2014 平成26年1月19日(日)

平成9143日目

2014/01/19

【沖縄・名護市長選挙】稲嶺進氏が再選

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設が争点の名護市長選は19日、投開票が行われ、現職の稲嶺進氏(68)=共産、生活、社民、沖縄社大推薦=が無所属で元県議の新人、末松文信氏(65)=自民推薦=を破り、再選を果たした。

辺野古の埋め立てを承認した仲井真弘多知事を批判し、移設反対を掲げた稲嶺氏の勝利により、移設への影響は避けられない情勢だ。投票率は76・71%で、前回を0・25ポイント下回った。《産経新聞》

広告




【ジャンプ・高梨沙羅選手】W杯今季8勝目

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会は19日、山形市蔵王(HS100メートル、K点90メートル)で個人第9戦が行われ、17歳の高梨沙羅(クラレ)が98メートルの127・5点で優勝し、今季8勝目を挙げた。通算勝利数を17に伸ばし、男子の葛西紀明(土屋ホーム)を抜いてジャンプの日本勢単独最多とした。

強風のため2回目途中で打ち切られ、1回目の成績で順位が決まった。18日の第8戦で初の表彰台となる2位に入った19歳の伊藤有希(土屋ホーム)は84メートルで7位だった。《共同通信》

【安倍晋三首相】デフレ脱却へ決意

自民党は19日、第81回党大会を都内のホテルで開いた。安倍晋三首相(党総裁)は演説で「企業の収益改善を賃金の上昇に結びつけていく。景気の好循環をつくらなければいけない」とデフレ脱却への決意を示した。公明との連立に関し「大きな結果を残すべく協力する」と強調した。憲法改正の実現を目指して全国で対話集会を開催するとした2014年運動方針を採択した。

党大会は衆参両院の「ねじれ」解消後初めてで、政権復帰後2回目。首相は2月の東京、長崎、山口の各知事選への結束も呼び掛けた。《共同通信》

1月19日/のできごと