平成9328日目

2014/07/23

【トランスアジア航空222便着陸失敗事故】

台湾南部の高雄市から離島の澎湖島に向かった復興航空の旅客機が23日午後7時(日本時間同8時)ごろ、同島の空港から数キロ離れた民家付近に墜落、炎上し、台湾当局は、乗客乗員58人のうち47人が死亡したと明らかにした。残る11人は病院で治療を受けている。墜落現場付近の住民5人も負傷して病院に運ばれたが、命に別条はないもよう。

Embed from Getty Images

現場周辺は当時、台風10号の影響で雨が降り、視界が悪かったといい、当局が詳しい状況を調べている。日本の対台湾窓口機関、交流協会高雄事務所によると、事故機に日本人は搭乗していなかった。《共同通信》



【冷凍ししゃも異物混入問題】発覚

23日、山口県は同県長門市の輸入業者が販売店向けに出荷したベトナム産の冷凍シシャモの容器に、汚物や殺鼠剤と疑われる異物が混入しており、自主回収を始めたと発表した。健康被害の報告はないという。

厚生労働省は、全国の検疫所に対して製造業者の商品を貨物保留するよう指示し、伊村産業には同様の異物混入がないか全箱の確認をするよう求めた。ベトナム政府に対しては、事実関係の確認と原因究明を要請した。県によると、段ボールの中にシシャモ5キロがビニール詰めされており、異物は段ボールとビニール袋の隙間に入っていた。商品とは直接触れていなかった。《共同通信》



7月23日のできごと