平成9329日目

2014/07/24

【楽天・星野仙一監督】約2ヶ月ぶりに現場復帰

胸椎黄色靱帯骨化症などの手術を受けて休養していたプロ野球楽天の星野仙一監督(67)が24日、仙台市の楽天koboスタジアム宮城で行われた練習で約2カ月ぶりに現場復帰した。後半戦の本拠地初戦となる25日の日本ハム戦から指揮を執る。完全復活かと問われると「(最下位の)チームが浮上してこそ完全復活だよ」と早くも勝負師の顔をのぞかせた。《共同通信》




【第36回講談社ノンフィクション賞】清武英利氏「しんがり」

【最高裁】判例尊重求める

幼児虐待死事件で傷害致死罪に問われ、一審の裁判員裁判で求刑の1・5倍となる懲役15年を言い渡された両親の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は24日、「他の裁判例との公平性を損なう甚だしく不当な量刑だ」として一審判決とこれを支持した二審判決をいずれも破棄し、父親に懲役10年、母親に懲役8年を言い渡した。

最高裁は「裁判員裁判で過去の判例に従う必要はないが、公平性を保つためにこれまでの量刑傾向を踏まえるべきだ」との初判断を示した。《共同通信》

7月24日/のできごと