平成9389日目

2014/09/22

【この日の安倍総理】

コロンビア大学で講演

安倍晋三首相は22日夕(日本時間23日午前)、北京で11月に開かれる国際会議に合わせての習近平国家主席との首脳会談実現に重ねて意欲を示した。米ニューヨークでコロンビア大学の学生らの質問に答え「日中関係を改善したい。ちょうど(訪中が外国訪問)50カ国目になる。ぜひ習氏と会談したい」と述べた。


https://www.kantei.go.jp/

日中関係について「経済、文化、人的交流は順調だが、政治においては首脳会談が行われていない状況だ」と指摘。「世界でも国境を接する国同士はさまざまな課題、歴史的な問題を抱える。だからこそ首脳は話し合うべきだ」と訴えた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【ヤクルト・小川淳司監督】辞意

ヤクルトの小川淳司監督(57)が22日、2年連続で最下位に低迷している責任を取って今季限りで辞任する考えを球団に伝えた。後任は真中満チーフ打撃コーチ(43)が有力となっている。

小川監督はヘッドコーチだった2010年のシーズン途中に高田繁前監督の引責辞任を受けて監督代行に就任。11年から監督になると、2年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を果たした。だが昨季からは主力の相次ぐ長期離脱もあり低迷。今季もここまで56勝74敗3分けで、CS進出の望みが消えている。

代行を含めた、監督としての通算成績は310勝317敗36分け。《共同通信》

【済美高・安楽智大投手】プロ野球志望届を提出

10月23日のプロ野球ドラフト会議で1位指名が有力視される高校球界屈指の右腕、済美(愛媛)の安楽智大投手が22日、愛媛県高野連にプロ野球志望届を提出した。同日、日本高野連もホームページ上で公表した。

最速157キロを誇る安楽は、昨春の選抜大会でチームを準優勝に導いた。今年は春夏ともに甲子園大会出場を逃したが「夢のプロ野球に挑戦できるように頑張っていきたい。今は、ワクワクする気持ちと不安な気持ち」と学校を通じてコメントした。《共同通信》

【石破茂地方創生担当相】全国知事会の代表者らと会談

石破茂地方創生担当相は22日、農地転用の許可権限を地方に移譲するよう求める全国知事会の代表者らと会談し「制度を変えて農地制度がどうなるか。より具体的な案を示してほしい」と提案した。

面会した古川康佐賀県知事らは応じる考えを石破氏に伝えた。知事会など地方6団体が7月にまとめた改革案の具体化を図る。制度見直しは内閣府の地方分権改革有識者会議で議論されており、内閣府は権限移譲をするかどうかを12月に決める。

改革案は「国が転用の是非を判断するのが遅いため、企業誘致などに悪影響が出ている」とし、許可権限を市町村に移すよう求めている。《共同通信》

【江渡聡徳防衛相】辺野古住民へ補償検討

江渡聡徳防衛相は22日、那覇市で仲井真弘多沖縄県知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設に伴い名護市辺野古の周辺住民が抱える基地負担への補償策を検討していると表明した。反発が強い辺野古への移設に対する地元の理解を促すのが狙い。

普天間に配備されている米軍新型輸送機オスプレイの県外訓練を増やす方向で米側と協議していることも明らかにした。江渡氏の沖縄訪問は就任後初めて。

知事は、県内のオスプレイ24機全ての県外配備や、普天間の5年以内の運用停止、普天間や米軍嘉手納飛行場(同県嘉手納町など)の騒音軽減など計11項目を要求した。《共同通信》

【維新の党】国会議員団会長に松野氏

維新の党は22日、国会議員団の会長選挙を告示し、旧日本維新の会出身の松野頼久代表代行だけが立候補を届け出て、無投票で当選した。旧結いの党側では、同党出身の江田憲司共同代表の届け出を模索する動きもあったが、勝算が立たず見送った。

国会議員団では、旧日本維新と同様、党執行部とは別に、会長、幹事長、政調会長、総務会長ら役員を置く。役員人事は松野会長が決め、24日の両院議員総会で発表する。旧日本維新出身の小沢鋭仁幹事長代行の国会議員団幹事長就任が有力視されている。

