間で開催した。約200人が参加。鉄道好きとして知られる石破茂地方創生担当相も姿を見せ「鉄道をきっかけに男女の仲が深まればこれ以上の幸せはない」と場を盛り上げた。

参加者は列車での往復と神奈川県鎌倉市での自由行動を楽しんだ。小池氏は車内放送で「カップルが誕生したらうれしい」とあいさつし、婚姻届の用紙を証人欄に自署した上で配った。

議連は、婚活の推進を目指して昨年11月に設立された。《共同通信》

【イチロー外野手】「大人になると我慢の連続」

米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手(41)が23日、故郷の愛知県豊山町で「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席し「誇りと自信を持ってこれから野球人生を歩んでほしい」とあいさつした。

壇上で「我慢」の大切さを説き「僕もシーズンを振り返ると、その言葉が真っ先に頭に浮かんでくる」と、出場機会が限られた1年を振り返った。熱心に耳を傾ける野球少年たちに「大人になると我慢の連続。自分の気持ちを抑えて未来へ向かっていく。これしか方法がないと言ってもいい」と力説した。《共同通信》

【レスリング全日本選手権】吉田沙保里選手、12度目の優勝

レスリングの全日本選手権最終日は23日、東京・代々木第二体育館で行われ、女子53キロ級の吉田沙保里が決勝で世界選手権55キロ級優勝の浜田千穂に開始53秒でフォール勝ちし、個人戦の連勝記録を192に伸ばした。同58キロ級の伊調馨も通算11度目の頂点に立ち、同63キロ級は仁川アジア大会女王の渡利璃穏が決勝で伊藤友莉香に敗れた。《共同通信》

【台湾】新型ステルス軍艦納入式

台湾海軍は23日、台湾製としては初となる新型ステルス高速砲艦「沱江」の納入式を北東部宜蘭県・蘇澳港で開き、内外メディアに公開。主に台湾海峡での中国との有事を想定して配備するとみられており、来年中に計8隻納入する計画。

厳明国防部長(国防相)は式典で「沱江はアジアで速度と火力が最も優れ、(台湾の)国防政策のモデルとなる艦船だ」と重要性を強調した。

沱江は全長約60メートルと小型ながら、船体はレーダーに感知されにくい材質や構造を採用。最高速度38ノット(時速約70キロ)で、超音速対艦ミサイル「雄風3型」などを配備して攻撃力も高めた。《共同通信》

【パキスタン】500人の死刑執行計画

パキスタンのカーン内相は23日までに、テロ事件に関連して死刑判決を言い渡された約500人の刑が数週間以内に執行される見通しだと述べた。地元メディアが伝えた。シャリフ政権は、北西部ペシャワルで起きた16日の学校襲撃事件を受け、テロ事件に関する死刑の執行を再開している。

学校襲撃で犯行を認めた「パキスタンのタリバン運動(TTP)」などの武装勢力に強硬姿勢を示し、テロの封じ込めを図る狙いとみられる。一方、人権団体からは批判の声が上がっている。

ただ、500人の刑が全て最終的に確定しているかどうかについては懐疑的な見方もある。《共同通信》

【ウクライナ】中立原則を放棄、NATO加盟方針を法制化

ウクライナ最高会議(議会)は23日、安全保障政策をめぐり従来の中立原則を放棄し、NATO加盟を目指す関連法の改正案を圧倒的多数の賛成で採択した。

隣国にNATOが拡大する事態を警戒するロシアの強い反発を招くのは必至で、ウクライナ東部の紛争収拾にも悪影響を及ぼす恐れがある。

ロシアのラブロフ外相は同日、ウクライナの法改正を「非生産的で対立を深めるだけだ」と強く批判した。

ウクライナは従来ロシアに配慮して、いかなる軍事同盟にも参加しない立場を「安全保障基本法」に明記していた。

改正案は与党のポロシェンコ連合などの賛成303、反対8で採択された。《共同通信》



12月23日 その日のできごと(何の日)