平成9444日目

2014/11/16

【沖縄県知事選】前那覇市長・翁長雄志氏が初当選

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となった沖縄県知事選は16日、投開票が行われ、無所属新人で前那覇市長の翁長雄志氏(64)が3選を目指した現職の仲井真弘多氏(75)=自民、次世代推薦=らを破り、初当選した。翁長氏は辺野古移設に反対する公約を「ぶれずに実行する」と明言。政府は移設作業を推進するが、工期の遅れや抗議活動の激化が懸念される。投票率は64・15%で、平成22年の前回60・88%を3・27ポイント上回った。

翁長氏は、昨年12月に政府の辺野古の埋め立て申請を仲井真氏が承認したことを批判してきた。翁長氏は16日夜、「私の当選で県民の考え方は違うと出た。それを日米両政府や国連に届ける」と移設断念を求めていく方針を示した。

平成8年の普天間返還合意以降の知事選で移設問題の争点が最も鮮明で、有権者は経済振興より移設問題を重視する意向を強めた。翁長氏はその審判の結果、辺野古移設を容認する仲井真氏を抑え、県内移設に反対する候補者として当選したとアピールする考えだ。《産経新聞》




【競馬・第39回エリザベス女王杯】3番人気のラキシスがG1初制覇

第39回エリザベス女王杯(16日・京都11R2200メートル芝18頭、G1)3番人気のラキシス(川田将雅騎乗)が2分12秒3で優勝、重賞初勝利をGIで飾るとともに1着賞金9千万円を獲得した。川田騎手、角居勝彦調教師はともにこのレース初勝利。

ラキシスは中団やや前の好位置を内らち沿いに追走。直線に入ると馬場中央から鋭く伸び、先行した1番人気でオークス馬のヌーヴォレコルトをゴール前でかわし、首差をつけて差し切った。さらに1馬身1/4差の3着には6番人気のディアデラマドレが入った。《共同通信》

【イスラム国】5人目の殺害映像を公開

フランス公共ラジオによると、過激派「イスラム国」は16日、シリアで人道支援活動を行っていた米国人ピーター・カシッグ氏の首を切り、殺害したとする映像を公開した。イスラム国が欧米人を殺害したとする映像を公開するのは5人目。イスラム国は10月に英国人ボランティアの殺害映像を公開した際、カシッグ氏の殺害を警告していた。《共同通信》

【ロシア・プーチン大統領】G20閉幕を待たずに帰国

ロシアのプーチン大統領は16日、オーストラリア東部ブリスベンで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議の閉幕を待たず、帰国の途に就いた。 「公務に備えて眠りたい」と弁解したが、ウクライナ危機をめぐり日米欧の首脳から批判を浴びたことに不満を抱き、日程を切り上げた可能性も指摘されている。《時事通信》

【安倍晋三首相】米豪首脳と会談

安倍首相は16日、豪ブリスベンで米国のオバマ大統領、豪州のアボット首相と日米豪首脳会談を行い、アジア太平洋地域の平和と安定に向け、潜水艦共同開発を含む安全保障協力を強化する方針で一致した。《読売新聞》

11月16日/のできごと