松野氏は当選後の記者会見で「これからは心を一つに合わせて挙党態勢を組んでいきたい」と強調した。《共同通信》

【小泉進次郎内閣府政務官】兵庫県養父市の特区事業を視察

小泉進次郎内閣府政務官が22日、国家戦略特区の「農業特区」に指定された兵庫県養父市を視察し「養父市を特区のフロントランナーにしていく」と述べ、政府としての意気込みを示した。

小泉氏は、養父市の広瀬栄市長と懇談し「国家戦略特区と地方創生は一体不可分」と伝えた。市長は「過疎地、中山間地の自治体の先進的なモデルとなれるように頑張りたい」と決意を語った。

小泉氏はかつて耕作放棄地だった棚田や、古民家活用の候補地となっている養蚕農家が立ち並ぶ集落などを訪れて説明を受けた。

視察後、養父市役所で記者会見し「今後の取り組みを加速化させる必要がある」と指摘した。《共同通信》

【上海福喜食品】従業員340人を解雇

米食品大手OSIの中国法人は22日、上海市に本社と工場を置く関連会社で、期限切れ食肉加工品を出荷した問題が7月に発覚した上海福喜食品の従業員340人を解雇する、と発表した。

公安当局による捜査が続いているほか、取引先からの契約打ち切りで、工場再稼働のメドが立たなくなった。管理部門など約160人の従業員は当局の調査への対応のため残留する。

OSI中国法人によると解雇は22日付。7月下旬に地元テレビの報道で問題が明らかになって以来、生産は停止していた。

上海市の検察当局は8月29日、上海福喜の幹部ら6人を逮捕した。6人は問題発覚後、公安当局に刑事拘束されていた。上海福喜は期限が切れた肉の加工品を中国のマクドナルドやピザハットなどに供給。一部食品は日本に輸出され、日本マクドナルドとファミリーマートが販売していた。《産経新聞》

【ポーランド】コパチ氏が首相就任

ポーランドで22日、新たに首相に指名されたエバ・コパチ下院議長(57)が宣誓式に臨み、首相に正式就任した。ポーランドで女性が首相になるのは2人目。トゥスク前首相は12月に欧州連合(EU)の大統領に転出する。

コパチ氏はトゥスク氏と同じ中道保守の与党「市民プラットフォーム」出身。医師の資格を持ち、2007~11年に保健相を務めた後、ポーランドでは女性初の下院議長となった。来年秋に下院選が予定されており、政権を維持できるかどうか、政治手腕が注目される。《共同通信》

【香港】学生1万人超が授業拒否

2017年の香港行政長官選挙の制度改革で、中国が民主派を事実上排除する決定をしたことに抗議するため、香港の大学生や専門学校生らが22日、1週間にわたる授業ボイコットを始め、香港中文大で1万3千人(主催者発表)が集会を行った。

学生らは23日からは香港中心部の公園で連日集会を行い、26日には高校生らも授業ボイコットに参加する。10月1日には民主派が金融街「セントラル(中環)」を占拠する大規模抗議行動を行う見通し。

22日の集会では、一定数の市民からの支持があれば誰でも長官選に出馬できるようにする「市民指名」制度をあらためて要求した。《共同通信》

【イスラム国】自爆攻撃でイラク軍兵士40人死亡

イラクからの報道によると、イラク中西部アンバル州の当局者は22日、首都バグダッド西方約70キロの町で21日、過激派「イスラム国」の自爆攻撃などがあり、イラク軍の兵士少なくとも40人が死亡したと明らかにした。他に68人の兵士が行方不明になった。

イスラム国は町での戦闘により兵士らを拘束、支配地域である首都西方の中部ファルージャ近くに連行したもようだ。

イラクのイスラム国に対しては米国やフランスが空爆を実施。両国の後押しを受け、イラク軍は全土各地でイスラム国と衝突しているが、今回の被害はイラク政府への打撃となりそうだ。《共同通信》



9月22日 その日のできごと(何の日)